アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年06月19日 (金) | 編集 |

やな先生の画集2の続きです。
その1はこちら

 

黒執事(2)

黒執事(2)
著者:枢やな
価格:2,880円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

では、感想の後半です。
まずは劉と藍猫の描き下ろし。

これがまぁやかなんですわ♪
19世紀末のフランスで活躍したイラストレター、ジョルジュ・バルビエ氏の描く
オリエンタルで淫靡は雰囲気を意識しましたvってことですが、もっとらでも
らでもOKです  d(≧∀≦*)ok!

なんて私なんかは個人的に思うのですが、18禁画集じゃありませんからね(^^;
全年齢の方に大丈夫でないとまずいですから。
18禁を2周してもまだ余りある・・・・ゴホゴホ・・・な私を基準にしてしまったら
大変なことにwww

いつも劉はいい感じのところにタッチしてます。
今回も藍猫ちゃんの太股に大注目です。

私としてはおっぱいも素晴らしいですが、藍猫ちゃんの腰から臀部にかけての
ライン
が非常にお気に入りです(〃∇〃v)

そして、次の描き下ろしがまたねぇ・・・
素晴らしいぎあいなのですわ!!

セバさんと葬儀屋さんで坊っちゃんを奪い合ってるようでもあり、り合ってる
ようでもあり・・・

豪華客船編の内面的なイメージということですから、セバさんは「貴方には
獲物は渡しませんよ、これは私のディナーですから」ってとこなんでしょうが
なんかもう、セバさんのダークというより今すぐ坊っちゃんを喰いたくて堪らない
って飢えを必死に我慢してるような表情とか、葬儀屋さんの欲情しまくって
おかしくなってしまったのではないかと思わせる狂気をはらんだ目が最高です!

特に葬儀屋さんの肩のラインと力を入れて坊っちゃんの手を握ってるところに
注目です。

いつもあっさりしてそうですが、実は葬儀屋さん、かなり坊っちゃんに執着してる
んだなっと感じさせてくれます。

そして懐かしいアニメ黒執事DVD限定版のジャケット。
1巻は正当黒執事って感じでしょうか。
坊っちゃんのお衣装が素敵。

2巻はこれは萌え萌えですよね!
こまろり~♪
初見で大興奮したのを思い出しますwwww

3巻はリコリスの赤い二人。
深紅がよく似合うお二人ですv
お互いの手に持ってるアイテムが物騒ですけどねw

4巻は葬儀屋さんアイテムにかれます。
あるじゃないですか、クラウディアさん!!

5巻はアニオリキャラのドロセル登場。
いいキャラでしたよね♪
坊っちゃんがマリオネットになってるところが何とも・・・
陶器のようなおも美しいです。

6巻はアグニとソーマの明るいカプv
カレー&ナンが美味しそうですが、細部の描き込みが細かい!

7巻は劉と藍猫ちゃん。
清い関係って・・・いやいや先生・・・それはどうでしょうww

8巻はアニオリキャラのアンジェラとアッシュ。
キャラは面白かったんですけどね・・・

ラスト9巻。
え~~~この坊っちゃんはもうお亡くなりになってたんですか???
気を失ってるだけだと思ってました。
セバさん喰っちまったのか?
満足気な顔してるのは事後だったからか・・・

次はDVD「黒執事」アニメイト限定版特典黒執事モードコレクション
クロコレ01~09
アニメイトは遠いので普段はネット購入の私としましては非常に嬉しい限り。

お気に入りは03のスーツのセバさんとグレルの靴下。
06のどう見てもリーマンにしかみえないアグニ。
08のセバさんの表情と二人の指先ww

なかなかどれも意表を突かれたイラストではないかと。

華麗なるドラマCDのアニメイト購入特典のイラストは初見でした!
藍猫のおっぱいが肩に乗っかって赤面してる坊っちゃんがかわいい・・・
3人の衣装のグラデが綺麗です!

そして「モノクロのキス」のジャケットイラスト。
懐かしいですね!
当時、すごく世界観出てるし、ユリの花やレースが美しいし、いろいろ
なんかスゲぇ!!!!!って感動したのを思い出しました。

CD「黒執事サウンドコンプリート BLACK BOX」のセバさんふっくらしてる。
ファンブック「TVアニメーション黒執事BLACK Record」のアンジェラさんも
懐かしいwww
そうそうこの美尻!!!

DVD「黒執事2」限定版ジャケットはどれも自由な感じで楽しませてもらいました。
私は4巻のアロイスと坊っちゃんのツーショットのイラストが好きです。
先生も頑張ったと書かれてますが、アロイスのレースは本当に繊細で美麗!

黒執事2のガイドブックイラストの中ではトンチンカンが印象的でした。
2期は始まりから謎というかどういう展開になるのかわからなくて期待と不安で
キィイイイイイイ!!ってなってた気がしますwww

今思うと懐かしいですけどね。
箱庭小説もわかったようなわからなかったようなwww

ラストはいろんなコラボイラスト。
私は荒川アンダーザブリッジのエンカが好きですわv
やな先生のシスターを拝見した時、歓喜で思わず叫んだことが懐かしいw

妖狐×僕SSのアンソロジー寄稿イラストもいいですよね!
私の一番好きなカプです♪
よくぞ、このカプを選んでくださいました!!っと。
やっぱりおっぱいですよね。

最後の描き下ろしは・・・
衝撃の白無垢の花嫁。

これにはビビりました。
何がって うちの娘によく似ていたからですww
もちろん、こんなに別嬪さんではありませんが・・・

髪型は全く同じだし、口が小さくて目がデカイところとか・・・
あと雰囲気・・・(^^;

正直、こえぇよ・・・・っと思いましたです。。

そして末巻のポスターがまた賑やかで~♪
ってなるのですが、えっと・・・・既に魂をいただいた後の坊っちゃんに読み聞かせ
してるとこですよね・・・

ああ・・・やっぱりやな先生の画集は手元に置いておきたい1冊だわとしみじみ。

何度も見返してましたのですっかり感想も遅くなりました。
どんどん美麗になっていくイラストにただただもう拝礼w 

画集3も今から非常に楽しみです!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック