アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年06月22日 (月) | 編集 |

残り少ないOP。
改めて見てもみんな美人さん。

最後まで見ると「黒子のバスケ」ってタイトルがぐっとくるよね。
原作読んだとき、ホントそう思った。
藤巻センセが描きたかったのは、正当バスケの部活スポーツものの話じゃ
なくて「黒子」のバスケなんだよね。

キセキの世代のみを矯正していくバスケ。
バスケはみんなでやるものだし、チーム一丸となって戦うことは楽しいって
気づかせてくれる話。

さぁ 赤司さまがお目覚め。

ヨレヨレだった赤司さまが復活しただけでなく、見苦しい姿を見せてすまない
と頭をさげ・・・!?

謝罪!?(((((( ;゚Д゚)))))

これには一堂、仰天!!!

「もう一度力を貸して欲しい。誠凛に勝つために」

うわぁ~~~たまらんなぁ(/∀\*)
こんな赤司さまを見せられちゃ、あたしゃ応援するわ!

火神を抜いて、黒子と対峙。
「久しぶりだね、黒子」

今度は黒子がビックリ!!

赤司からの絶妙なパスがレオ姉に。

「美しいシュートだ」
褒められただけでなく、試合中、あんなに気持ちのいいシュートが打てた
のは初めてだとき、テンション上がってレオ姉上機嫌♪

本来の赤司さまはみんなのことをよく見てて、一番動き易いように配慮
できるんですよね。

レオ姉へのパスでキセキの世代が気づきました。
「俺達が受けてきたパス」

ということは・・・「昔の赤司に戻ってる」
うわぁ~~~ 鳥肌キタわO(≧∇≦)O

「本来の赤司くんが目を覚ましました」と警戒を呼び掛ける黒子。

葉山にも黛にも根武谷にも一番動きやすいパスを出す赤司。

赤司の動きをみて思ったより普通だと感じるのは一般人。
火神もかよwww

でも、わかる人には化け物にしか思えない。

ノ―モーションからの高速パス、手元を全く見ないドリブルスキル、完璧に
把握されたコートビジョン。

「一見 赤司がアシストして決めてるようだが、それだけじゃない。
赤司のパスを受けた選手の動きがどんどん良くなってる」

「完璧なパスは完璧なリズムを作る。
赤司はエンペラー・アイで敵味方全てを把握し、およそ狙って出すのは
不可能なパスを自在に操り、味方の潜在能力を限界まで引き出している

これが赤司のゾーンかと思う火神ですが、赤司はもう自分自身が大きく変わる
事はないと言います。

が、ゾーンが他の4人にもうつった?
本物のゾーンじゃないようですが、それっぽい状態に。

しゅごいよ、赤司さま(p≧∀≦q)〃

「もうそこはお前の場所じゃないよ、火神」

ついに火神がスタミナ切れ(><)
ガス欠でゾーンも切れて・・・

誠凛はTOも使えず、木吉の膝もヤバい・・・

調子を上げていく洛山と反対に全員限界が近い誠凛大ピンチ!

万事休す・・・・

っとみられたその時 「頑張れ黒子!!諦めるな!!」
それはかつての友・荻原くんの声援。

またバスケを始めたとボールを見せアピール。

黒子がわれたましたね。
荻原くんと戦った全中の試合は黒子にとって悪夢。

彼がバスケを辞めたのは自分のせいだとすら責任を感じていて。。
でも、もうこれで罪の意識から解放されましたね。

あとは思う存分、自分のバスケをするだけ。

青峰、黄瀬、緑間らキセキの世代も誠凛を応援。
むっくんは恥ずかしくてできなかったようですが・・・

会場中に響き渡る誠凛コール。
洛山もヒールってわけじゃないのにね。

ところが赤司さまは「そうこなくては面白くない」
かっこええーーー!!(/∀\*)

全ての声援が誠凛のような状態の中、だからこそ叩き潰し外があると
でも言ってるようで。
もうメンタル弱くないよv

「応援ってのは元気出るな」

っと火神が扉の前にいる番人が誰であるのかに気づきます。
みんなが集まり何かを伝える火神。
すると、誠凛の動きに連携が!!!

なんか凄いバスケって感じだわ。

火神の動きに合わせる誠凛を見て、青峰も気づいた様子。
扉の前にいたのは番人ではなく黒子。
扉の向こうには誠凛のメンバーが!

本当のゾーンとはみんなで戦うことだと火神。

青峰の目から涙が・・・
「開かねぇわけだ。なんせ俺は捨てちまったんだからよ...」

一人でバスケをやってる者には決して開かない扉。
入れなかった第2のゾーン。

チームメイトと一瞬のアイコンタクトのみで動きをシンクロさせ、火神の
ゾーンスピードに合わせた超速連携ってことですが、ゾーンぽいことなら
洛山もやってましたよね。

それとはうってことか。

個人の能力を最大限に発揮するゾーンではなく、ゾーンの速さのチーム
プレイってことですね。
いやもう、作画が凄いことになってますよね。

直結連動型  ダイレクトドライブゾーン!!

直観を信じて火神に合わせる。
扉の先のゾーンを越えたゾーンを見せる誠凛。

「俺一人じゃ勝てないかもしれない」
青峰がチームの大切さに気づきました。

成長したよね・・・・しいよ。。
他のキセキの世代もよりチームを意識したことでしょうね。

試合は赤司のエンペラーアイで洛山をサポートするも誠凛が押していて・・・
が、再び、赤司の前で膝崩れの火神。

「勝つのは俺だ。洛山を討つなど100年早い!」

しいシュートでございました。 (*/-\*)


EDは浴衣姿の洛山。
京都だもんな。
貴船辺りか?

次回、いよいよ最終回!
なりふり構わない赤司さまに注目!!

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
第74Q お前だったんじゃねーか 見苦しい姿を見せたとチームメイトに頭を下げる赤司。誠凛に勝つために力を貸して欲しい。久し振りだね、黒子。赤司から繰り出されるパスは完璧なパス。各自が欲しい時に欲しい場所にパスが届く。 昔の赤司に戻ったと感じる旧帝光中メンバー。前より手強いのは間違いありません。不可能と思えるパスで味方の能力を十二分に引き出していた。ゾーンに入った赤司、以前と異なり、他のメンバ...
2015/06/24(水) 11:07:02 | ぬる~くまったりと