アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年06月26日 (金) | 編集 |

俺は剛田猛男、ゴールは俺が守る!!

って猛男の尺おかしいよwwww
ゴールが見えないってwww
キーパーのスローイングからダイレクトシュートってwwwww

ワールドカップに出れるってwwww
さらっとボールの軌道を避ける砂にれます(///∇///)

これまでも思ってたけど神田沙也加ちゃんの声って聴きやすいよねv

サッカーの後はスケート。
初めてだという猛男だけど、すぐに滑ってるし、トリプルアクセルとかww
イナバウワーやビールマンスピンまで披露してるけど、恐ろしいまでの柔軟性w
それより、よく猛男の足に合う靴があったなと(^^;

寒いところが苦手だという砂。
私も苦手だよv
猛男の近くにいればいいと思うよ♪

大和たちは制服のままで滑ってたんだね。
それはまたwww

猛男はスポーツならなんでもできそうなのにバスケではフェイントというフェイントに
全部引っ掛かるのだとか。
でも、猛男はゴール下でパスさえ貰えば最強だと思うのだけど。
猛男のドリブルはちょっと怖そうww

ただ、確かにダンスは無理っぽいwww

大和は猛男の話を聞いて同じ学校だったらよかったなっと思います。
いろんな猛男が見られるから・・・
大学は同じところへ行きたいと志望校を変更しようかと考え・・・

大和が賢いことを知った猛男は大和には行きたい大学を変える必要はないと
きっぱり。
自分が勉強して大和と同じ大学を目指す!!
これから毎日勉強することを決意する猛男。

おお~~~猛男スゲぇ!!!
って話なのですがwww

紫藤はね・・・ちょっとね・・・

猛男は勉強開始しようとするも・・・一人では無理ww
砂に助けを求めます。

砂ぁああああああ
「頼みがある!!お前しかいねぇ!」

ビクッとする砂ww
この頼み方でトンデモナイことさせられた前例があるからねwwww
私としては非常にそっち方向へも進んで欲しいのだけどwww

恐る恐る何か尋ねる砂。。

「俺を紫藤大に受からせてくれ」

まともなお願にホッとするも「お前に紫藤大は無理だから」

無情な砂の返答。
大ショックの猛男wwwww
俺の頭では無理かぁああっと。

そうじゃないんだけどねwwwwww

砂は猛男が「同じ大学に行きたいという大和に志望校を下げさせるのでは
なく、自分が頑張って大和の志望校に行こうとしてる」のだと知って協力する
ことに。

まずは英語。
文系でも理系でも必要だからね。

で、英単語の確認をしてみると・・・
おいおいそれは中学レベルだが・・・
高1だからまだいいのか。

意味は合ってるけど表現の面白さに砂は腹を抱えww

大和は文系私大だということで取りあえず猛男も頑張ることに。
同じ大学なら学部とか違っても問題ないだろうけど・・・

猛男が文系で何をするんだ???って感じだし。
猛男は公務員試験とか受けてレスキューとか、防衛大(無理だろうけど)とか
警察官試験とかそういう方向が良さ気なんだけど。

砂はぜひ国公立理系でv
お父さんのこともあるし、負担軽減。

猛男も本当は大和と同じ大学とかじゃなくて自分に合うところを探すべきだけど
今は一年だし、まずは勉強だねv

でもある程度私大で絞ってるならマーク模試じゃなくて記述模試だと思うんだけど
まだ高1だしいいかw

猛男はどうもいろいろ基礎からやり直さなくちゃダメなようでwww
砂が猛男の家へ。
集中が切れたら「大和」という役のようですが、猛男全然あかんやんww

大和が差し入れ持ってきてくれてますが、結局、送ってもらったりでこれもどう
かとw
無駄に時間が過ぎていくw
本気で勉強する気があるなら授業の予習と復習にプラスして出来てないことを
やり直さないとね。

猛男大変だぞぉwww

猛男のおかんは大和が彼女だと聞いてびっくりww
紅茶を買いに行くほどのもてなし。
猛男のパパりんだけナイフとフォークで食事ってどうよwww

土日に大和が勉強に来るかもしれないってことで、おかんは猛男の部屋の
掃除を始めたり、家の中をいろいろと手入れwww

ウキウキしてる感じがいいよね♪
猛男の部屋に花飾るとかはよくわからないけどwwww

さて勉強を始めようってことに。
まぁこの二人じゃなかなか進まないだろうなと思ったらもっと邪魔がwww
猛男のおかんとパパりんが大和のことが気になって気になってw

さすがの猛男も切れたようで、砂の家へ退避。
いや~~砂の猛男さばきがえてますねw
上手いわwww

砂ぁあああ 好きだ!!

が、猛男スタミナ切れw
勉強脳になってないので、頑張ったけどついにタイムアップw
砂は猛男がこんなに勉強するのを初めてみたかもと。

じゃぁ休憩ってことで砂はお茶を入れにいきますが・・・
大和 その隙に猛男にスリスリwwww
意外に大和は積極的なんだよなw

砂にみられて大騒ぎしますが、砂は冷静そのものw
「そのまま続けて」ってなんて大人なのo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

猛男と大和が上手くいくことが砂にとっても嬉しいんだろうね。
砂は大きなで包んでますwwww

猛男はそんな砂に一緒の大学に行けたらいいといいますが・・・
猛男それは無謀だわwww∵ゞ(≧ε≦; )  

紫藤に受かるくらいあり得ないわwww
勉強は人生を間違えないようにするための知恵だから猛男には必要ないかも
と砂。。

ああ・・・猛男のことは何でもわかってるんだなぁ。。

猛男はこれからもみんなと笑えるためだったらこれくらいの苦手は克服したい
と思います。

うん、猛男、勉強はしないよりした方がいいよ。
無理はしなくてもいいけど、出来るだけの努力はした方がいいv

さぁ いよいよ模試当日。
ついつい、どこの予備校の模試だよっとか思ってしまうわ。
昔の職業柄w

世界史はもらった!!!
威勢の良かった猛男ですが、なんと解答欄がずれていた(><)

それは最後にチェックするところじゃないよ。
もっと小問ごとに確認していかなくちゃ。

最悪、問題にマークがしてあれば一気にそれだけを見て訂正していくことも
可能だから。

猛男は大ショックを受けますが、本番じゃなくてよかったと砂。
そうなのよぉ~~~
模試ってのは練習でもあるわけだから。

ああ・・・砂がしい   (*/-\*)

そして、模試の結果が送られてました・・・
紫藤は判定不可能。

猛男としてはこれまた大ショック。
不可能
ってことはどれだけ頑張っても入れてもらえないってことですもんね。

でも、その「不可能」は別の意味の不可能なんだなwww

大和に電話すると、大和も紫藤はかなり難しかったようで。
志望校は変更して頑張ったら二人で入れるあたりを考えてみようといいます。

大和は猛男なら紫藤に入れそうな気がしたようですが、紫藤は女子大だから
絶対に一緒には行けないからと。。

思わず砂を見上げる猛男wwwww

もう、ホントこれ原作読んだとき腹抱えて笑いましたよwwww
砂もわかっててってたんですよねw

あ~~~面白かったwww


俺物語!!(9)

俺物語!!(9)
著者:河原和音
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
第12話 俺の偏差値 学校の球技大会で猛男はゴールキーパー。得点できる気がしないと相手が戦意喪失。猛男の1年6組は3年生にも勝って優勝する。 大和のことを思っているとスケートに誘われる。友人を誘って向かう、砂は寒いのは苦手。初めてのスケートでも滑れてしまう猛男。大和を教えてあげる。待ち合わせに遅れたのは漢字テストで間違った。普段は得意で勉強の出来る大和。今回は解答欄を誤って記入してずれてしま...
2015/06/28(日) 19:44:59 | ぬる~くまったりと