FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2010年08月29日 (日) | 編集 |

すっかり 忘れておりました。っていうか ユラの件 さくっと終わらないかな。。

まとめてざっくりいきます。

7月号から            それまでの感想はこちらから。

リーオがユラと知り合いであったことについて エリオットは問い詰めますが
全くリーオに相手にしてもらえず、二人は喧嘩別れ。

エリオットの元へは ギルが。
リーオの元へはオズが走ります。

ユラの監視には ブレイクが残ります。

リーオとエリオットとの出会い。
リーオは サブリエ内のフィアナの施設にいたところを エリオットの従者に選ばれたのでした。
ナイトレイと聞いても 全く態度を変えず、そればかりか正面から向かってくるところが
エリオットには気に入ったようで。
でも 父親からは平民の従者への許可がでませんでした。

ところが サブリエ内で 迷子をエリオットとリーオが見付けるという出来事があってから
突然、 父親から許可が出ます。

どうやらそこで 何か があったようです。。
エリオットは気を失っていたようですが。。リーオは視てしまったんですね。

リーオはオズに 「エリオットのことを とても尊敬している」と言います。
だから エリオットの敵であるならば、例え相手がオズでも自分であっても殺せると・・・!

そして オズに謎の言葉を掛けます。
「もしも 僕が元凶というのなら 許さないで エリオットを助けて
僕を その手で殺して・・・」

そこへまた 首無しの死体が見つかったという知らせが・・・!!

 

8月号

ギルの扉絵が とっても素敵でした!!
望月先生の色彩って 特徴ありますよね。
ブルーのグラデーションとその色合い・・・ 蝶がしくて
本編でも ギルがこれくらい活躍してくれたら どんなにいいかと 思ってみたりwwww

では・・・

首無し死体は 封印の石の在り処を探していたパンドラの者。
オズは レイムの身を案じます。

レイムは気絶しているようで 体中に痛みがあるようですが、こうして寝てる場合じゃーー
って 思うのに なぜか毛布が気持ちよくて あったかいし さわり心地もいいし・・・

夢の中で

あははは って ふかふか毛布の上で 笑みを浮かべてるレイムさんが可愛い♪

でも、目を覚ますと、同僚の首を噛み砕いた黒い大型犬にもたれかかっていた!
しかも 自分も今 まさに首を噛み千切られそうに!!

ってところで バスカヴィルの民らしき少女が止めます。どうやら彼女のチェインのようです。
「おまえは 契約者だろ?どうして力を使わない?」

レイムさんのチェインを遊び相手にするために 
レイムさんを殺さずにいたということだったようです。

「私のチェインには 君が期待するような力は何もない・・・!」
時間稼ぎをしようとしますが 殺されると感じ 即座に
「私の“三月ウサギ~マーチヘアー”は 何の役にも立たぬ『能無し』だ・・・!」

“能無し”の言葉に嬉しそうにする少女。

「じゃぁ 私とおそろいだな」
少女は 子供のころから 身体が小さく役立たず、能無しと家族から疎まれていた
顔にの模様を彫られ家を追い出された後、一人で森にいるところで
金色の光が視え、自分の体の中に入って バスカヴィルになったのだ と語ります。

レイムは驚きます。
バスカヴィルは 最初から一族ではなく アヴィスによって選定された使者?

少女の名前はリリィ。

ひとしきり 自分の過去や バスカヴィルの話をした後で、レイムの友達になりたいと言います。
「もし 君の主が復活したら また100年前の悲劇を起こすのか?」との問いかけに
「グレン様がやれといえばやるぞ」

顔を曇らせ そうか・・・と答えるレイムさん。

レイムのチェインがみてみたいというリリィに そっと三月ウサギを出します。。
ブレイクが 「戦闘能力がなく 君にぴったりだ」と言った 可愛らしいチェインの姿が・・・

同時に レイムの銃が リリィの頭をち抜きます。

「たとえ無邪気な子供であっても 彼女は私の仲間を殺し
生かしておけば この先も 多くの命を摘み取るであろう敵だ」

辛そうなレイムさん。。

が、瞬間 体中をり刻まれます。
「あー・・・痛い・・・ 本当に痛いよ」 ゆっくりと起き上がるリリィ。

「言っただろ?私たちは特別な存在なんだって ほら早く起きなよ レイム」

顔面を血に染めたリリィが 倒れて動けなくなったレイムさんに近づいて来ます・・・!

 

9月号 

首を噛み砕かれ死んでいるパンドラの者らしき死体の前で 別の勢力が入り込んだことに
気づくユラ。

そこへ現れたのは ロッティ。
さっさと封印の石の在り処へ連れて行けというロッティに 
アヴィスの使者にまで会えるなんて これ以上の演出はないと喜ぶユラ。

「封印の石は敷地内にあるが 儀式に必要なものなので 渡すことはできない。
それでも知りたいのなら、ます私を倒してから・・・!」

一瞬で やられてしまうユラ。

そこへ現れたのはブレイク。「サブリエでお会いして以来ですね」
ロッティは サブリエでブレイクが言った「お友達になる気はありませんか?」
の言葉の意味を説明しろと言います。

「私の望みとあなた方の目的じようなので ならば お互い手を組もうと
提案してみました」

しかし、その前に聞きたいことがあると・・・、ここにいたはずのもう一人、
その人間をどうしたかによっては・・・
「その躯を切り刻んで 力で屈服させて 差し上げましょう」
ステッキから 剣を引き抜くブレイク。。

はぅ~~ ブレイクのこういうとこ好きです??

一方、オズとリーオの方は 本当に首がすっぱりやられている方の死体を前にしてます。
オズは リーオに メイドとともにホールへ戻り、エリオットの元へいくよう指示します。

そんなオズの前に現れたのは紅いローブを着たフィリップ。
これから フィアナの家の子で「ばすかびる」の役をやるのだと言います。
オズを心配したシャロンがオズの元にアリスを飛ばします。
アリスが尋ねます。

「お前らがやるのは なんという名の劇なのだ?」

 『サブリエの悲劇』だよ」

ブレイクとロッティの元にも 紅いローブを身に纏った者が数名、剣を携え現れます。
が、瞬殺されたようで。。
「なんですか こいつらは・・・ 貴女のお仲間ですか?」
「違うわよ。 ・・・バカにして・・・何のために私たちを同じ紅いローブを・・・」
ロッティは救出に来た仲間と共に退きますが

なんかブレイクのことが気になっているようですね。。

戦闘訓練を受けていない様な素人が なぜバスカヴィルの真似ごとをするのか・・・
レイムとシャロンの身を案じるブレイク。。


さぁ 儀式を始めましょう・・・
ロッティにやられ ぶっ倒れていたかにみえたユラですが・・・。

ホールでは 子供を含め紅いローブを身に纏う者たちが現れたかと思うと
突然使用人のが飛びます。
出口が炎で塞がれ、屋敷内はパニックに!!

エリオットの姉 ヴァネッサは首狩りが現れたと思い、エリオットを探します。
もう自分にはエリオットしかいないとその身を案ずる姉に エリオットは大丈夫だと
安心させます。

が、建物が燃え、人が死んでるさまを 目にし 突然、気を失ってしまいます。
駆けよるヴァネッサ。
そこに現れたのは 涙を流しているエリオット。
エリオット・・・名前を呼んで・・・

エリオットが意識を取り戻した時、目の間に姉の姿が。。
「もう、大丈夫だと」声を掛けますが・・・ヴァネッサの首は身体から転げ落ち・・・

放心しているエリオットの元に駆け寄るギル。
そして、エリオットの背後から現れ 手首を掴んだのは ブレイク!?

「・・・そのまま 抵抗はしない方が身のためですよ エリオット=ナイトレイ 
・・・いや  首狩り・・・! 」

え~~エリオットが首狩りですか??
意識を失っている間に 起こしたこと?

リーオじゃないのかな??

なかなか 謎の回収がなされません(><)
ストーリーが分からなくなってしまう前に そろそろお願いします!!




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
こんにちは
私も最初「そっち!?」と驚きましたが。。。

リーオはエリオットのチェインなのではないかと。

違法契約で。

個人的な意見として・・サブリエでエリオットに命の危険があって、どうにかするためにリーオがエリオットに契約を迫ったのではないかと思っています。

エリオットは自覚ナシ(または記憶喪失)という。

そうすれば、怪しいのはリーオでも、首狩りはエリオットという構図は成り立ちますよね。

でもまぁ、今まで首を狩ってきたのはリーオだと思うんですけどね。
2010/09/14(火) 01:20:52 | URL | 満月 #79D/WHSg[ 編集]
Re:こんにちは(08/29)
満月さん



>リーオはエリオットのチェインなのではないかと。

>違法契約で。



なるほど・・・チェインとは考えてもみませんでしたが、十分あり得ますよね。

アリスもそうですし。。

謎が増えていく一方でなかなか回収されないので 私の頭はパニックですwwwww

時々 最初からまた読み返して復習しないといけないようです。

早く続きが知りたいです!!
2010/09/14(火) 01:56:36 | URL | らいち♪♪ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック