アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年07月26日 (日) | 編集 |

今回も丸顔作画じゃないですね。
申し訳ないけど、こちらの方が好みですv

戦象部隊擁するガーデーヴィ15万に対してアルスラーンとラジェンドラの連合軍
は6万と差は歴然。

アンドラゴラス王でさえ、象さんとは正面から戦わなかったんですね。

戦況は圧倒的に不利。
この状況でナルサスがどう軍を動かすのかが楽しみです♪

やっぱりジャスワントは戻ってもガーデーヴィに冷遇されてます。
宰相マーヘンドラはパルスの軍師が優れていたことを理解してますし、ジャスワント
に非がないことをわかってるようです。

宰相はガーデーヴィが他人に厳し過ぎるからこれでは臣下の心が離れてしまうと危惧し
てるようですが、確かに仕える主が悪かったようで。

ジャスワントは殿下とその臣下たちがお互いをよく思い合っていたことを思い出し
てます。
早く殿下の元へ~~

ガーデーヴィは軍を二分。
最初は川に阻まれ思うように兵を進められなかったようですが象部隊を出したら
一気に形勢逆転。

その頃、パルス軍はガーデーヴィ軍に囲まれラジェンドラは援軍を期待できない
状況に。

ナルサスに限ってそんなわけはないわ・・・
っと思ったら、やっぱりパルスの騎馬隊キマシタ!(゚∀゚)

どうやって包囲を抜けたのかと思ったら兵が到着する前に出てたようで。
ハリボテを用意し、ガーデーヴィが二分させた軍を足止めするとはさすが。
ただ抜けるだけじゃなくて戦力をいでますv

まず、ダリューンが兵を引き連れ突撃!!
象の前に突進していったと思ったら何やら誘導。

ジャスワントは罠だと見抜きますが、ガーデーヴィは耳を貸さず自らも出陣。
シンドゥラの王子は二人ともあまり賢くないようですww

象は小回りが利かない上に薬物で興奮させられているものだから簡単に動きを
止められず。
パルス軍は忍ばせてた毒槍を射出する武器で一気に攻撃。

象は弓では倒せないからってことですが、よくこんな武器が手に入ったというか
どこから調達したんでしょうね。

象部隊は殲滅。
結構、エグイです。。

ガーデーヴィの象は止まったものの眼の前にはダリューン!
これはやられるわ。

っと思ったらジャスワントがガーデーヴィを救出しました。
殿下は攻撃をさせず、またも見逃してあげたようです。
よほどジャスワントが気になる様子。

が、ジャスワントはガーデーヴィを助けたのにまたも冷遇。
ホンマあかん王子やわ(--;

二人の王子の戦いはシンドゥラ国王が意識を戻したってことで神前決闘
持ち込まれることになりました。
シンドゥラ国の独特の神に裁きを委ねる裁決法らしく。。

犠牲者はただ一人という利点があるとはいえ、代理人を立てることができるって
そんなのあり?

しかも、ラジェンドラはダリューンに代理人をお願いしたいようで・・・
他国の者に戦わせるなんて、そんなことでいいの???

ええええ~~~~~~~!?

ダリューンは戦うの!?
殿下以外の者のために命を懸けるなんてあかんわ!!!
殿下のお願をダリューンは断れないだろうから、ここは殿下が断るべきだったよね。

ま、ダリューンが勝利するだろうからダリューンの身を案じる殿下を楽しみにします
けど(///∇///)



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日は殿下+ラジェンドラ連合軍vsガーデーヴィ軍の回なんですが。いくら無慈悲な王子と周りに言われても お声が近藤さんなのでガーデーヴィが嫌な王子に見えてこない(^^;)何か後で改...
2015/07/27(月) 23:25:57 | みやさとの感想文と(時々)感想絵