アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年07月31日 (金) | 編集 |

アニメ絶好調の「俺物語!!」9巻感想です♪

まさかの猛男の弱気・・・!
そっか、猛男は優しいがゆえに相手の幸せを考えて自分が引いちゃうことが
あるのね・・・。

大和を「凛子」呼びするイケメンパティシエの存在にダメージの猛男。。

前巻の感想はこちら

 

俺物語!!(9)

俺物語!!(9)
著者:アルコ
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

なんで表紙の猛男は猛々しいんだ???っと思ってたら読んで納得w
う猛男の話だったんですね。

大和のことを下の名前で呼ぶパティシエのことが気になる猛男。
「イケメンだったな・・・」
なんて呟いてますが・・・

ってこれまで砂みたいなイケメンがすぐ隣にいるのにずっと猛男にまっしぐら
だったんだから大和の好みは猛男なんだよwww
いわゆるイケメンじゃないんだよwww
気づけ猛男wwww

砂は猛男に「お前も呼べばいいじゃん」とアドバイス。
「お前が名前で呼んだらうれしいんじゃないの、大和さん」

猛男は照れながら・・・

「誠」
そこ!?

砂の下の名前呼んでどうするんだよwwww
私的には激萌えだけど、ここでも砂で練習するのねwww

もうどんだけ砂が好きなんだよww

直向きにバイトに精を出す大和に大いなる勘違いの眼を向けていく一之瀬。
だんだん大和を見る表情が優しくなっていくのはいいことなんですけどね。

バイトの子らは一之瀬が笑うのを見て驚愕ww

「食べてくれる人の顔を思い浮かべながらアイディアを考えるようになった」
一之瀬に店長も大喜び!

が、猛男は大和がバイトを楽しいのを聞くと何やら暗い表情に・・・
自分が男として自信がないせいで大和が幸せそうにしてるのを一緒に喜べない
ことを情けないと思う猛男。

ああ・・・ホント猛男いい奴だよ。

砂は大和の周りに男が現れうろたる猛男をみて「お前もフツ―の男だよね」
っとふっと笑みを漏らし。。
ああ・・・こういう砂と空気感が好きだぁああ!! O(≧∇≦)O

大和がかわいくていい子だから猛男以外の誰かが大和のことを好きになった
としてもおかしくないとどんどん暗い方向へ沈んでいく猛男。

砂は「まだパティシエが大和のことを好きかはわからない」と励しますが・・・

猛男は当面は名前で呼べるように頑張ろうと大和のバイト先へ。
一之瀬は大和の彼氏が猛男だと知ると、店から帰る猛男を追いかけ 突然
「凛子と別れてくれ!!」

何言ってくれちゃってんだwww

ああ・・・この人も大概だよwwww
「凛子には俺の方が合ってる!!絶対に!!」

そんなことは大和本人が決めることであって、あんたじゃないww

一之瀬に圧倒されてる猛男が気がかりな砂は愛さんに猛男の話を。
すると、愛さんも気になるようで・・・

「猛男は自分自身のことになると一歩引いちゃうところがあるからね」
砂が猛男を心配するのが・・・たまらん(///∇///)

大和は猛男が悶々としてることなんて知らなくて、バイトが休みの日に遊ぼうと
猛男を誘いますが、後日、一之瀬がコンクールに出ることになりその手伝いを
お願されて・・・
急遽、猛男との約束をることに。

猛男も一之瀬のパティシエ人生がかかってるときくと応援しないといけないな
っと。。

ああ・・・どこまでも他人を優先してしまう猛男。。

大和には自分よりももっと合う相手がいるんじゃないかと落ち込む猛男に、
ななこちゃんは「凛子はちゃんと考えているし、もしそうだったらどうなの??」

問い詰められた猛男は・・・
「俺は誰にも渡したくねぇ」

例え相手がかなわないやつでもどんなすげぇやつでも。

そうだよ、猛男!!

猛男の気持ちが定まったことで砂は嬉しそう。
猛男はそのまま店まで行って一之瀬に「大和は渡さねぇ」と宣戦布告。

大和が俺を好きでいてくれる間は俺の方から逃げることは絶対しねぇと誓う
猛男でしたが、「なんで宣戦布告なのか」と砂に突っ込まれwww

「受けて立つ方なのになんでお前の方が立場弱くなってんの?」っとww
だよねwwwww

大和が一之瀬と残ってコンクールの作品作りをしてると聞いて愛さんは二人きり
にして大丈夫なのかと・・・
猛男は気になり様子を見に行きますが・・・

一之瀬は猛男に「両思いになる前に同意を得ないで手は出さない」と憤慨
一応、一之瀬も変わった奴だけど常識はあるようで。

猛男はそれを信じることに。
一之瀬は「金賞を取ったら大和に告白する」と宣言。

猛男はあっさり「がんばってください」と一之瀬にエール。
さすがに砂もなんで応援しちゃってるのかと呆れますが、猛男は「金賞だろうが
俺は負けねぇから」と・・・

やっぱ器デカイわ(^▽^)

とはいえ、コンクール当日は「大和が告白されて気持ちが動いたら・・・」っとつい
考えてしまう猛男・・・

っと、当日コンクール前に大和が猛男の家にやってきて。
どうも、一之瀬にミューズだと言われたことがプレッシャーのよう。

大和は猛男と話してると安心すると笑顔で出かけていきますが、猛男は思わず
「誰にも渡したくねぇ このまま行かせたくねぇ」
想いが溢れ後ろからハグ。

おお~~~~猛男でもこんなことするんだ!!!
これは猛男、ポイントアップだぞ、大和にだけwwwww

「今のは安心じゃなくてドキドキしちゃったよ」って微笑む大和が可愛い!!

ハグ中に砂が玄関の扉を開けるのがお約束だと思ったんですが、今回はそれは
なかったですね。
でも、大和を見送りちょっと寂しそうな猛男に「海行く?」って声をかける砂。

自分は海が好きでもないのにね。。
やっぱり猛男のこととなると・・・
砂 GJ(〃∇〃v)

さて、どうなるんでしょうね。
とはいっても、金賞とって一之瀬が告ろうが何をしようが大和がなびくとは到底
思えずwwww

一之瀬が失恋することは確定ww
頑張れ一之瀬ww

彼女は俺のミューズではなかったって簡単に立ち直るかもだけどwww

番外編は猛男と砂の小学生時の話。

愛さんがいろんなものをときめくかときめかないかでお片づけしています。
砂にも賞状やらの束を片付けろと催促。

すると、思い出の賞状が出てきて・・・
猛男絡みのやつですね。

それは猛男が砂のことを思って一生懸命にしてくれた結果にもらえた賞状。
砂は昔を思い出し・・・
たくさんある賞状の中でもこれだけはときめくからと残しておくと・・・。

だよね、ときめくよね!!!
わかるよ!!砂ぁ!!  (p≧∀≦q)〃

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック