アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年08月16日 (日) | 編集 |

お盆の休みにコミックスの感想をだぁーーーーーーー!!っと書いてやる
っと思ったのに全然進みません。

理由は・・・結構、休みのくせに用事が入るからで・・・。
全然、お休みになってません。
もう残りあと一日になってるし。

あ、それと長編のコミックスを借りて読んでることも理由のひとつww
そうそう、昔の作品読み返したりしてるし時間がないんだわww

なんとか予定してる作品だけは書き上げてしまいたいのですが・・・。

っということで「明治メランコリア」4巻感想いきます。

これまでの感想はこちら

津軽を追いかけ、仏蘭西へ渡った鈴は、ようやく津軽との再会を果たす。
自分に枷をかけ、突然いなくなった津軽の行動の謎を見極めようとする鈴
だったが、そこには津軽の元恋人ひなの存在がありーー!?

今回、ようやくちょっと私の中で津軽の株が上がったかな。
どうやらひなの言う通りに動いてるってわけでもなさそうなことがわかった
ので、様子をみてやろうとwwww

なんでこんな上から目線なんだwwww

で、やっぱり私も担当さんと同じく ひな嫌いです。

なんなん、この娘?
既婚者ってことだけど娘にしか見えない。
ってこれは作画のせいかもですね、ごめんちゃい(^^;

いやいや、わざと鈴を煽ってるような態度が非常にムカつきます。

ん~~~でも、ひなの立場からしたらなんとか旦那のために(元旦那だって
言ってますが明らかに彼のために動いてますよね)津軽を利用しようと思っ
たら、鈴の存在が邪魔になるのは当然ですけどね。

津軽だけを使おうとしたのに鈴だけでなく、男も3人ついて来ちゃったし・・・
そのうち一人は軍人ってことも、全くもってひなにとっては鬱陶しいだけでしょ
うね。

津軽を追いかけてきた鈴に対して、わざと津軽と仲の良さそうなところを見せ
つけてるようで悪意があるとしか思えず。

なんとか鈴には負けずに食らいついて欲しいですわ。

津軽に再会できた鈴でしたが、津軽が失踪したことに対し悪びれてないこと
から鈴は思いっきり頬をひっぱたき・・・
さすがに津軽もこれにはいたようですね。

津軽は勢いで鈴を連れて逃げることにしたようですが・・・
でも、すぐに平賀に追いつかれて・・・

それでも特に津軽は問題なさそうにしてることから鈴は津軽がひなから逃げよう
としたのではないかと考え・・・
い。

車でディジョンまで移動する間に平賀が体調を崩したため途中の民家で宿を
借りることに。

普段は平賀の態度が気に入らない鈴でしたが、どうやら平賀にも事情があり
そうで、寝ている時に鈴の手を離さなかったことから素直になれない甘えん坊
なのだろうとw

態度を改め優しく接してあげることにしたようです。

一晩中ついててあげたため寝不足の鈴。
でも、それを平賀が知ったら気にするだろうってことで誤魔化しますが、津軽が
しっかりフォローしてくれてましたね。

鈴が寝ている間に津軽と平賀はひなの元旦那である愛染についてちょこっと
話をしますが、津軽や平賀が彼とどんな関係なのかはまだわからず。。

一方、春時と河内はひなと行動を共にして津軽を追いますが、春時が
ためひなにとって邪魔になり途中で二人を撒いてしまいます。

何をやってくれちゃうんでしょうね。
一刻も早く鈴と合流したい春時なのに(`^´*)
でも、津軽はバカじゃないと思っているからちゃんと連絡を寄越すだろうって
ことで今できることをしようと考えます。

歳下の春時を頼りにしてる河内が微笑ましくて笑えますww
河内やっぱりいいキャラだなぁw

鈴はついうっかりディジョンでひなと会うことになるのは良かったのかと津軽に
訊いてしまいます。
そのことから鈴が車で寝た振りをして、平賀と津軽の会話を聞いていたことが
バレてしまいww

津軽は平賀に聴こえないよう、こっそりと鈴に内緒話。
鈴の髪をかきあげ・・・耳元で話しを・・・
そんなことされていっぱいいっぱいの鈴が可愛いww

津軽はモンテカルロまでは一人で行きたかったと鈴に話しますが、鈴が河内と
春時を連れてきたことからその流れに乗ろうと思うと。

そして、「ひなは少し複雑で鈴を利用するかもしれない」と言います。

そうなるのは私の本意ではない 
でも君は私の助手だからきっと大丈夫、そう信じることにした

それは鈴が津軽に一番言って欲しかった言葉。

ひなが津軽たちを見つけ合流。
春時と河内とは喧嘩しておいてきちゃったとあっけらかん。

津軽はこういうこともあるだろうと予想して河内と共通の友人にハガキを出して
いたようです。
さすが津軽。
ひなを信用してないところがいいですv

鈴はひなのことが読めず、もう少し知る必要があると思い・・・
子猫を助けるかどうかでひなと意見が分かれますが、これってどうなんだろうね。

確かにひなの意見は正論だけど、鈴の気持ちもわかる。

ただ、傷ついた猫を拾ってくるところまではちょっとやり過ぎかもなぁ~
鈴はひなの嫌味に気づいてない様子(^^;

津軽と平賀は何やら話をしたようで、二人の利害は一致するから鈴を危ない
目に遭わないよう見てやってくれるなら津軽は平賀に協力すると約束。

平賀は津軽をこちら側と考えていいのかと確認。
これは愛染の敵ってことを意味するようですが・・・

鈴の眼の前でわざとなのか津軽にいちゃつくひな。
鈴はそういうのは見たくないと汽車の席を立って・・・
平賀は津軽と約束してるから鈴についてきますが、鈴としては津軽たちを二人
きりにしておきたくなくて平賀には戻って欲しくてwww

そんな鈴の動揺っぷりについ笑ってしまう平賀。
だんだん距離が近くなった感じですね。
ま、だからと言って平賀が鈴を好きになるくらいしか展開はないと思われますが。

モンテカルロに着くと鈴はちょっとひなに探りをいれます。
津軽と愛染とどっちが大事なのかな~っと。

ひなは「津軽の泣いたところは見たことがないけれど、愛染のはある」と言い出し
鈴にはそれがどういう意味なのかわからず。

また「津軽は助けようとしてくれてるみたいだけど欲しいのは協力」だと言います。
そして、鈴が少し邪魔だと呟き・・・

鈴は聞き間違いかと思いますが・・・

鈴は津軽はどんな風に泣くのか見てみたいと思い・・・突然、津軽に
「泣く時は言ってね 胸を貸すから」

そりゃ津軽もそんなこと急に言われたら驚くわな。
が、津軽はどういうわけだか赤面し激しく動揺www

鈴は津軽のツボに入ったことはわかったものの、どうして津軽が荷物を落とす
ほど狼狽してるのか理解できず。。

でも、津軽に女性と言われたことが嬉しくてv

そんな二人をこっそりみてるひなが不気味だわ。。

っと思っていたら、ホテルから津軽とひなが失踪!?
どうやらひなとそのお仲間が津軽だけをどこかへ連れていきたかったようで。

二番目に大切な人だから丁寧に優しく運べと指示を出すひな。

お姫様抱っこされてるらしい津軽のおでこに萌え
いつも隠れてるものがわになった時ってドキッとするよ。

愛染の目的は何なんでしょうね。

なんでもいいけど、早く鈴に反撃して欲しいですわ。
春時もモンテカルロに来るようだし、津軽にも頑張って欲しい。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック