薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

「神様のバレー」1~7巻読みました♪

最近だと「ハイキュー!!」がバレーボール漫画としては人気ですがこちらの
作品 かなりしですv

他にはバレーボールの漫画で今面白いと思っているのは「少女ファイト」
こちらは感想書いてます。

「神様のバレー」の特徴は選手たちが主役ではなくて監督が主役なところw
これがかな~~りの曲者なんですよねwwww

通常の熱血正々堂々スポーツものとは全く違ってどちらかと言うと邪道
人をくらかしてなんぼの世界のようなwww

が、これが面白いのですよね。

アナリスト...
それは、相手チームを分析し、ベンチ外から監督に作戦を支持する
"チームの黒幕"。
阿月総一は実業団バレーボールチーム<日村化成ガンマンズ>の
アナリスト。
とあることを条件に、全日本男子バレーボール監督の座を約束される。
それは、万年地区予選1回戦敗退の私立中学校男子バレー部に
全国制覇させることだった!

たぶん、バレーボールを実際に経験したことのある人にはかなり面白い
作品じゃないでしょうかね。

「ハイキュー!!」とかは勢いあるし爽やかだし熱いし経験者じゃなくても入り
易くて面白いですが、キャラたちを描くことが中心だからバレーボールという
競技の試合の面白さ、例えば戦略とか心理戦についてはほとんど描かれて
ないのですよね。

ジャンプ漫画だから「友情」「努力」「勝利」ってことで全然OKなのですが、
こちらの作品はその対極wwww

全然爽やかじゃないwww
選手たちは駒みたいなもので、それを動かす監督こそが主役www

選手たちの掘り下げもあまりなく、主役チームですらなかなか名前と顔が覚え
られなかったというwwww

それは私の頭の問題かwww

とにかく勝つのに根性とかの精神論じゃないんですよね。

ストーリーとしては万年1回戦負けのチームを全国大会まで持っていくって
よくある展開なのに、全然感動とかとは無縁で教育的じゃないというwww
中学生なんてミジンコ扱いだしw

が、私「賢い男」が好みなので多少いい加減なヤツであってたとしても先の先
まで読んで試合運びしたり、その大会だけでなく更にその先まで見越して戦略
を練るとかそんなのに弱いのですわwww

もはや、これはバレーの試合っていうより将棋とか囲碁の世界のようwww
緻密な戦略の上に成り立つ勝利。

悪魔のような姑息さズル賢さで人の心理の裏をかくって感じですが、性格の悪さ
だけじゃなくて、ちゃんとデータ分析し確かな裏付けの元に戦略が組み立てられ
ているのは素晴らしいです。

万年1回戦負けのチームが実際に勝つにはそう簡単にはいかないと思います
が、基本プレイを確実に教えられる技術面の指導者もいればひょっとしたら・・・
と思いますよね。

ということで、このチームには元全日本女子候補だったコーチがいるのです。
阿月が来るまでは気合根性で試合を進めるから基本は出来てても試合には
勝てなかったようですが(^^;

現状のバレーボール指導者たちのやり方を阿月は痛烈に批判しますが、これが
なかなか説得力あります。

精神論を排除し理論で戦略を組み立てられるアドバイザーが入ったことで飛躍的
にチームが変わるってのはなかなか興味深いです。

守りに特化してるチームや剛腕エースで押してくるチームの崩しどころを見抜き
攻略していく様は痛快ですし、敵どころか味方もくところはヒヤヒヤです。
自分のチームの選手たちも勝利のため好き勝手に転がしてますからね。

選手たちも段々と巻を読み進めていくうちにキャラ立ちしてきて楽しいですし、監督
たち大人にも事情があるってのもいいです。

キャラとしては阿月の妻の座をってるグリ子が相当笑えます。
阿月以上のえげつなさwwww
下品なんだけど観察眼洞察力は確かだから憎めない。

県大会で初優勝した後、阿月に無断で選手たちが他校合同の合宿に参加して
しまうのですが、他校は確実に足りないところを補っているのに自分たちは阿月が
いないと弱いということを晒してしまいます。

でも、阿月はそれも全部分かった上で、生徒たちの勝手な動きの代償も全部
考慮に入れて最高のショウを演出す
るのだとか・・・。

選抜大会では、自分が相手チームの女性監督に教えた秘策のせいで負けます
が、それは全部布石。

女性監督の方はしてやったりと思ってるようですが・・・

取りあえず、選抜大会は夏の全中予選のシードさえもらえればいいってことで
もうその先の、全中予選で1位通過するための対策を取り始める阿月。

あれだけの俺様がわざわざ「参りました」なんて頭を下げるなんておかしいと
思ったらやっぱり芝居w

木下だけは知らされていたようです。

阿月には「どうしても解いてみたい謎」があるようですがなんでしょうね??
そのためにバレ―を辞めずにいるようです。
中学の時「ある男からかけられた呪い」ってのもなんだろう。

その呪いを解くために全中で優勝し、全日本男子バレーの監督になる必要が
あるってことですよね。

全国制覇のためグリ子にデータ集めをさせる阿月ですがグリ子は報酬として
キスを要求。

相当の覚悟をしてるってことだからついにキスするのか!?っと思ったら・・・
戸籍を売ったw
キスするくらいなら結婚する方がマシってwwww

グリ子は婚姻届をもらって大喜びですが、阿月は絶対印鑑押さないと思うわww


グリ子にも鷲野にも隠しておくようですが、阿月が歩木浜の監督に教えた秘策
にはちゃんと攻略法があるようで。

だよね、阿月が簡単に敵側に秘策なんて与えないわな。

県大会の段階ですでに選抜では歩木浜を優勝させ全中予選の"生贄"にすること
まで考えていたようです。
選抜で優勝しなかったのは他校からのマークを外すためでもあったようですし。

ホント腹黒いというか容赦ないな阿月は。
この神様っぷりがたまらんのですけどね。

阿月は関東大会に向け大幅なポジションチェンジをさせるようですが、これがどう
働くのか楽しみです。

早く次巻が読みたい。

そういえば、県内のライバル校を短縮するとアル中、ニコ中、ヤク中になるんですねw
これから対戦する学校名にも注目ですwww

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する