アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年09月02日 (水) | 編集 |

いやいや 声が付くと先がわかっているというのにドッキドキニヤニヤ
止まりませんなぁ(^^;

グイグイ攻める伊集院先生と迎え撃つウサギさんの攻防戦。
いいぞぉ~~ O(≧∇≦)O

ウサギさん、仕事用妄想と現実の境目がなくなっているようで・・・
わざとかww

朝から襲われる美咲だけど、それを見ても全く動じない相川さんwww
むしろ、ウサギさんの仕事が遅れてる理由がHシチュのバリエーションなら
協力しろと美咲に言いかねないwwww

相川さんはウサギさんサイドだねw
なんでこの仕事してるんだろ・・・って自暴自棄になってる相川さんですが
ウサギさんと美咲のあれこれを生でみれるからチャラってことでw
ダメか??

さて、伊集院先生が引きこもってるってことでお気に入りのバイトくん美咲が
編集部から呼び出されました。

俺なんかで大丈夫なのかと不安になる美咲でしたが、以前の功績を買われ
ての抜擢ってことで。

桐嶋さんとシズクが登場。
桐嶋さんと横澤さんのお話もまたお願いしたいのだけどまた劇場版かしらん。

早速、伊集院先生の家へ行ってみると・・・
インターホンを押しても返事がないだけでなく、再度押せばしいと怒声。
が、美咲だとわかると突然ロックが解除。

部屋がすさまじいことになってるってことでしたが、確かにアニメ部屋は
大したことなかったですね。
原作はとっ散らかってましたけどwww

それでもウサギさんの散らかし方のが上ってのがねww

部屋の片づけを手伝っていると美咲はファンレターがファイリングされている
のを発見。
しかもそこには自分が高校生の時に出したものが・・・!

偶然って感じでしたけど、伊集院先生のことだからねww

ネームをよりいいものにしたくて悩んでるうちにドツボに嵌ってしまうことが
あるという伊集院先生をなんとか励まそうとする美咲。

「いつだって俺は先生が大好きです!!」

伊集院先生はストレートな告白だと思ったようでwww
笑顔でお礼を言ってくれますが、それから急激に距離がくなり・・・

美咲は気のせいだと思いますが、伊集院先生は美咲のことに興味津々。
彼女がいるのかとか、宇佐美先生とはどういう関係なのかとか。。

かな~~~り至近距離でぐいぐい来てます。
いいなぁ~~~この緊張感
イケメンが距離詰めてきたら美咲と一緒にドキドキするわwww

伊集院先生は冷静に切り込んできますwww
ウサギさんのことを聞かれ慌てふためく美咲。

なんとか空気を変えようとしますが・・・
「俺 高橋君みたいな子 好きだなーーー」

美咲の髪をいじりながら伊集院先生がめてきた!! (*≧∀≦*)

さすがにヤバそうだと感じだ美咲は即行帰ることに。
アタフタと帰っていく美咲を見送ると伊集院先生はどなたかにお電話・・・

伊集院先生のやる気スイッチが入ったようですww
お仕事のスランプからも立ち直ったようでwww

一方、美咲が帰宅すると暗黒ウサギが待ち構えていて・・・
伊集院先生のご機嫌は直ったけどウサギさんが超不機嫌に。。

いきなり美咲に「例の漫画家と何があった?」と・・・
「別に何も?」っと答えながら手に持っていた鍋を落とす美咲ww
正直だよねw

伊集院先生がウサギさんと「会食したい」と言ってると井坂さんから電話が
あったものだから、ウサギさんとしてはこんなことは美咲と伊集院先生との
間で何かなければ起こり得ないことだと考えたのでしょう。

もう何かあったはずと見抜いてるウサギさん。

当たりです!

問い詰めていくと伊集院先生を励ました美咲に伊集院先生が「好きだ」
言ってきたことが判明。

美咲はビックリしたけど、よく考えたらビックリする方がおかしいよねと状況を
理解出来てない様子。

しか~~~し、ウサギさんは激しく反応
他に何をされたのか、触られてないかと・・・

髪を触られたと聞くとショックを隠せないウサギさん。

もう完全に伊集院先生が美咲をってると確信したようで。

いつもと違って強引にキスをし、ってくるウサギさんに美咲は怖いと感じ、
そんなに信用ないのかと反撃。

美咲にしたら大げさだと思うだろうけど、ウサギさんとしてはたまんないです
よね。
大事な美咲に万が一でも手を出されたら・・・って考えたら居ても立っても
いられず、つい美咲をってしまうというwwww

いいぞ、もっとやれ~~d(≧∀≦*)ok!
優しいウサギさんもいいけど強引なウサギさんもゾクゾクしますよね(///∇///)

ウサギさんは嫉妬し過ぎだという美咲。
そして、いっつも疑うけど美咲はウサギさんを襲う予定で他の人にはそんな
こと考えないと真っ赤な顔でいいますw

相変わらず可愛い奴だ。
ウサギさんをグッチャグチャのムチャムチャにしようと考えてるようだけどww

が、「じゃあぜひそれを早速今ここで」といわれて動揺が隠せない美咲ww
取りあえずウサギさんを押し倒してみますが、その先が思いつかずww
わさわさと妙な動きwwww

「美咲を疑ってるんじゃなくて、美咲に何かあったらどうすればいいかわからない
から」とウサギさん。

「美咲が好きすぎて」

うう・・・演出も盛り上げてくれるなぁ~♪
ぼそぼそと話すウサギさんも最高だよ(/ω\*)

表情の変化もホントいいよなぁ。。

バイトしてる以上、会うなとは言えないがあまりあの先生に気を許しすぎるな
お願い
そうでないと、俺はいつまでも嫉妬するから

ああ・・・!!もうニヤニヤが止まんないよ!!

美咲にでこちゅをするウサギさん。
そして、美咲にも同じことをするよう要求。

美咲は必死の覚悟で2回連続でこちゅをwwww
頑張った美咲ww

その後、濃厚なキスが続きますが、原作では当然までいっとりますv
ま、連続キスってのもなかなかいい感じなのでこれはこれで (〃∇〃v)

翌朝でいいのか?
朝っぱらから美咲を襲うウサギさんのところへ今度は井坂さんw
またも襲われてる美咲のことは全くお構いなしのようでwww

言いたいことだけ言って帰っていきますww
井坂さんwwww

原作では一回ウサギさんは断るんですけど、その間のあれこれはざっくり
カットされてますね。

でも繋ぎい!
伊集院先生から美咲にかかって来た電話に出るウサギさん。
そして、会食・対談を受けることに。

ウサギさんはどう我慢しても美咲に近づく者に嫉妬してしまうだろうけど
美咲に近づく前に叩き潰せば嫉妬しなくて済む
と気づいたようですwww

そして敵を倒すためには敵を知らねばならないということでウサギさんは
伊集院先生の著作物を全て買いに出かけたのでしたwww

さすがだぁあああww

ウサギさんも本気モードへ突入w
イケメン対決に注目ですね♪

声が付くとますます臨場感溢れてドキドキだわさ。

 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
純情ロマンチカ3の第8話を見ました。 第8話 焼き餅焼くとも手を焼くな 丸川書店ジャプン編集部にてバイト続投中の美咲はある日、担当編集者に頼まれて大好きな超人気漫画家・伊集院の家に書類と差し入れを持って行くことになる。 その際、美咲は新しい担当の雫石涼を紹介される。 「はじめまして、高橋です」 「伊集院先生のお気に入りとかいう子ですか?」 担当も恐れる程のスランプ...
2015/09/02(水) 21:12:06 | MAGI☆の日記