アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年09月09日 (水) | 編集 |

いや~~~今回もドッキドキでしたわ♪
ウサギさんと伊集院先生の直接対面

まだ、「対決」とまではいってませんが、すでにけん制し合いでバチバチで
したね。
緊張するわwwwww

ウサギさんの想いが痛いほど伝わってきましたわ。
もちろん、原作読んでしっかり把握してることではあるのですが、アニメでは
やっぱり声が付く分、美咲のことを好きでたまらなくて絶対に誰にも渡したく
ない
ってウサギさんの想いの強さがビンビン伝わってくるんですよね。

切ないくらいに。。
美咲はウサギさんのことが好きなのに、ウサギさんが欲しい言葉を口にしない
から・・・

わかってはいても不安になるというか、伊集院先生に嫉妬してしまうウサギさん。

で、伊集院先生もまだ今のところは横恋慕でお邪魔虫なんだけど、伊集院先生
だって決していい加減な気持ちじゃなくて。

ああ・・・美咲が2人いればいいのに。って思うけど、それはアカンわな。
やっぱ、美咲はウサギさんのものだわさ。

伊集院先生の本を全て暗記したというウサギさん。
集中がさすがです。
美咲よりも詳しくなってしまうとはwwww

これがT大主席の本気ですね。

伊集院先生との対談&会食に出掛けるウサギさん。
かっこええ・・・

和やかな?雰囲気で対談は始まり・・・・

コミックスの再現凄いわ。
脚本もいいし、作画も素晴らしい。
ウサギさんと伊集院先生が美麗なのは特に嬉しいし、アングルとかも変化が
あるし見せ方がとにかく上手いなぁと思うわけです。

伊集院先生は下から上がって来て、ウサギさんは横へ・・・
表情もいいですし、いきなり緊張感MAXで対談開始。

お互い淡々と話を進めていくものの、伊集院先生がウサギさんの作風が
4年前から変わってきたと切り込んできて・・・
美咲のことを持ちだしてきてるってことですよね。

受けてたつウサギさん。
意識はしてないが恋愛が小説に影響を与えてるかもしれないと。

すると、今度は伊集院先生が直接的に、ファンの一人ってことで美咲のことを
話題に・・・

当然、気づいてるウサギさんに伊集院先生は一生大事にしたい出来事だった
と得意気。

ウサギさんは表立って表情には出してないものの、気分がいい訳がなく・・・
イケメン二人の笑顔に隠された水面下でしいバトル・・・。

何となく、その禍々しい気配を察してる相川さんと桐嶋さんww
井坂さんだけは嬉しそうですwww

さて、対談が終わったってことで美咲は変なことに巻き込まれないようにと
そそくさと帰るつもりが・・・

お約束で伊集院先生と遭遇wwww
そして、二人きりのところで、これまたお約束のウサギさんが・・・!!

美咲の髪に触れる伊集院先生の手を即行ウサギさんは払います!

いいなぁ~~~
いつも冷静なウサギさんが感情むき出しでくなるところ!

伊集院先生は余裕の対応。

美咲を連れてとっとと帰ろうとしたところで、ウサギさんの作品が大きな賞に
ノミネートされたとの情報が。

伊集院先生は井坂さんから逃れるってより、二人に訊きたいことがあった
から連れ出したって感じですね。

「二人は付き合っているのか」と単刀直入に質問され美咲はしく動揺。

ウサギさんに促されて帰りますが・・・
それがまぁ答えってことですよね。。

ウサギさんも否定しないし。

「高橋くんて可愛いですね」
正面から伊集院先生が切り込んできました・・・!!

ここからがまぁ臨場感ビンビン。。
ドッキドキのバックバクですわwwww

二人が付き合ってるってことを分かった上で真っ向勝負に挑んでくる伊集院先生。
どれだけ自信家なんだろうと・・・・

相手が宇佐美秋彦であることも全くお構いなしですわ。
が、それを射るように見返すウサギさんの視線も素敵!!

コミックス4ページほどのシーンに声が付き絵が動くことで、すっげぇ緊張感
を放っております。

なんだよもう、息ができないよwwww

「俺、高橋君のことが好きです」
堂々と宣戦布告!!

すげぇよなぁ、伊集院先生。

帰ってきたウサギさんは珍しく酔っていて・・・
美咲の質問にも多分とか、適当にとかの返答・・・

うつむいてるウサギさんの髪が一筋パラって落ちる演出たまらんわ。

すごいウサギさんの気持ちが伝わってくる。。

「伊集院先生のことが好きか?」
突然、美咲を押し倒し、ウサギさんは美咲に好きだと言って欲しいと・・・
これコミックスではギュッとするんじゃなくて、ちゅぱちゅぱ始めちゃうんです
よね、ウサギさんw

いやいや、それがあった方が必死なウサギさんの想いが伝わるけど、でも
なくても十分伝わるよぉ~~~~

ウサギさんの態度がいつもと違うから伊集院先生と何かあったと察する美咲
ですが、ウサギさんは「何もない」と・・・

俺は絶対にお前を守る
何があってもお前を離さない
だから・・・俺の側にいてくれ

一々言わなくてもわかるだろうという美咲でしたが、それでも美咲に「好き」って
言って欲しいとウサギさん。

上からのアングルが色っぽ過ぎる!!

濃厚キスシーンもいいですが、もちろん、原作ではやってますv

ウサギさんは伊集院先生には好き好き言うくせに自分には言ってくれないもの
だから嫉妬してるんですよね。
それに不安で・・・。
ちょっと美咲が言ってあげればいいものを・・・

翌朝、改めて美咲に賞にノミネートされたことへのお祝いを言われ気をよく
するウサギさん。

いい雰囲気に戻ったのに、ここでまた伊集院先生のところへ原稿を取りにいく
依頼の電話がww

ゴゴゴって、一気にウサギさんのご機嫌は急降下・・・。

やっぱり何かあったと思う美咲でしたwwww

この作品、何がいいって間がいいのよ!!
テンポがホント素晴らしいv

で、次回はエゴイスト組のようですね。

これまた楽しみ!!!


 

純情ロマンチカ(19)

純情ロマンチカ(19)
著者:中村春菊
価格:648円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

純情ロマンチカ 1-18巻セット

純情ロマンチカ 1-18巻セット
著者:中村春菊
価格:10,972円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック