アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年11月20日 (金) | 編集 |

サイタマ強い!!
サイタマの強さは圧倒的
しかもその強さは誰かと比較したり、誰かに評価してもらうことではなくて・・・
スゲぇ~~よ!!
精神的にも最強のサイタマ。

そのサイタマに心底れるジェノスくんんが愛おしい(*/-\*)
全てにおいて優先されるのは「先生のため」
先生以外のヒーロー全部クズってくらいの盲信的な先生至上愛。
いいなぁ・・・健気なジェノスくん 美味しいもぐもぐ。

Z市に巨大隕石が落ちてくるってことでヒーロー協会支部から呼び出しを受ける
ジェノスくん。
後頭部の髪の流れが美しい。

が、ヒーロー協会支部には誰もいなくて・・・
さっさと自分たちは逃げちゃったんだ。

そこにいたのはS級ヒーローのシルバーファング。
呼び出しによって集まったのはこの二人だけ。
災害レベル竜ではどうにもならんてことで後のヒーローはこなかったようで。

このまま隕石が地上に激突すればZ市は壊滅と聞かされるジェノスくん。

隕石の落下は35分後。
市民に避難警報が出るもパニックが起きるだけで誰も逃げ出せそうにはないと
シルバーファング。
ヒーロー名はバング。

「君も大切な人と遠くへ避難するといい」というけれど、ジェノスくんにそんなこと
無理やで。

大切な人は先生だから、早くサイタマに連絡するのが賢明なんだけどね。

バングの話などそこそこに飛び出すジェノスくん。
「この街には先生が住んでるんだから守らなくては!って意気込んでるけど
いやいや、はよーサイタマを呼ぶべきだよ。

試作品のアーム装着。
顔もなんか戦闘モード?
作画かっこええ  カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!

そこへ現れたのはボフォイこと玄田さん!
S級7位で高火力の兵器で敵を周囲の建物ごと粉砕するヒーロー。
これはそうだwww
玄田さんだしww

ヒーロー名はメタルナイト。
実は遠隔操作で動いてて本体は別のところに。

力を貸してくれと言うジェノスくんに「俺は兵器の実験に来ただけだ」とお断り。
街を救おうなんて気はさらさらない様子。

メタルナイトの破壊兵器の威力は予想以上!
メタルナイトを危険視し、警戒するジェノスくん。

しかし、隕石は破壊されず衝突まで推定33秒。
悩むジェノスくんに「結果はかわらないのだから適当でいい」とバング。

結果が変わらないのなら自分のベストを尽くす!ってことで出力最大まで・・・
が力尽きジェノスくんボロボロ。

「じぃさん、こいつ任せるぞ」

わぉ~~~~(〃∇〃v) ここでお師匠さんという名の旦那登場!
れるわ!!

飄々と現れたサイタマは一っ飛びで隕石に向かうとまたもワンパンチで粉砕
すげぇ~~~~O(≧∇≦)O 

一見落着とサイタマ。

うん、まぁそうなんだけどね。
隕石のかけらは散り散りとなり街を破壊(^^;

3日後、家で寛ぐサイタマと嫁・ジェノス。

死人が出なかったことは最小限に抑えられたことだとサイタマ。
本来なら衝撃波で何もかも吹き飛ばされていたはずだもんね。

これは奇跡としか言いようがないほどの活躍なのに世間の一部ではサイタマを
Z市半壊の原因を作った人物として悪役にされているとは・・・
それを知りながら耳に入れる必要はないとそっとしておくジェノスくん。

隕石の破壊でサイタマはC級342位から5位へ。
サイタマは災害レベルについてジェノスくんに教えてもらいますが、サイタマに
とってはレベルで自分が出動するかどうかなんて決めないから関係なくて。

「ヒーローが逃げたら誰が戦うんだよ」
さらりと名言。
すかさずメモるジェノスくん
なんかむっちゃ長文書いてるんだけどwww
ノートの右半分には書かないのは後で復習をするためですかww

街へ行くというサイタマを見送るジェノスくんの切なげな顔が堪らんなぁ・・・

早速、タンクトップ兄弟が絡んで来てサイタマをインチキ野郎だと揶揄
街を破壊した張本人だと戦犯扱い。

タンクトップブラックホールの狙いはサイタマの心を折ること。
卑怯なことしやがる(ノ-_-)ノ~┻━┻ 

クズの言うことには全く動揺しないというか、耳を貸さないというか、相手に
すらしないサイタマがかっこええ!!

むしろ「ごめんなさい、ウソでした!」と自分の否を認めるクズの言うことを
肯定してなお、自分を主張するという。
市民からの暴言にも怯まず「文句があれば言ってみろ!!!」っと言いながら
「黙れボケ!」とwwww

俺はテメェらの評価が欲しくてヒーローやってんじゃねぇからな!
俺がやりたくてやってんだ!

自分が強いことを分かっているから、クズの存在なんて脅威ではないんだね。
本当に強いってことは何者にも影響を受けなくて。

自分のしたいことをするだけという清々しい信念。
でも、市民からの声には一々反応してるww
そんなサイタマに「帰りましょう」と促すジェノスくん。

うわぁ~~~ん、もう泣けるわ。
俺は先生ほど優れた人間を見たことがありません
例え世間に評価されなくても俺は先生についていきます

強すぎるがために誰にも真の力を理解してもらえないけど、ジェノスくんだけは
サイタマをわかってる。
サイタマ自身、自分の活躍を大したことないって思ってるからヒーロー協会に
自分で報告するようなことしないんだろうな。

S級なんかもぶっちぎりでサイタマが最強なのに。
今回バングも出てきてサイタマの強さを知る本物のヒーローがちょっとずつ
増えていくのが嬉しい。

ああ・・・サイタマにれるジェノスくんの気持ちがわかるわ!
もうEDがジェノスくんの歌にしか聴こえないよねd(≧∀≦*)ok! 




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
もう昨日(ですよね?)は放送があってるところでは 第8話放送があったんですよね?いや、Yahoo!さんのリアルタイム検索を見たらば 何だか凄い絵が・・・(^0^;;;)どういうお話なの...
2015/11/23(月) 16:57:00 | みやさとの感想文と(時々)感想絵