アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年11月24日 (火) | 編集 |

アニメが最高の出来だった「俺物語!!」
遅くなりましたが10巻感想ですv

これまでの感想はこちら

俺物語!!(10)

俺物語!!(10)
著者:アルコ
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

前半はアニメの最終回と同じ展開でそちらに感想書いてますので割愛。

付け足したいのはrincoってケーキと同じ名前の女の子がお店に来た時に
「おいしいよ、食べた人が幸せな笑顔になるようにって僕が作ったんだよ
君も 幸せになっちゃうよ♪」

って幼女に声掛ける一之瀬の社交性ですわねwwww
うん、イケメンだしこっちの方向でも集客できることに気づいてよかったねw

が、今回の一番は砂だよね~~~
ま、毎回私の一番は砂だけどwwww

大和と付き合うようになって砂に甘えてばかりいたことに気づく猛男。
鈍いことに甘えてないで砂のように言わない気持ちに気づいてやれるように
なりたいと思うように・・・。

甘えてばかりじゃなくて砂が頼れるような男になりたいと。。
で、これまで砂に相談してたいたことも自分で解決しようと四苦八苦。

でも、砂としては彼女が出来て猛男がどんどんと自分のフォローを必要と
しなくなり成長していくのをしく感じていたんですよね。

砂にしてみたら猛男に頼られることで自分の存在価値を感じてる部分も
あるからね・・・
俺がいなくちゃダメだな・・・ってなところで。。

単純に頼られることも嬉しいだろうし。。

なんか幼稚園児が段々子離れしていき寂しくなる母親の心境みたいで(^^;

砂はそんな胸の内を誰にも話さないんだけど真希ちゃんにだけはぼそっと
呟いて・・・

ああ・・・砂、真希ちゃんはきっと猛男のような男前に育つよ。
猛男が完全に自立した頃(大和と結婚して子供が生まれてオトンになった頃)
には高校生くらいになってるだろうから、ちょっと年は離れてるけど砂には
いいパートナーになるんじゃないのかな~~~

砂は真希ちゃんの中に猛男を感じ、真希ちゃんは純粋にイケメン好きで
砂にベタ惚れて・・・(うん、真希ちゃんは絶対砂に惚れる!)
真希ちゃんになら砂を預けてもいいと思う。

誰にも聞かれることはないだろうからと自分の気持ちを口にしてみたのに
なんとよりによって猛男が後で聞いていて・・・!
珍しく砂が猛男の気配に気づかなかったんだね。

「聞こえたぞ」って猛男の声にびっくりして振返った砂の顔が・・・
もう、何この可愛さ!!
真っ赤(///_///)  になって、まるで恋心を気づかれた乙女だよ!

強引に砂を銭湯に連れて行くと・・・ 全裸の二人にドキドキwwww

「俺に直接寂しいって言やぁいいじゃないか」と直球の猛男。
彼女がいない時よりいる時の方が友達いることのありがたみを感じている
と言い「オレと一生友達でいてくれ」

赤面しながら告ってるような告ってないようなwwww
砂も赤面返しで「・・・ああ はいはい」って

ちょ~~~~~やっぱお前ら結婚しろ~~~~~ O(≧∇≦)O

「お前もちゃんと自分の気持ちを口に出して言え」と要求する猛男。

うわ・・・ドキドキするよね。
猛男から「俺のことを好きと言え」っていってるようなものだし!!
違う!?

が、「俺はお前ほど単純じゃないから言えない」と砂。

うん、砂ならそうだよね。。

でも自分の言葉に翻弄されてる猛男をみて思わず笑ってしまう砂。
取りあえず、二人の仲が元通りになってよかった、よかったww

今回は砂が、寂しがったり、恥ずかしがったり、拗ねたり、ムッとしたりと珍しく
感情を無防備に晒したってことで私にとってはネ申でございました!!
砂、可愛い!! d(≧∀≦*)ok!

あと、笑えたのは猛男が大和が可愛くて可愛くて仕方がなくて手を出したい
衝動
を抑えきれなくなって砂に相談する話ですかねwww
さすがに砂もそんなこと相談されても困るわなww

「手を出したらいいんじゃね?」って砂ですが「かわいいからって手を出したら
痴漢と同じなねーか」と猛男www

違げーよwww同意があるだろwwww

手を出す自分が嫌なら欲求を我慢しろと砂にアドバイスされた猛男は必死に
抑えようとするんだけど単に大和の前で挙動不審になってるだけでww

今まで手を繋ぐのも普通に出来ていたのにそれすら意識してしまって避けて
しまう猛男。
さすがに大和も自分のことを嫌われたのかと不安になるよね。

で、大和までが砂に相談。
いやいやいやいやww
砂は二人がどこまで進んでるのかとか聞きたくなくても全部把握する羽目にw

大和がベッドの下に隠れてる間に猛男が自分の気持ちをぶちまけていったので
事の真相がわかった大和は安心。
しかも猛男が大和のことがかわいくて手を出したくなって困ると悩んでいると知り
“キラーン”ってwwwww

おいおい大和発動かよwwww
でも、猛男は大人の階段まだ登れないと思うんだよねwww
で、登るときはまた砂を練習台にしてしまいそうなんだけどwwwww

私としてはもろ手を挙げて大喜なんだけどいいのかその路線でwww
私はむしろその路線でお願いしたいけどwwww

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック