アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年12月07日 (月) | 編集 |

「おそ松さん」録画消化からの「ハイキュー!!」だったので「いきなり何チョロ松が
真面目にしゃべってんだ?」ってマジびっくりしちまいました(^^;

ごめん、ごめん。
武ちゃん先生、すごくいいこと言ってたのにねwwww

今はそれぞれが歯車を作っている最中。
今は未完成だけど全てが噛み合ったら・・・・

フェイントの極意を日向に教え、自らやられるという梟谷の木兎
フェイントが決まった時の爽快感をそっくり日向に味わわせることにwwww
いい先輩だよwwww

誰もが来る!!って思った瞬間、切り替えてフェイントできるスパイカーは
センスあると思う。

日向が頭使ってるってことで熱が出るとうろたえる飛ちゃんww
お互いさまだよねww
頭を使うことにかけては二人ともヤバいw
ただし、バレ―に関しては飛ちゃんは別だけどね。
負けじとツーアタック決めてます♪

合宿最後のセット。
自分の調子は絶好調。
みんなの調子もいいのはBBQ効果かと飛ちゃんは思いますが、何やら
の前の静けさ。。

そこへ日向が「やんねーの?」

うわぁ~~コイツはエロいだな!
っと咄嗟に反応してしまった私の脳(*/-\*)
原作読んでるときはそんなことなかったと思うんだけど声がつくと・・・

成功率を上げてからと思っていた飛ちゃんだけど、日向に引っ張られる
形でトス。

目の前でふわっと失速したトスを気持ちよさ気に決める日向。
「やるなら先にいっとけ」
いかん、いかん・・・一々エロ変換しちまうで( 〃▽〃)

新型変人速攻が決まり歓喜する烏野。
歯車まずは1つ目。

「やっぱりお前すげーな!!」ってキラキラの目で褒められて表情筋が
けてしまった飛ちゃんwww
何勝手なことしやがるって思っただろうけど、日向に褒めてもらってびっくり
しただろうし嬉しかっただろうねwwww

絶対に影山ならトスを成功させるって信じて待ってた日向に要求通りのトスを
上げたことへのびが溢れてるww

仁花ちゃんも喜んでます!
いい子だなぁ~

烏野のみんなが日向に引っ張られていく感じですね。
で、なぜかそれに刺激され梟谷・木兎までやる気が漲ってwwww

「翔陽はいつも新しいね」と研磨。
すかさず黒尾はチビちゃんがうちにいればお前ももっとやる気を出すのかと
訊きますが、「それは無理」っときっぱりwww

「常に新しくなっていかなくちゃ翔陽についていけなくなる」
「烏野の天才1年セッターでさえ、一瞬立ち止まっただけで見抜かれた」

どれだけ上手くサボっても翔陽はバレるからそんなのれるだけと研磨。
うん、うん、君はあの熱量の中にはいられないよねwww

黒尾と研磨のコンビもいいよなぁ~
研磨は日向をよく見てるけど、黒尾も研磨をよくみてる。

飛ちゃん、2回目は新型変人速攻が合わず・・・
実践でいきなりだもんね。

「そんな時こそ先輩の出番」

烏野の頼れる先輩たちが奮起!
リベロ西谷のトスからのエース旭のバックアタック!
アウトだったけど、トスもドリブル気味だったけど歯車2つ目!

全員がファーストテンポで助走に入るシンクロ攻撃
全員がトスは自分に上がると信じて突っ込むとこゾクってしますねv
田中が決めて歯車3つ目!

梟谷は4番を抑えていけば勝機は訪れる。
木兎に気持ちよく打たせないことが梟谷戦では大事。
ツッキーのワンタッチいてるようですv

熱くなり過ぎた木兎はサーブミス。
1本で切るとトスを呼び捲るも・・・
赤葦は瞬時にトスを上げないことの方が面倒だと判断し、トスを上げ続ける
んだけど木兎スパイクミス。

体勢悪いのに無理に打ったり、端っから打つ人丸わかりだったらしっかり
ブロック付かれるし、いくら木兎でも不利だよねww

そして、木兎はしょぼくれモードへ突入。
もうみんなわかってるようですが、これが一番厄介なようでwww

「俺にはもうトスを上げるな」と言いだす木兎。
手のかかるエースのようですwww
赤葦は慣れたもののようで、「じゃその間に冷静になって下さい」とあまり気に
せず。。

ま、落ち着けばすぐに復活すると信頼済みってことですね。

木兎しょぼくれモードの間に烏野はチャンスとばかりに畳みかけていくようで。
「お前の欲しいトスをあげてやる」
うわ~~~(///∇///)
たまらんね、飛ちゃんwwww
上から目線のご奉仕??

烏野1年コンビは新型変人速攻でガンガン攻めてくつもりのようですv

さぁ次回も楽しみ♪



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック