アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年12月28日 (月) | 編集 |

この試合に勝ては一次予選突破!
「絶対に勝つ!!」
気合を入れる烏野メンバーたち。

が、角川学園、百沢はブロック3枚からスパイク。
確かにアレではブロックの意味無いわ・・・
きっつー(><)

フェイントに逃げるも日向は寄りに寄って一番高い百沢のところへ。
そこはアカンがな。。

高さとかパワーとかシンプルで純粋な力は一定のレベルを超えてしまうと
途端に常人には対応できず脅威

でも、それは真っ向勝負のときだと鳥飼のじぃさま。

飛ちゃんは指の感触を確かめてるんだけど、その手つきがエロ親父のそれに
見えてしまう日向wwww

なかなか点に繋がらない烏野。
せっかくのサーブなのに飛ちゃんリベロは避けて。。(><)
アンタのサーブならコースをしっかりついたらエースとれるんだよぉ~
上がりさえすれば全てはチャンスボールだという角川学園。

身長って凄いよなぁ。
羨ましい限り。。

ワンマンと言われようと百沢を活かすプレイをするのが自分たちの仕事と
裏方に徹する角川の他のメンバーたち。

烏野は手も足も出ないように見えますが・・・
「空中戦だけがバレ―じゃない」と大地には気づいたことが。

百沢はコースの打ち分けが出来ない。

つまりはまだバレ―歴が少なくて身体の向きそのままのコースにしか打て
ないということ。
ストレートを捨てクロスのみにしぼれば西谷がカット。

う~~ん、折角ブロックの上から打てるんだったらコースなんていくらでも
あるわけだし、斜めの助走でクロスばかり打つよりはネットに対し正面から
助走に入ればいいのに・・・

っと思ったけど、結局打ち分けができないってことはそれだと正面にしか
打てないってことだよね。。

コースは読まれているとはいえ、足が長かったり短かったりすれば全てが
拾われるわけでもないからなんとか点を取り続ける百沢。

ブロックはボールだけを追えと言われてるようだけど、普通のオープンや
速攻は対処できても、さすがに超人速攻の速さには対応できず。

バレ―って単純だと思っていた百沢が自分よりも遥かに小さい日向に翻弄
されまくっております。
ちょっと舐めてましたな。。

日向の速攻がビシビシ決まると気持ちいいわぁ~~~♪

それに百沢が下がってる間の空中戦にはツッキーが!!
ドシャットかっこエエ!!!O(≧∇≦)O 

カウンターはゾクっとしますよねv

日向の活躍を見てワクワクする小学生たち。
次世代の小さな巨人候補かも。

日向の速攻も1stテンポなのかという質問に鳥飼じぃさんのお答えは・・・

超人速攻はセッターがトスを上げる前に踏切が完了してる状態だから
マイナステンポだと。

1stテンポのシンクロで攻撃でバリエーションを増やす烏野。
角川学園は百沢が一人で点を稼ぎ・・・
疲れているだろうに迫力は増すばかりの百沢。

自分が素人なのはわかっているけど、今は出来ることを精一杯やるのだと
一生懸命さがいいですね。
この人もこれから技術がついてきたら楽しみなプレイヤーです。

まさに怖いのは来年以降。

烏野は止められないのなら受けるとブロックをソフトブロックへ変更。
ワンタッチ狙いということで。

でも、もっと早い段階で切り替えた方がよかったのではと思ってみたり(^^;

何とか繋げて日向へ。
速攻がないのなら勝てると踏んだ百沢の手に打ちあげる日向。
ブロックアウトが綺麗に決まりました!!!ヽ(*´∀`)ノ゚

って、線審どこに立ってるんだよwwwwww
おばちゃんの試合だったらめちゃくちゃ怒られるで(><)

速攻以外で点を取ったことをぶ日向。
うん、うん 空中戦での武器が増えてきたよねv

日向だけではあの身長ではなかなか活躍することなんて難しいけど名セッター
とのコンビが組めたことで身長を克服する技を手にしてますv

そして、飛ちゃんも自分の力を必要とする相方がいることでまた実力が上がって
きてるし、ホントいいコンビですわ。 

条善寺の照島にまれてる潔子さんを助ける日向。
ややこしそうな奴らですが、彼らが次の対戦相手ですね。

試合はやっぱり面白いわ~


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック