アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年01月13日 (水) | 編集 |

原作既読です。

この作品原作が面白いんですよね。
ただ、主人公がリバイバルってタイムリープして時間が遡るって概念が
どうも私にはわかりにくくてwww(^^;

頭が混乱してくるというかwww
ま、その点はあまり考えずそのまま受け入れて読んでるのですが。

若い人たちは平気なんでしょうね~~~
しかし、なぜか旦那はついて行けてるから悔しいwwww

早い段階で犯人の目星も付けてたし。
私はギリギリまでわかりませんでしたわ。

アニメから入ってる人は出来るだけ、細かいところ、特に表情とか出来事
とか注意深く見ておくといいと思います。

でも、なかなか一回じゃ伏線に気づけないと思うんですけどね。
私なんてコミックス読むときはゆっくり時間掛けて落とさないように読んでる
つもりでも笊ですからね(^^;

旦那や子供から「何読んでたん??」って言われること多々。

それでも一応、原作既読なのでこの先、及び犯人も分かっていますが
忘れてるところはアニメで確認していこうかな~っと思います。

大体、悟が漫画家を目指していたのを忘れてましたし、ピザ屋でバイトして
たことも忘れてましたww
私こそアニメでリバイバルですわ。

ということで、感想は書きませんが視聴はして行こうと思います。

取りあえず1話を見た感じでは、最初、色彩が鮮やか過ぎることが気に
なったんですが、これはわざと現在を強調するためだったのかなと。

悟の声はなんか細やんに似てるけど演技が全然違うから新人さんなの
かなと思ったら俳優さんだったようで。

ちょっと平坦な演技というかリアルなのかもですが、新鮮と言えば新鮮だし
棒読みと言えば棒読み。

ただ、このキャラには合ってる気がします。

もうすぐ原作も終わりのようですが、アニメでも最後までやるようですね。
この作品については最後までやらないと意味がないと思うので嬉しいです。

が、1クールで8巻くらいの内容をやるのはかなり尺的にしいですよね。
通常1クール4巻分くらいが原作に忠実に進めるボリュームなので、その倍
の速さで消化していく必要がありますもん。

今回もかなり端折られていたように思います。

母・佐知子が刺されたのを発見するところも確か、途中でリバイバル
起きて、母を助けようとするんだけど出来なくて、それで結局逃げることに
なって過去へ飛ぶって流れだったように思うのですが、随分とあっさり母から
離れて逃げてましたね。

犯人を見たから追い掛けるんだってことだったと思うのですが、普通母親が
眼の前で死んじゃったら、そっちに気を取られてパニックだと思うのに。

そうそう、警察がすぐに来るところには注目ですね。

大家さんは前の日に親子喧嘩をしてるのを聞いていて、それで悟が犯人
だと思う理由があったと思うのですがアニメでは殺害直後に居合わせた
って感じでしたね。

驚いて逃げて行ったってことで。
でも、すぐに警察が来てるので大家さんが警察を呼んだのではなく、他の
人間、つまりは犯人が呼んだ
ってことがわかります。

え?なんでこんなに早く警察来てるの?って思いますもんね。
原作ではこの辺りがもっといろんなことがあって、悟が犯人に違いないって
追い込まれる状況になってるのですが、割とさくっと進んでました。

アイリに助けてもらったり、もうちょっとアイリとの絡みもあったような。。

あの辺はかなり追いつめられた悟がどうなってしまうのか、犯人じゃない
のに犯人に仕立て上げられて理不尽さや憤りを感じて読んでいたのですが
リバイバルがなくなったことでややこしいところが省略されてすっきり簡単に
なって、あっら~~~って感じでした。

で、一気に過去へリバイバル

アニメから入った人にはこの引きはたまりませんよね。
気になって仕方がないというか。

ここまで見せておいて2話って流れは掴みとしていいと思います。

ただ、危険がなくなるまで何回もリバイバルは繰り返されるって描写が
なかったのでリバイバルのややこしさは分かりにくかったと思います。
1回で解決してますもんね。

私としてはこの繰り返しの仕組み事態がよくわからないのでなくてもいい
んですけど(^^;

取りあえず、この作品のざらざらとした不気味な感じは上手く表現されて
いたように思います。

原作未読の方には面白い作品ですのでぜひぜひおススメ
そして原作もおススメww

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック