アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年01月18日 (月) | 編集 |

バレ―においてサーブは最初の攻撃になるわけだから普通はサーブを
とるのに、条善寺はレシーブから。

余程レシーブに自信があるか実力差があるか舐めてないとなかなかない
よね。。

そしてツッキーのメガネ欲しい。

条善寺のプレイは型に嵌って無くて烏野メンバーはびっくり。
「体育で凄い運動能力の高い野球部と試合してるみたい」って菅ちゃんの
感想に納得w

が、日向もスパイダーマンになって負けてないww
うちにも型に嵌らない奴いたってことでwww

レシーブは上がりさえすればどーにでもできると条善寺。
つまりはどんな形からだって攻撃に持っていけるってこと。
これっていことだよね。

2対2の練習に時間をかけてるから誰もが人に頼らず自分から動く。
ま、そのおかげでちょっと周りの動きが把握ができてなかったりで個々に
ぶつかるミスがあるようだけど。

一応、セッターだとかリベロだとか役割はあっても型に嵌らず柔軟なプレイ。
さすがにリベロは制限があるから攻撃には参加できませんけどね。

「全員が全力で本気で遊ぶ」
それが条善寺。
とにかく楽しそう。

これは鳥飼監督の言葉をそのまま体現してるかのようで。
強いチームは勝負ごとで本気で楽しむことができる

飛ちゃんナイスブロックだったけど、顔面だったものだから鼻血。
飛ちゃんが出たことで菅ちゃんイン。
で、日向はアウト。

セッターが変わるとコンビは活かせないからね。
とくに日向は飛ちゃんがいないと速攻は活かせないし、それ以外のプレイは
まだまだだしで・・・
菅ちゃんとたくさん練習時間をとってる成田くんがイン。

シンクロ攻撃菅原版が決まりますv

カッコいいと思った条善寺は早速これにトライ。
いやいやいや、楽しいのはいいんだけど、ちょっとおバカなの???とか
思ってしまうわw

公式戦のしかも代表校を決める試合で楽しむのはいいけど、見よう見まねで
プレイしてみるとかっていくらなんでも舐め過ぎやわwwww

付け焼刃では上手くいかず、これで1セット目を落とす条善寺。

落としたのに明るいのは取り返す自信があるからだろうけど、ちょっと甘く見過ぎ
てる感あるよね~(^^;

「質実剛健」
それが条善寺。
だったけど、今のチームとは合わなくなってる横断幕。

「自由奔放」に変えた方がいいかもだよwww
「自由自在」ってのはいい感じ??

大地のことを上手いけど地味だという照島。
が、大地は「ド派手はプレイは無理だけど、土台は作ってやるから自由に
やれ」と後輩たちに。

さすが!!!
レシーブで支え、ミスをフォローし、同じ自由さを持つチームではあるけれど
自由を支える先輩の力強さが烏野にはあるんだよね!!
頼もしい!!

条善寺にもかつてそんな先輩がいて。。
楽しくないときにどうするのか?

照島たち後輩の自由奔放なところを認め評価していたけれど、決して楽しい
ときばかりではないことを知っていて、その時どうするのか考えさせようと
してたんですよね。

照島は考えなかったようですが。。

そこでマネさんがここぞとばかりにを入れます!
楽しむには勢いだけではダメなのだと。
気合とテンションだけではどうにかならない時、どうするのか?

弱さが露呈した今だから先代キャプテンに代わり苦言。

「遊ぶには遊び場が必要」

楽しくない時も踏ん張って楽しくするための“場”を作れってことですよね。
そのためには楽しくないこともしっかりやること。
基本に忠実にまずは建て直し。

条善寺は監督が替わってチームカラーが随分と変わったようです。
監督が一番型に嵌ってそうなのにね。

それがあんなあの自由奔放な選手たちを生み出したとは。

今回も演出よかったですよね!
心理描写とかここ見せて!って時にしっかりすっきり目立たせてくれてる。
引きこまれます。

次回も楽しみです。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック