アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年01月25日 (月) | 編集 |

なんか割とあっさりと条善寺との試合が終わってしまったような感じ。
原作ではもう少し条善寺が粘っていたというか苦戦したような気がしたん
だけど、こんな感じだったかな???

味方も自分たちがどう攻めるのかわかってないという・・・
これを楽しんでるというのかどうか・・・(^^;
タイムアウト後、調子を取り戻した条善寺。

条善寺マネさんの言葉が届いたようで。

手堅くやりなさいって言ってるんじゃないよ、あなたたちバカじゃないでしょ。
遊ぶことと考えないことはイコールじゃない。

打ってくるかどうかわからない時はブロックに飛ぶ必要ないと言われたけど
ツッキードシャットv
あれは打ってくるわな。

自分の意志で動くこととそれを実行できる技量があってこそ自由に遊べる
上に行けばいくほど、そういう連中が増えてくるなと条善寺監督。

この人一番頭そうなのに柔軟なんだよね。

条善寺はブロックで止められないならレシーブで上げると日向の速攻に
ノ―ブロック対応。
日向のスパイクは軽いからって上げられてしまってますが・・・(^^;
これは日向が悪いよねwww
ちゃんと狙おう。
頭使おう。

頭の中のシュミレーションと現実が一緒になるのは最高と楽しそうな照島。

日向はブロックされるのは嫌だけどスルーされるのはもっと腹立つ・・・
って、そうだろうけどノ―ブロックってことはやりたい放題できるわけよ??
そりゃ空いてる所に打たなアカンで。。

一本は決めたものの、次はオーバーで取られてしまって・・・
いやいや、おばちゃんスパイクならともかく、カットするんじゃなくて普通に
オーバーって・・・
相当いってことか???? (((((゚.゚;)

大地のアドバイスで日向はフェイントというか真下に落としました。
だよね。
ブロックかわす必要もないから落とせばいいわな。

最後は条善寺がまた俄かシンクロ攻撃。
ブロック間に合わずストレートに打たれるけど、落ちたコースに??
ストレートには日向がいたし、ボールはラインと並行に真っすぐ飛んでたはず
なのになぜか落ちたのは日向より内側に・・・

ま、いいかwww

テンション上がってるのに試合は終了。。
照島は悔しがってるようだけど、うん、あれではやっぱり公式戦舐めてるとしか
いえないよね。
せっかく高い身体能力とチーム力があるんだから、1点の重みを考えて失点を
減らせば次回からはもっと実力を発揮できて楽しめる試合運びできるはず。

条善寺の監督はマネさんに総崩れしないで済んだことを感謝。
こういうところも偉ぶってないし好感w
条善寺もこれからまだまだ成長するだろうし「次」を期待。

マネさんも先輩の後を継いで走ってきたけど、今後は後輩へバトンタッチ。
こうして部活はいろんなものががれていくのがいいよな~と。
条善寺マネさんのおちり可愛い。。 ( ´艸`)  

烏野の次の対戦相手は和久谷南。
粘り強くて守備がいいから音駒のようなチーム。

攻撃がすぐに決まらなくても短気を起こすなとハイテンション&単細胞組に
釘をさす鳥飼コーチ。
飛ちゃんも単細胞組だとは思うんだけど他人事の顔だったねwww

和久南主将の中島の家は家族総出の応援ww
赤ちゃん泣いてるんですけどwww

烏野は嶋田さん@まえぬと田中姉の応援v

日向の速攻をみても動揺なしの和久南。
っていっても、最初の速攻は特に速くはないよね(^^;

和久南は烏野とは相性が悪いというか、烏野が苦手とするタイプのようで。
どっしり自分たちのペースを守り、隙を伺いきっちり対処してくる手堅いチーム

ところが、烏野には大地あり!
大地は日向の扱い完璧
そして田中もテンションアゲアゲwww
単純だからこそ、勢いに乗りやすくてw

和久南は身長は高くなくてもコンビネーションが持ち味で常に県の上位にいる
チーム。
それだけでなく、中島の空中戦のスタイルはかつての小さな巨人のよう。

ブロックアウトを取るのが上手くて、ブロックに当てる角度を工夫してるとか。
そうだよね、それほど身長がないアタッカーの場合、コートに決めることよりも
点を取ることを優先した方がいいかも。

日向のスパイクを弾いた選手に次は余裕で取れると声を掛ける中島。
日向は熱くなりけど、大地は半分は挑発だから乗るなと冷静。

そうそう、この手の心理戦というか声掛けは当たり前だからね。

日向を完全に封じるのは不可能と踏んだ和久南はミドルを日向にコミット
コースを限定させレシーブしやすくすることに。

後の二人で残りのスパイカーに対処ってところを旭がぶち抜き!

「うちのエース止めるには鉄壁持って来い」って大地の顔wwww
旭もすっかりもしいエースに!
髭の人とか言われてるけどwww

ツッキーのブロックもいいし、ドヤ顔もいいwww

烏野に流れがやってきて、ここで一気に押し込もうってときに中島は即対応。
自由人ジュラシックパーク育ちの彼は幼い頃から苦労してるから高校のチーム
まとめるくらい容易いことのようでww

前回が「遊び対決」なら今回は「主将対決」。

長いラリーが続き、制した方に流れが来るって時に大地が田中と接触・・・!
起き上がれない大地

主将対決って矢先、烏野大ピンチ!!!!

ひぃ~~~~~~
どうすんの!?

ってところだけど、次回はあの人の出番♪
 


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
うわ〜〜!! もうアニメの方は久しぶりの感想なのに(銀魂の方も、次回からはさらば真選組篇なんですね・・・。 もうあっという間に原作に追いついちゃいましたよね・・・)・・...
2016/01/29(金) 15:16:42 | みやさとの感想文と(時々)感想絵