アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年01月27日 (水) | 編集 |

まぁ賑やかなでしたねwww

戦を目の当たりにし自分の無力さに苛まれるハク。
戦はハクの周りにいた者たちの別の面を見せつけてきて・・・

いつもの平和な生活に戻っても以前のように明るく振る舞うことはできず
すっかり生気を失くしてしまったかのよう・・・

女の子たちはハクを元気づけようと街に連れ出し買い物に付き合わせて
ます。
う~~~ん、でも、こんなことしてハクの苦悩が晴れるとは思えず。

ハクが手にとっていた勾玉を手紙と一緒にプレゼントしたのはいいなと思い
ましたけどね。

中を開けようとしたら「破廉恥」なんてい言うからてっきりイヤラシイ何かがある
のかなと期待したんですが普通にお手紙だったようで。

あの勾玉は何か意味があるのかな。

女の子たちの気遣いではハクを元気にすることはできなかったけれど河へ
付き落としたことでお風呂への伏線!?と思ったら全然違いましたwww

呑んで楽になることもあると男だけの宴会。

みんな浴衣だし風呂入った後でしょうかね。
それなのになんでマロロは化粧してるんだろwwwww
化粧し直したのかwww

Bパートは特にハクが別嬪さんw

マロロはすっかり酔って「愛が欲しい」とキウルに迫ってますが、意外にも
マロロは攻める方だったのかwww

ハクには「お情けが欲しい」とおねだりしてるようにみえたんだけどwww
どっちもイケるクチかw

誰かが死ぬ戦場は嫌だとハクはなかなか割りきれなくて・・・

ウコンは戦慣れしてしまい自分の力のさをわかっていないし、戦場では
戦うことが当たり前のように人を変えてしまうことにもえられないと。

ハクが気になっているのは戦そのものよりも、一方的に蹂躙するような
仮面の力に対してじゃないんでしょうかね。
あそこまでやる必要があるのかとか、制御できないような圧倒的力を持つ
必要があるのかとか。。

それに対しても答えはありませんでしたね。
ウコンでさえ、帝から賜った力であり、自分の大切なモノを守る力であるからと
その強大過ぎる力に対しもう考えることをやめてしまったようで。

ハクの場合は戦に対しなんらかの記憶が封印されていてそれが少し作用
してるようでもありますけどね。

戦う理由が誰かを守るためならそこは踏ん張っていくしかないんじゃない
のかということになり、ウコンに口説かれたような気になるハクだけど仲間を
信じることを受け入れることで元気回復?

そして、アレいくでぇ~っとなり宴は踊りへとwww

どうやらいつもこんなことしてるようですねw
ウコンがハクに指南してるってことはウコンもやってるってことで、それは
つまりオシュトルが・・・
これはいいかもwww d(≧∀≦*)ok!
脳内はオシュトルバージョンでw

「旦那の旦那」が見えて・・・ハク元気になって何よりw

ウコンは脱いだらいつも凄いけど、オシュトルの時と全然違う気がww
ウコンのときは身体もってるの???

あっちもこっちもムッキムキwww
みんな盛大な筋肉だけどマロロのおちりはプルリン

オウギもいつの間にかいでいてキウルを剥きにかかるのが個人的にツボw
「あなたもさっさと脱いで下さい」
これは原作にもあったセリフなのかスタッフのサービスなのか!?

女の子たちが途中で開けちゃいますが、そこは入っちゃあかんところやろ。
好きにさせといてやらなwww

どうせ、もう料理もいらないってwww
お酒だけで十分。
お酒すらいらないかもだよwww

双子ちゃんらは捕まっちゃってますが、どうしてこうなった?
双子ちゃんたちより強い人いるん???

ルルティエはあまりの楽園ぶりに昇天しちゃいましたねw
そこはちゃんと正気を保ってガン見するところだろうにww

ぷらぷらがいっぱいでキウルのが一番可愛いってシノノン・・・
ああ・・・罪深い一言www

とはいえ身体の割合的にキウルは可愛くていいと思うんだけど、これミカヅチ
とかが言われてたら相当いよねw

クオンは全裸の男たちを前にして平然としてたのに突然ハクのだけに反応し
何をしでかしてくれちゃったんだろう。
あの感じではただぷらってただけだろうに凄い音したよねww

そして宴が終わった後は二人きりでしっぽりとv
うん、うん、ホモはこの程度で十分。
ここからの脳内補完が本領だから。

そして次回予告だよ~~~~!!!
キタよ!!
やっとハクのことがいろいろ判明しそう。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック