アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年02月08日 (月) | 編集 |

いや~~縁下くんがんばりましたねv

2セット目を取ったのは和久南。
大地がいなくなって烏野は調子が上がらす、及川くんの予想通りの展開。
こちらも伊達工との試合ですが早速挑発してるよ、大王さまwww

3年だろうが1年だろうが、強い方が勝つ。
もう最後とか学年は関係なくて・・・
非情ではあるけれど、どんなスポーツでもそうですよね。

一人地球滅亡の表情の縁下。
緊張からなかなか身体が動かないけれど、これ以上足を引っ張るわけ
にはいかないと奮起。

でも、日向はそんなことお構いなしに“小さな巨人”のことで頭がいっぱい。
和久南中島のプレイスタイルが一番似てると聞いてやる気MAX!

中島のテクニックには及ばないけれど、ブロックワンタッチからのフォロー
への速さとその後すぐ体勢が整わないままのスパイクへの一連の流れは
い。
日向の反射機動力は誰にも真似できないわ。

ツッキーがスパイク拾われて舌打ちするの貴重。

メンタル凹んでた縁下だけど今の段階で大地と同じことが自分に出来る
わけもなく、向こうのが上ということも承知。
そこで、中島のブロックアウトのボールを深いポジションから自分が拾う
ことを提案。

すっげぇデカいワンタッチボールを壁いっぱいまで取りに行く縁下。
根性見せましたね!
これも凄いことだわさ。

日向に繋がったけど3枚ブロックに付かれ捕まると判断した日向はわざと
ブロックに当て体勢を整えることに。
この日向の冷静な判断にはみんなびっくりwwww

夏の合宿で木兎に教えてもらったリバウンドv
ツッキーは絶対まぐれだと言ってますが、これくらいは日向にもやってもら
わなくてはね。

お客さん状態だった縁下でしたが自分で考え仲間に伝えプレイが上手く
いったことで自信となり、やっとチームに溶け込むことができたようで♪
うん、うん、いいよ、いいよ!

中島は自分が憧れた“烏野10番”をつける日向を強烈に意識。
「まずはお前を倒す」
って力を入れたところでツッキーのドシャット!
これは効くよねv

が、中島も粘る。
今、この場で小さな巨人が誰なのかを知らしめるために。。

でも、烏野だって負けてないよ!
終盤エースにボールを集める指示がやんわり出てるのに飛ちゃんは旭を
温存して「ここは・・・」と縁下へトス。

飛ちゃんコーチからの指示よりも自分を優先wwww
それで決まっちゃうんだもんねwww
鳥飼くんも何も言えんわな。。

お互いサーブをミスったところで烏野マッチポイントで日向が前衛に。
バタつく日向に縁下が声掛け。
すると、日向だけでなく烏野全体が建て直し・・・

主将を欠いた烏野が崩れるのを待ってた和久南はアテが外れたようで。

縁下くん、しっかり大地の穴を埋めてますよね!
いいリズム作ってますv
それだけじゃなくて中島の狙ったブロックアウトをまたも拾って。

かなりしんどい体勢だったのに何とか飛ちゃんに戻って日向の速攻へ。

日向エライ後ろから助走してくるから後衛だったかと思っちゃいましたよww
これが決まって烏野勝利。

次の試合からは大地も出場できるってことでみんなは一安心。
菅さん お願いだから殴らないでぇ~ 負傷者なんだから

縁下は大地に「よかった」と声を掛けてもらうも自分の不甲斐なさを猛反省。
山口くんもリセットだね。

負けた和久南・中島くんは最後のプレイで“見えた”瞬間を感じ「もう一回
やらせてくれよ」と涙。。
高校はこれで最後なんだよね。

でも、バレ―はまだまだ続けられるよ。
社会人になったって出来るよv

さて、次回は烏野の対戦相手が決まる試合ですね。
久々の青城に伊達工。
こちらも楽しみ!



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック