アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年02月12日 (金) | 編集 |

またも感想遅れてます(^^;

凄い展開が続いてます。
ライナーどうなっちゃうの!?ってところだったのですが、今月号では・・・

ハンジさ~~~~~~~ん  (((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

ハンジさん普通の人間だし、あの状況では・・・
もしかしてリヴァイの巨人化アイテムをハンジさんが持っていたとしても
周りにはたくさんの隊員がいたわけですし、一人だけ助かるってのも
どうかと思ってみたり。。

先月号の感想はこちら

予想通りに入ってたベルトルトが猿巨人によって投げ込まれましたが、
ライナーの姿を見て、巨人化するかと思ったら、その逆でした。

ライナーの状態に驚愕し、先にライナーの生死の確認をしましたね。
あのタイミングで巨人化するれば確実に調査兵団の戦力をぐことができ
たにもかかわらず、ライナーにも危害が及ぶのは必至だからけたようで。

ということはベルトルトにとっては作戦の遂行より、やはりライナーの方が
大切だということですよね。

ライナーの名前を叫び樽から飛びだしてくるベルトルトを見ると、この二人
を思わずにはいられません。
アニもいたけれど、ライナーとベルトルトは長いこと使命を果たすために
2人でいろんなことを乗り越えてきたでしょうから。

ベルトルトが確認をするとライナーはきていて・・・!
よくまぁあの状況で生きてるもんだと思いますが、どうやらライナーは全身の
神経網に意識を移すことに成功
したようで・・・
巨人の身体とも同期したような感じで繋がってるってことですかね。

で、神経網を通じ巨人の脳を利用すれば記憶も失わずにすむようです。
なるほど。

これは最後の手段のようですが・・・
ここまでしてしまうと、もう人間の身体には戻れなくて、巨人の身体が自分の
本体みたいになるってことですかね。

ラストの方でライナーの顔とか脳が再生されてるようでしたけど、もう巨人と
一体化してるような・・・
脳が剥き出しですもんね(><)

なので今度、巨人の頭を吹き飛ばされたら再生はできず、おそらく死を
迎えることになるのではないかと。。
だから最後の手段なのかなと。

ベルトルトはライナーにできるなら少しだけ身体を動かすように頼みます。
自分が巨人化した時にライナーに危害が及ばないようにってことでしょうね。
後でライナーは仰向けになってますから、鎧の部分で爆風を防いでくれと
いうことだったのだと。

「できなかったら・・・すまない 覚悟を決めてくれ」

これはどういうことでしょう?
人間の身体の方に損傷がいくと意識のコントロールが効かなくなるってこと
でしょうかね。

脳に記憶は移せても、意識はライナーの身体の神経網にあるってことなの
かなと思うのですが。

アルミンは本当に時間稼ぎなのか交渉するつもりなのかわかりませんが
ベルトルトに話をしようと持ちかけます。

が、ベルトルトは自分たちの要求はエレンの引き渡し壁中人類の死滅
二つだけだときっぱり。

アルミンは落ちつき払ったベルトルトに対しアニのことを持ち出し、動揺を
誘おうとしますが、ベルトルトは全く隙を見せず。。

それどころか逆にアルミンの思惑を指摘してみせます。
本命は時間稼ぎだと。
震えるアルミンをみてベルトルトは冷静。
「ぼくにはわかる。そうやって震えてるうちは何もできやしないって」

ベルトルトがアルミンの策が見えているのに話に乗った理由は自分のことを
“確認したかった”から。
元仲間たちを前にしてまた自分が以前のようなことになるんじゃないかと。

でも、今回は大丈夫だと・・・。
「君たちは大切な仲間だしちゃんと殺そうと思ってる」

これは以前、マルコをちゃんと殺せず巨人の犠牲にしてしまったことを繰り
返さないってことでしょうかね。
“ちゃんと殺す”ってのが気になるところです。

ベルトルトは君たちは誰も悪くないし悪魔なんかじゃないと言いますが
「全員死ななきゃいけない もうダメなんだ」と。

この言葉にも何か意味があると思うのですが、ミカサが斬りかかってきて。
ベルトルトは避けるも右耳を削がれ・・・

二人から離れるベルトルトをいつ巨人化するかわからないから追うなと
ミカサ。
2人にはベルトルトが別人に見えたようです。

うん、ベルトルトが冷静でビックリ。
彼自身もすごく変な気分だと・・・
恐怖もあまり感じないし、どんな結果になっても受け入れられる気がすると。

「誰も悪くなくて全部仕方がなかった」と思うベルトルト。
だって世界はこんなにも残酷じゃないか。

ここでこのセリフがくるか・・・
鎧の巨人は仰向けになっていてトドメを刺そうとした調査兵団は何もできず。
そして、ベルトルトは空中に飛び上がり・・・・

閃光とともに超大型巨人化。
爆風が辺り一面を襲い・・・

ジャン、コニ―、サシャは巨人化したエレンに守られ、ミカサ、アルミンも無事。
が、ハンジ班はベルトルトの近くにいて・・・

「・・・まさか 生き残ったのは・・・俺たちだけか・・・?」とジャン。

再生中のライナーの顔が泣いているようにも見え・・・

離れたところにいたエルヴィン、リヴァイは無事でしたが・・・
ハンジさんたちはどうなったのか!?
あの巨人化アイテムはどこかで使われることになるのか!?

うわぁ・・・これは次号が気になる(><)

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【楽天ブックスならいつでも送料無料】別冊少年マガジン2016年03月号[雑誌]価格:540円(税込、送料込)「アルスラーン戦記」第三十二章「戦士の帰還」「決心がついたか…万騎長サーム...
2016/02/12(金) 06:09:48 | 日々“是”精進!
こちらも急ぎ足ですが 先に進もうと思います!●進撃の巨人お話の知識が無いなりに 今回驚いたのが・・・巨人と化したライナーが 全身の神経網に自分の意識を移した、と。これは...
2016/02/14(日) 21:55:28 | みやさとの感想文と(時々)感想絵