アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年02月14日 (日) | 編集 |

あらら・・・まさかの展開。
鈴が記憶喪失になるとは。

余裕ブっこいてた津軽にはいい気味だと思うのですが、春時にはどうなん
だろ???

これまでの感想はこちら

明治メランコリア(6)

明治メランコリア(6)
著者:リカチ
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

津軽と両想いになったあの仏蘭西での出来事から2年、鈴は
17歳となっていた。
津軽と交わした約束を日本で待っていた鈴だったが、鈴のもとを
訪れたのは、鈴の祖父を名乗る秋山篤治郎だった。
篤治郎は秋山の血を引く鈴に対し、婿を取り跡継ぎを産めと言い
放つ。
突然の暴言に唖然とする鈴。
そして、鈴の前に婿候補が現れて!?

やっと日本に帰ってきたのはありがたいですが、なんかここのところずっと
人物とかキャラを動かすことで物語を作るのではなくて設定で動かしてる
ようでちょっと飽食気味。

若いお嬢さん方はこういうのが好みなのかしらん。
うちの若いお嬢さんは全くこの手の作品には興味を示さないけど(^^;
私とは好みのタイプが全然違うからな。

私は黒髪の美形に弱いけどw

元々鈴の父親は誰かって話だったから、まぁ権力者が名乗りを上げてくる
のは想定内ですけど、まさかの記憶喪失ww

まぁ津軽にはいいお灸になるでしょうけどね。
これまで鈴の気持ちに胡坐をかいていたのが一切効かなくなり、一から
関係を築かなくてはいけないから。

でも、これでまた津軽に取られたら春時の喪失感を思うと今から辛いけど。

津軽がひなに嵌められたのではなく、津軽がひなと愛染を嵌めたのは爽快
でした。

ひなは愛染なんかと係わったばっかりになんか幸薄い娘になったような。
凄く魅力的なんだろうけど愛染にとってひなはいかほど?

鈴の素性を利用するのはともかくとして、自分が婿になる可能性もあるとか
ビックリ。

離婚してるから問題ないといえばそうだけど、ここはひとつ鈴にピシッと決め
て欲しいものです。
が、肝心な鈴が記憶喪失ではね・・・(^^;

取りあえず、時間稼ぎのために平賀と婚約したものの、それすら覚えてない
んだろうし、自分の素性がわかっても???ってとこだろうし。

ややこしかった人間関係がますますややこしくなって。
どうすんの!?って感じですwww

今回、一番イラッときたのは春時に向けられた津軽の言葉ですね。

春時は鈴が16なるのをずっと待っていたけど鈴の気持ちが津軽があるのは
もう変えられないとわかっているようで。
鈴の性格を考えても寂しいからと春時に乗り換えるような娘ではないし。

津軽と一緒になる鈴の近くいるのは辛いだろうから家を出るつもりで。

そんな春時に対し津軽は「結構覚悟してたのに何も変わらなかったんだね」
なんとも軽々しく・・・
鈴との関係が今も兄と妹のままであることをまるで呆れてるような態度。
手を出さなかったなんてびっくりだよって言ってるようなもので。

しかも「君は情が深いから 私と違って・・・」

って春時の気持ちを逆なでするような言葉まで。
鈴を思うあまり、自分の気持ちを優先することができなかったんだねって意味
ですもんね。

そりゃ春時もイラッとするわ!
大切で何が悪い!!ってね。
鈴の気持ちを優先したことを寄りに寄って津軽に・・・

津軽としては春時のことも好きだからもし、春時なら鈴を取られても仕方ない
と思ってたってことなんでしょうけど。

それだと今度は鈴の気持ちを甘くみてるというか。。

春時にしてみたらこれほど腹立だしいことはないでしょう。
鈴は津軽のことが好きだから強引に自分のものにしたところで鈴の気持ちが
自分に向かない
ことがわかってるからそうはしなかったのに、肝心の津軽が
春時よりも鈴に対し情がないようなことを言い出すし。。

せめて自分と同じくらい鈴に対して愛情を示せば春時も納得できたろうに。

春時の気持ちを逆なでするようなことはホント勘弁して欲しいわ。
今回ばかりは津軽がより一層男前になって帰って来ててもプンすか

少女マンガだし最後は鈴と津軽が一緒になるのは変えられない設定だとしても
今回ばかりは鈴に春時を選んで欲しいマジ思った。

それと鈴も「津軽が好きだけど春時も大切だから傍にいて欲しい」なんてのは
虫が良すぎるというか、春時の気持ちに全く想いが至ってなくてがっくり。
津軽と一緒にいる鈴をみることがどれだけ春時にとって辛いことか。

鈴が春時を大切に思って幸せでいて欲しいと願うことはいいんだけど、春時の
幸せが何であるのか本気で考えてよ~~~

春時は鈴の幸せを願ってるからこそ鈴の気持ちを尊重して自らが身を引こうと
思ってるってのに、まるで拷問だよ?
嫁に欲しいと焦がれた娘が他の男の元に嫁いで幸せそうにしてるのを間近で
見てろなんて。。

ひながどちらかを選ばなくてはいけないと鈴にいうのも正論だわ。
どちらもなんて欲張りってもんで。

春時が一人で生きる強さを持って鈴の幸せだけを心から願うことができれば
ありかもだけど、今の春時にはそれを強いることはできへんわ。
できれば春時は私が貰い受けたい!

記憶喪失になって一から関係を築くっていっても最初こそ津軽を拒否ってもまた
結局は津軽を選ぶんでしょうね鈴は。

ああ・・・どうしたら春時が幸せになれるんだろう。。

次巻では津軽がいつものようにポーズを作っていては記憶喪失の鈴には届かず
自分の気持ちに正直にならない限り上手くいかないってことでちょっとイイ気味
かもです。

逆に春時は株を上げるのかな。。

でも、それが最終的にはひっくり返されるのはい・・・
春時にぬか喜びはさせないで。

これ以上春時の苦しむ顔は見たくないし。
好きだけど。
出会う順が逆だったらって願った春時の気持ちまでも打ち砕かれてしまうとかは
勘弁。。

春時を幸せにしてください!!!!

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック