アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年02月22日 (月) | 編集 |

さぁ、因縁の青葉城西との試合ですv

転がったボールを巡って闘争心むき出しとなる大王さまと飛ちゃん
実力十分なのにホント子供っぽくて可愛い二人だよwwww

青城メンバーのちょっかいから仁花ちゃんを守る潔子さんを守る田中ww
ちゃんと公式練習しろよ、お互いにwww

いよいよ試合開始。
ちょっとビビってるっぽい表情の飛ちゃんに「この試合、勝つのは俺たちだ」
日向のもしい一言。

油断すれば喰われるからってことで初っ端から飛ばす宣言をする及川。
烏野の実力をちゃんと認めてるってことで。

「信じてるぞキャプテン!」
おお~~~チームメイトからの信頼厚いね♪ってところなのに、みんなが
信じてるのは大王さまのサーブwww

大王さまの大砲のようなサーブで始まり、流れを持っていかれないように
したいところで旭がサーブをカット。
ホント腕折れそうだよね(^^;

飛ちゃんがトスを上げられなくともリベロ西谷が上げ、旭のバックアタックが
決まり新生烏野お披露目v

いいよ、いいよ♪
飛ちゃんのサーブはいいところを狙うもアウト。
でも、すぐに田中が決めて烏野は青城と互角にやり合って・・・。

やっぱり試合はいいですね~~
ワクワクします♪

前回、日向の速攻がドシャットを喰らって負けたものだから、早く日向に
一本決めて欲しいと願う保護者席。

地味だし、一人テンション上がってないけどツッキーがブロックとフォローで
いい仕事してます!!

力が入り過ぎて一本目の速攻はブロックにまる日向。
すかさず飛ちゃん日向をり上げてwww
落ち着かせるつもりのようですが、飛ちゃんも力入ってるww

もう1回!
みんなが待ち望んだところで日向の速攻が決まりますv
今度は冷静にブロックをかわしました!
一枚だもの、ここは頑張らねば。

これでスタートライン。

日向が決めたことで前回の敗北感を完全に払拭しましたね。
ここからは新生烏野を出していくだけ。

青城の方は「焦らずじっくり攻撃していこう」と大王さま。

ギャラリーは烏野の躍進に興味津々。

日向の攻撃に対してはまたもレシーブだけの対応を取る青城。
ノ―ブロックの日向はコースをって決めますv
まぐれではなく日向が打ち分けできるようになったと判断した青城はすぐに
日向のブロードにはコースを絞らせるブロックで対応。

でも、男子は足の長いの短いのあるからコース入ったからといって簡単に
上げられるもんでもないけどね。
やっぱりレシーブ力ないと。

またも大王さまにサーブが回ってきて、また1段と威力を増した殺人サーブが
烏野をいます(><)
なんか横から打ってるみたいでびっくりな上にボールが潰れててまたビックリw

が、この超殺人サーブはアウト。

西谷も旭も動けず・・・って感じでしたが西谷はこれを上げたいと闘志燃やして
おりますv
リベロの血が騒ぐようで。。

烏野ラッキーで先にセットポイント。
烏野サーブは飛ちゃん。
「6人で強い方が強い」

さっきの大王さまのサーブを見て飛ちゃんも力が入るも冷静に。
いいサーブが入ったけど上げられて青城の攻撃が決まり24-23。

「恐れている暇はない、勝負に出なくてはね。」
ここで青城監督が動きました。

狂犬くんこと京谷の投入。
ここでですか!?っと驚きを隠せない大王さま。
だよね。。

早速、金田一に上げられたトスをうようにして打つ狂犬くん。
決まったからいいようなものの、青城は見事に噛み合っていた歯車を自ら
狂わせてきて・・・

武ちゃんは途端、得体の知れないものになったと感じます。
なかなか敏感ww

烏野は安定感抜群だった青城が「何をしでかすかわからない青城」となったこと
で狂犬くんに注目せざるを得なくなるわけですが・・・

青城先輩たちも同様に味方をも翻弄する狂犬くん対応を迫られるわけでwww
狂犬くんの投入はと出るかと出るか・・・

面白くなってきましたね。

ここからが長いのですわwwww


 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こちらも見れずにいたアニメのハイキュー!!ですが。対青葉城西戦、始まってしまいました。思うのですが、ハイキュー!!のセカンドシーズン、3月まで・・・かな?だとしたら あと4週く...
2016/02/26(金) 16:02:31 | みやさとの感想文と(時々)感想絵