アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年03月14日 (月) | 編集 |

白熱した試合が続いてますv

「お前たちは強いよ」
青城の監督。

いつか倒さなければならない敵を宿敵というのなら青葉城西は宿敵
「勝つのは君たちです」
烏野武ちゃん。

そして烏野主将の力強い一声。
「俺たちはこのチームで超えて行く」

3セット目、及川くんのサーブは脅威
狂犬ちゃんも止まらず。

高い実力が拮抗してる時、バランスを崩した方が致命傷を負う。

旭のジャンプサーブも負けてないですよね。
でも、やっぱり及川くんのサーブは安定して強烈

狂犬くんと田中はメンチ切り合って威嚇し合って個人的にやり合ってる
ところをツッキーがクールに対処ww

田中の習性と狂犬くんの性格を上手く読んでのブロックチェンジ。
田中はストレート側にいると思っていた狂犬くんがストレートをって
きたところでツッキーがドシャット!!

これは気持ちいいだろうな。
俺なら止められるってつもりがあるからチェンジしたんだろうし。

でも、なぜかツッキーのサーブはリベロへ。。(^^;
リベロと勝負するようなサーブじゃないんだから、もうちょっとコースを
突いて行くべきでは・・・

ツッキーを狙った狂犬くんのスパイクはアウト。
狂犬くんをったのは田中だけど上手いこと利用したのはツッキー。
こういうイヤラシイ手は大好きwww

盤石に見えた青城にびが・・・
って狂犬くんは元々綻びみたいな存在やけどww

部に溶け込めない狂犬くんは他チームの練習に参加してて・・・
チームには溶け込めないけれどバレ―はやりたかったんですね。

世界レベルの試合を見てれたのが狂犬くんとバレ―の出会い。

頭に血が昇ってる狂犬くんを青城ベンチは一旦下げます。
っと矢巾くんは「時間がないから早く復活しろ」ときっつい一言。

勝ちに必要だから選ばれたんだからそれ相当の働きをしろ。
でも、それは建て前で本音は・・・

先輩の晴れ舞台に泥を塗って絶対に許さないからな!!

先輩たちがどれだけの想いを試合にぶつけてるかを知っている者としては
狂犬くんの気まぐれのような態度は腹立つでしょうね。

そうは言っても狂犬くんに力があることもめてて。
声がかけにくくて放っておかれることの多い狂犬くんに敢えて叱咤激励する
矢巾くん。

コートにいる限り失点も得点もチームのもの。
「頼むから力貸してくれよ!」

冷静になった狂犬くんは再びコートへ。

中学時代もチームメイトとコミュニケーション取れなくて上手くやれなかった
狂犬くん。
だけど、今は及川くんが“使える者は使う”とばかりに容赦なくトスを上げて
きて・・・
その信頼はドSではあるけれど、狂犬くんにとってその信頼は嬉しくて。。

他チームで練習してるときに言われた言葉。

チームは頼もしく煩わしく力強い。
味方であり時に重圧。
それと向き合うこともしないでバレ―やってるつもりか。

チームを意識した狂犬くんがありったけの力を込めてスパイク。

自分がチームを向き、チームも自分に向くことが出来た時、チームも
自分も強くなれる。
そんなチームはどこにでもあるもんじゃないからラッキーだと思え。

狂犬くんがやっと自分一人の戦いからチームを向くことができるように
なったようで・・・
それは狂犬くんがチームに溶け込んだ瞬間でもあり。。
及川くんの功績

及川くんの力はやっぱりいと今更ながら感心する菅ちゃん。
でも、烏野だってチーム力では負けてない!!

ダイレクトを決めた旭はさすがという西谷に「ありがとうございます」ってww
どっちが先輩だよぉwwwww
決して悪いことでもないんだけどね♪

嶋田は日向のスパイクはコースを読まれたら拾われるとその軽さを危惧
日向の良さを生かし切れてないのは飛ちゃんの使い方が今ひとつってこと
でもあるよね。

金田一のブロードをやかに決めさせる及川くん。
金田一とは最初合わなかったけれど、それは及川くんが彼の打点はもっと
先だと要求してたから。

それがハマった時、見事なブロード完成。
うん、やっぱり及川くんのアタッカーの力を引き出す能力は素晴らしい。

チームとチームの総力戦。
青城の底力を上げているのは及川くん。

が、烏野もこっから!!
「大王さまはもちろん凄いけれど、俺がいればお前は最強だ」と日向。
「拾われ捲りが何を言ってる」って飛ちゃんですが(^^;

う~~ん、飛ちゃんも大王様に自分は勝てないって思ってるんだろうけど
ここは日向を使いこなそう!!

張り切る日向はちょっと前に飛びすぎて・・・
飛ちゃんはそれに合わせトス。

っとネット上のトスを日向は咄嗟に真下へ。
だよね。

前がら空きだもんね。
日向にはブロックないし、みんなスパイクを拾う気満々なんだから・・・
じゃ落とせってことで。

力いっぱい打っても落としても一点は一点!!

さぁ日向の活躍はここから♪
青城戦クライマックス突入だよね。
ずっとクライマックスって感じだけどwww


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック