アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年03月31日 (木) | 編集 |

あっらぁ・・・・やっぱりオシュトルダメでしたか(><)

っていうか、ハクとオシュトルがそっくりってことからどこかで二人は入れ
替わるとは思ってましたけどね。。
でも、せいぜいオシュトルからハクに「お前の方が相応しい」とか言い出す
とか、他の役割があって帝都を抜けなくてはならないけど空けるわけには
いかないから入れ替わっとく、とかそんな感じだと思ってたんですよ。

まさか、最後にくるとは・・・
しかも、オシュトルが消えてしまってその代わりって・・・
びぇ~~~~~~ん

ネコネも辛いだろうけど、オシュトルの意志を継ぐ覚悟をしたハクもここ
から先は自分の思いでは生きられなくなるってことだし重い話になっちゃ
いました。

元々「うたわれ」は軽くはないんだけど・・・
ずっとハクはお気楽にやってたから不意を突かれたと言うか・・・

クオンはハクだと理解した上で離れていったのかもと思ったんですが
あの感じだとわかってないのかなと思ってみたり。。

ハクとの思い出を辿ってましたもんね。。
クオンはハクのことが好きだったんですね。

ハクのいなくなったヤマトにはいる必要がないから自国へ帰っていくって
ことのようで。

でも、ちょっと考えたらオシュトルやネコネがハクを見殺しにしてのこのこ
やってくるなんてないとわかりそうなんだけど。

ハクが生きてるからこそ、ハク自身だからこそ「ハクは死んだ」って言える
んだと思うんだけど。

「偽りの仮面」ってのはハクオロを本物としたら似せて作った紛い物って
意味だと思ってたんですが、嘘ってことの偽りって意味だったんですね。

なるほどと思いましたわ。
両方意味してるのかもですけど。

最初、ハクがオシュトルに入れ替わったのはわかりましたが、瞳の色
オシュトルだったし、どゆこと??って思ったらウルサラちゃんの力でした。

クオンが「答えよ、オシュトル!!」って詰め寄った時、これはバレるっ
て思ったのにクオンがわかってない風だったのはこの力によるものだった
ってことのようで。

これまでオシュトルにそんな口の利き方をしたことなかったのにそれほど
クオンは動揺したってことかな。

よく、ハクは我慢しましたよね。
完全にオシュトルに成り切ることで諸々の想いを断ったというか。。

オシュトルがハクに仮面を渡した時、本来なら帝に認められていない者
なのに仮面を付けることは可能なのかしらん??って危惧したんですが
どうやら問題なさそうで・・・

あの怪獣化する力とかアクルトゥルカとしての力も譲渡されたってことに
なるんでしょうかね。

オシュトルが消えてしまうところは胸が痛かったです(><)
いくらアクルトゥルカの定めとオシュトル自身が覚悟してたとはいえ・・・
オシュトルにはずっとこの先もいて欲しかった・・・

イケメンには残って欲しかった。。

ネコネの幸せとハクのことを頼んで逝ってしまうとは
辛すぎますよ。
オシュトルに託された思いを継いで生きて行くことにしたハクですが
あんなオシュトルの笑顔を見てしまったら、逃げることはできないです
もんね。
これでハクとネコネは一蓮托生。

こっそりお墓を作って弔っているのも切ない・・・。
ハクがオシュトルに掛けていた言葉はオシュトルが以前亡くなった者へ
手向けた言葉でしたね。

最終話、これまでの話を思い出させるシーンが多くホロり・・・です。

クオンは大事な鉄扇を落としても気づかなかった程、ハクを失ったショック
は大きかったのでしょう。
クオンはそんなにハクのことが好きだったのなら、もっと早くに気づけば
良かったのにと思いますが、失って初めて分かったってところですかね。

あの鉄扇は今後、どんな使われ方をするのでしょう。
使い方とかでオシュトルがハクだと見抜くことになったりして。

帝都ではどんよりムードが続いてるようですが、それでもライコウを中心に
落ち着きつつあるようで。

そしてムネチカさんも生きてましたね!
やっぱり!
軟禁状態ですかね。

ヤクワルトさんも合流してたし良かった。

ハクはオシュトルとして民の前に立ち、オシュトルとしてヤマト再建のために
戦うことを宣言。
ちゃんと喋れるのかと思ったら全然問題なかったですね。

ハクは有能のようです。
あんまりその力が発揮されてるのを見てませんけどwwww

帝都での仕事をするわけじゃないから他の人には別人であることは気づかれ
なさそうです。
声全然違うのに(^^;

ああ・・・ハクもオシュトルに入れ替わる時はホクロも付けて欲しい。。
仮面で見えないけど。
目元のホクロ最強アイテム!!

それにしてもあんなちゃらんぽらんで登場したハクがラストこんな宣言を
しちゃうまでになるとは・・・
ハクの成長物語だったのね・・・と。

もう少しハクの有能さを披露する機会が欲しかったと思いますけど。

それにしてもハクを失ったクオンのしみが痛い・・・
せめてクオンには言ってあげて欲しかったと思いますがそうなると次の話に
繋がらなくなっちゃうんでしょうかね。

クオンはトゥスクルに戻ってヤマトと戦うことになるんでしょうか。
それっぽい感じですけど。

途中遊んでばかりのように思えた「偽りの仮面」でしたが、最後まで見たら
やっぱり面白かった!

ま、遊び加減も楽しめましたけど、ルルティエの腐女子っぷりはちょっと
振り過ぎてたようなwww(^^;

あのどうでもよさ気な日常回はもう少しタイトにまとめて戦闘から後の話を
じっくり見せてもらえると私としてはより満足できた気もしますが。
最後の方がちょっと懸け足っぽく感じたので。

それでも最後まで面白かったです。

あんなちゃらんぽらんが主人公で大丈夫なんだろうかとハラハラして見始
めた本作でしたが、これで続編が楽しみですわ。

ゲームはしないからアニメ化されるまで大人しく待ってます!!
本当は時間さえあれば前作からプレイしたいんですけどね!
 

 




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック