アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年04月03日 (日) | 編集 |

今回は猛男にとって砂がどういう存在であるのか改めて気づく回でしたねv
うん、うん、猛男にとって砂は一生モノだからね。
大事にしなくてはね。
ある意味、嫁になる人間よりずっと大事!!

これまでの感想はこちら

俺物語!!(11)

俺物語!!(11)
著者:アルコ
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

猛男が大和に手を出すとか出さないとかは全く私にとってどうでもいいこと
なので感想は割愛。
修学旅行も楽しんでね~~くらいしか興味なしwwww

ただただ、大和を意識すればするほど砂を見て冷静さを保とうとするとこ
だけはしかったわwwww
近いんだもん猛男ww

砂にフーフー (*´д`)言ってたり、抱きせたり、砂を腕をったりwww
これは大和より、よっぽど近いよねwwww ( 〃▽〃)

砂からいいニオイがするってことにも気づいたようでwwww(〃∇〃v)

大和との自由行動で遅刻してしまった猛男を待ってる砂。
もう、保護者通り越してるよね。
猛男のことは何でもわかってるって感じ。

砂の方も猛男の存在デカイ♪

二人で札幌ラーメン食べてるとこなんて熟年夫婦みたいだよ~~
一生二人で暮らして欲しい。

修学旅行の後は、大和はいつも猛男に守ってもらってばかりだから
自分も強くなりたいと受け身を猛男から習うことに。
それ身につけてどうよ?!ってとこですが、それより真希ちゃんだよ!

生まれながらの天性の才能で受け身取れてるwwwww
これが剛田家のDNA!!
砂も驚くほどの身のこなし!

ああ・・・砂は真希ちゃんを見守りながら真希ちゃんのこと好きになって
いくといいな。。
真希ちゃんは絶対、将来砂を好きになると思うwww

あんなイケメンに惚れないわけないわ。
で、砂も猛男が理想なら真希ちゃんイケるってv

それで猛男と大和と砂と真希ちゃんで上手くやればいいって♪
大和も猛男が理想なら真希ちゃんのことも大好きになるだろうし、将来
4人で生活うるのもありかな。

取りあえず、もし砂がお嫁さんをもらうなら真希ちゃんで!!
それ以外は却下!!
私の理想としては砂が猛男のお嫁さんになって欲しいんだけどwwww

そして、今回現れた転校生。
砂の友達になりたいってより、砂を友達として横に置いておくことで利用
したいって感じのイケメンなんだけど、なんで砂は誘われて一緒にいる
のか不思議。。

もしかしたら砂は、いつも猛男と一緒にいるから猛男がいつまでも砂を
頼ってしまうし、ちょっと猛男以外にも付き合える友達居た方がいいの
かなーとか思ってあのイケメンに付き合ってるのか??

砂は気に入らなければあっさりるタイプだから、イケメンがいくら
プッシュしてきても乗らないと思うんだよね。
もしかしたら女子に対しては下心が見え見えだから相手にしないけど
男友達だと真意を量りかねてちょっと様子見ってとこなのかな。

とにかく砂がイケメンと一緒にいるってことになんらかの理由がなければ
納得できない。

猛男が一緒に付いて行こうとするのを断るとかあり得ないもんね。

猛男は猛男で砂に断られたことにショックを受けてて・・・。
これは非常にいい傾向です。

砂に新しい友達ができたのだったらそれはそれで砂の世界があるん
だし、理解を示さねばと思いながらもしく感じる猛男v

砂の隣は自分と当然のように思ってきたところに自分の知らない
奴が入って来たことに対する嫉妬www
いいよ~~~~猛男wwww

もっと嫉妬しろwwww

大和も砂と猛男のことに関しては理解があってよろしいwwww

で、ゆきかちゃんが久しぶりに登場。
イケメン転校生が砂に付きまとっているのを何とかしてくれと猛男にw
あんたも砂をストーカーしてるんだけどねwww

だが、今回はいい仕事してるv

イケメン転校生を「顔と髪型だけ整ってる転校生」と表現するあたりも
完璧ですd(≧∀≦*)ok!

砂はそうじゃないっていいたいんだよね!
わかるよ、ゆきかちゃん!!

転校生は裏表あって感じ悪くて友達を利用してるような言い方をすると
猛男に報告。

砂が利用されてるとあっちゃー放っておけないってことでついに猛男、
きましたwwww

いいぞ、猛男!!!!
砂をい返せ!!!!!

次巻、猛男の活躍に期待!!

私としては今回の表紙の眠っている姫は砂であって欲しかった。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック