アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年04月06日 (水) | 編集 |

これまでのように苦戦しつつも門真選手に一矢報いるような展開に
なるのかと思ったら完敗でしたね。

これまでの感想はこちら

ベイビーステップ(39)

ベイビーステップ(39)
著者:勝木光
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

出場選手4人中3人が18歳という異例事態のなか始まった
全日本選手権本戦準決勝!
池vs.難波江の同世代頂上決戦に対し、エーちゃんの対戦相手は
日本テニス界の大黒柱・門馬歩夢!
技術、体力、戦略‥‥全てが上回る門馬に今までの攻撃が通じず
エーちゃん早くもピンチ!?

エ―ちゃんなりにいろいろと考えて対策を練るもことごとく門真に返され
逆に攻撃され・・・
ほとんど一方的に試合が進んで・・・

これまでエ―ちゃんは何度もピンチな状況に立たされてきてましたが、
それでも打開策を試合の中で見つけてきたわけですが、今回ばかりは
何ともならないようで(><)

自分らしいテニスが全くできないと言うかさせてもらえないエ―ちゃん。
粘りに粘ってメンタルだけは負けないように食らいつくも1セット目は
6-0。

ありゃりゃ。
エ―ちゃんが1ゲームも取れないって最近なかったですよね。
ビックリだわ。

1セット目は模索して2セット目で挽回するんだろうと思ったけど、それも
叶わず。

2セット目も一方的な試合で、しかも1セット目終わってからいきなり5-0
まで進んでるしww

おいおい、いつもはその間が長いのにどうした????

ってことは今回の試合はけるってことね。
しかも1セット目からそれほど試合内容が変わってないってことはそれが
今後の成長に繋がるになるってことなのねと。

終盤なんとか自分らしいテニスをして1ゲームキープしたものの、結局
ストレート負け。

どうすれば勝てたかのイメージすら掴めず完敗。

門真は元々エ―ちゃんの力を試してみたいと思っていただけで、負ける
とか追い詰められるなんてく思ってないですよね。
エ―ちゃんの実力は今はそういうレベルってことで。

これが何年かしたら覆されるってことなんでしょうね。
そのための布石の試合だったのだと。

タクマのときもそうでしたし。

エ―ちゃんとプレイしてみて門真もいろいろ納得できたようです。
ってことで、一応、エ―ちゃんは門真のお目に適ったよう・・・。

結果は惨敗だけど、門真が見たかったのはエ―ちゃんの可能性ですもん
ね。
それを見せることができたことでエ―ちゃんはナショナルチーム候補生
となることができましたv

池くんといい試合をした難波江くんは一つ抜きん出てBチームに招集。
うん、それだけの実力が既に彼にはありますもんね。

エ―ちゃんは確かにラッキーでベスト4に残ったところもあるから。
これからの頑張り次第ということのようです。

現代表と公式戦で直接勝つか公式戦で現代表以上の戦績をあげること
がナショナルチーム入りの条件のようです。

これは楽しみになってきましたね!!
プロへの道が着々と繋がっていってます。

池くんと門真選手の決勝戦は・・・
フルセットの末、池くんの勝利。

おお~~!!

ついに若手が門真選手の5連覇を阻止することに!
世代交代の始まりのようですね。
浅野さんも現役引退でコーチになって若手育成にシフトですからね。

エ―ちゃんは門真選手との試合と決勝戦からげずに自分らしく
戦う」
ということがどういうことかを学んだようです。

エ―ちゃんはまずオーストラリアでの試合に出てみることにしますが
交通費や宿泊費やら問題山積。

そこで自分からスポンサーを探し売り込むことに。
サプリメントの会社の代表相手にプレゼンを行い交渉。
そして、最低限の遠征費を出してもらえることになりました!

エ―ちゃんのこういうとこいよね。

積極性もそうだけど、緊張はすれども物怖じしないというか、日本人
らしくないわwww
いいところだよ。
こういうところがあるから短期間で驚異的な伸びをみせたのかも。

これからプロになって世界で活躍していくには交渉力は必要になって
くるだろうし、一歩引いててはチャンスは掴めないですからね。

さぁこれからどんな活躍をしていくか、ますます楽しみです。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック