アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年04月07日 (木) | 編集 |

面白い!
こういうのき!!

イケメン賢い男が好物の私としては化け物レベルで人を騙し欺くこと
男がゴロゴロ出てくるってだけでちたwwww

その上、賢い男たちが豪華声優陣とあっては・・・嵌らないはずがない!
っと1話見て思いましたです。

ただね、全然名前と顔が覚えられないwww
声の聴き分けはできるんだけど、顔と名前が一致しなくてwww
これはなかなか難易度が高いなとww

一応、スパイといえど、髪型やスーツの色は一定にしてくると思うので
(そこを変えられたら完全にアウトというか、声だけが頼りになるよねw)
一生懸命覚えていくしかないですわ。

今回で三好だけは覚えた!

昭和12年秋、陸軍内部の強い反対の中、結城中佐によってスパイ養成を
目的とするD機関が秘密裏に設立された。
参謀本部から監視の密命を受け、D機関に赴いた佐久間中尉が目にした
のは超人的な選抜試験を平然とくぐり抜けた若者たちだった。

今回はこのストーリー設定とキャラの紹介ってだけでしたけど、D機関が
軍にとってどんな扱いになっているのかとか、結城中佐の人となりとか
考え方とかスパイ養成学校の若者たちがどれだけ凄いかってのが理解
できたのでいい掴みだったと思います♪

佐久間は陸軍兵代表みたいな人物だし、D機関の若者たちとの対比
面白いです。

陸軍士官学校出は一人も残ってなかったってことで、明らかにお頭の出来
が軍人さんとはうようです。

陸軍や佐久間のように「スパイ行為は卑怯」だと考えているようでは世界を
相手にした外交で日本が遅れを取るのは必至。
昔も出遅れてるけど、今もそういう状況ですし。

真に才能のあるものを秘密裏に育て上げ国のために働いてもらうってのは
必要なことじゃないのかと私なんかは思うわけであります。

みんなどの国も正々堂々とするんだったらいいんですけど、そういうわけでは
ないですからね。

っていうか、とにかく出てくる子たちがいってだけでれるわwww
クールな感じもいいし。

テーブルゲームは見せかけで彼らが興じていたのは“ジョーカー・ゲーム”
ってのがまたかっこええじゃないっすか。

サインを出し合いそれを情報源駆け引きによるゲームを楽しむ。
情報戦を制すことは国際政治では当然のように必要な才能。

正々堂々とゲームをしてなかったことに佐久間は腹を立てますが、これから
先、任務として世界各地へ赴き、たった一人で諜報活動をしていく覚悟
している彼らとは立ってる舞台が既にいますね。

午前4時にスーツ着て現れる結城中佐にもびっくりですが・・・

いや~~~囁くようでいてドスの効いてる堀内さんにれますwww
おじさま祭だわwww

結城中佐は養成学校を出たあとの彼らの未来は“真っ黒な孤独”だと
言い切り、そして彼らを支えるのは常に変化し続けて行く多様な状況の中で
咄嗟に判断を下す能力
だけときっぱり。

彼らを支えるのは愛国心ではなく自負心のみってのが常人では到底到達
できない境地なのでしょうね。

これからスパイとしての能力を磨く養成学校の話なのかなと思っていたら
そうではなく、完成に近い彼らがこれからどのような活動をしていくのか見せ
てもらう話のようです。

まずは陸軍からジョン・ゴードンにかかったスパイ容疑の証拠を押さえること
強要されるD機関。

結城中佐は「スパイは疑われた時点で終わり」だから無意味な任務だと言い
ますが、それでは陸軍相手には通らないようで。
しかも既に陸軍が調査して何も出なかった後を調査させてるし・・・

完全に嵌められたD機関。

どうやってこれを乗り切るのか!?
まさか2話目にして佐久間さんの切腹はないでしょうから、三好がここどうを
対処するのか楽しみです!

OPもEDも雰囲気ありますし、作画もいいし音楽も合ってるしでこれは期待
できそうです!!
何といってもイケメンスーツの賢い男たちがぞろぞろ出てくるってだけで
涎ものですからwww

三つ揃いも好物ですし、近年、珍しく煙草もくもくってのも時代を感じさせて
くれますし、セクシ。

女子は出て来ないし、私にはドストライクのようです♪
次回が非常に楽しみです!!

ジョーカー・ゲーム [ 柳広司 ]

ジョーカー・ゲーム [ 柳広司 ]
価格:1,620円(税込、送料込)


『ジョーカー・ゲーム』の謎 [ KADOKAWA ]

『ジョーカー・ゲーム』の謎 [ KADOKAWA ]
価格:702円(税込、送料込)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック