アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年05月13日 (金) | 編集 |

なんとなくふら~~っと借りてみたこちらの作品。
意外に面白かった!!

 

からっぽダンス(1)

からっぽダンス(1)
著者:阿弥陀しずく
価格:734円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

惚れる→追いかけ回す→フラれる
の3連コンボを繰り返すストーカー警官・久我が出会ったのは、
片想いに破れたばかりの美人OL・月島さん。
何とかデートにこぎつけたはいいものの、行き先は男性アイドル
のコンサートで...!?


からっぽダンス(2)

からっぽダンス(2)
著者:阿弥陀しずく
価格:734円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

惚れっぽすぎるストーカー警官・久我(24)は、
美人OL・月島さん(28)をついに口説きおとした。 
しかし月島さんは10年来のドルオタで、恋愛が10年ぶり。
緊張気味の彼女に対し、久我は彼女のアイドルの世界に
ガンガン攻め込んでいく。  
ファンクラブ入りを果たした久我は、次なるデートでアイドルの
ミュージカルに向かうがーー?

ストーカー警官×10年来のドルオタのカップル!!
いや~~~~なんかいい感じでしたわwww

バカっぷりがさわやかで。

久我は相手のことが好きになった途端に全ての情報を把握しておか
ないと気が済まない性格なんでしょうね。
確かにこんな相手に惚れられたら面倒だけど、真性のストーカーとは
ちと違う。

振られたらというか、転職されたり転居されたり着信拒否されたりしたら
ちゃんと自分はがられてるんだって理解して、それ以上の深追いは
しないんですもん。

本当に怖いストーカーってのは自分のものだと勘違いしてどこまでも
纏わりついてきますもんね。
自分が振られたことを自覚できるならちょっとメンドクサイ奴ってくらいで
勘弁してやりましょう。

一応、警察官続けてるってことは犯罪を犯してるわけではないでもない
でしょうしね。
ちょっと世間の常識とズレがあるのは否めませんがww

イケメンであることが救いでした。

今回はいろいろ調べたくなる性質が上手いこと噛み合ってよかったって
ことで。

月島さんも世間からややズレてるというか特殊な世界を中心に生きてる
から、一般と価値観にズレが生じてしまうのは致し方ない。

あまり社交性もないのか、女性社員の中でもやや浮いた存在になってる
っぽくて。

ヲタだからって誰でも彼でも世間さまから隔たってしまいがちってのは
間違いだと思うのですよね。
生態は特殊だけど、社交性ってのは趣味がどうこうじゃなく本人の資質。

可愛いけど仕事に関してはシビアだから男性社員からもやや怖がられ
てることはヲタとは関係ないですからね。
それで彼氏がいないのは趣味のせいではない。

月島さんの場合は別に変人とも思わないし、タイミングさえ合えばいい人
見つかる子だと思うんですわ。

久我にロックオンされてしまったのはラッキーだったのかもしれなくて。
失恋して寂しかった彼女には久我の鬱陶しさはそれほどマイナスには
ならなくてv
それに久我の前向きなところが月島さんの趣味にも上手いこと嵌ってw

月島さんが好きだと言うアイドルグループについて早々に調査した久我は
チケット取り、捕り、刈り?が如何に大変なことかを理解。
そこで自分もファンクラブに入ると積極的な姿勢をみせるのは確かに普通
の反応ではないけど、話のわかるいい奴だと思いましたわ

真の姿を見せても怯まず、協力的な彼氏なんてドルヲタの月島さんに
したら戦力にもなるわけですし、こんなありがたい存在いませんてw

久我自身が世間一般からズレてるものだから全くヲタの生態を“変”
などとは思わなくて趣味の一つと素直に受け入れ、そればかりか、彼女が
楽しそうにしてる顔を見て喜べるという・・・。

いきなりアイドルのコンサートに「空席を作りたくなかった」って理由で
付き合わされ、熱狂する姿を間近に見た後で「また来てもいい」って思う
とはなんて器のデカイ男ことww

でも、さすがにミュージカルを見た後ではただの趣味とは思えなくなって
いて“深淵”だったと正確に読みとるあたり只者ではないw

ここでようやくアイドルに嫉妬するわけだけど、鈍いというか遅いw

で、久我が悶々としてるところに自称「久我のファン」の千代ちゃんが
絡んでくるわけですが・・・
千代ちゃんは千代ちゃんでファンだと自分を誤魔化してるけど、彼女も
完全に久我のストーカーだから

もしかしてこれで久我は自分がしてきたことが普通でなかったことに気づく
のかしらん。

なんだかややこしくなってますが、3巻はここに月島さんが好きなアイドル
尚也までもが絡んでくるようで。

からっぽダンス(3)

からっぽダンス(3)
著者:阿弥陀しずく
価格:734円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ストーカー警官・久我はドルオタ彼女・月島さんの
趣味にどんどん順応し、お付き合いは順調な日々?
しかしある日、ストーカー警官に遭っている男を助けた久我。
なんとそれは月島さんが10年来追っかけてきたアイドル・B.L.T.の
尚也だった!!
尚也に異常に気に入られてしまうが、そのことは月島さんには言えず
にいて……!?

千代ちゃんはどうなるんでしょ。
久我が月島さんの家に押しかけて一件落着?
「何で家知ってんの?って怒鳴られてましたけどww

そこは当然抑えてますよね。
だって尾行してたんだもん。

たまにしか登場しませんが久我の後輩の玉野がいいです。
安定のキャラですねv

それにしても久我の先輩の嫁さんはいかがなものか。
旦那の給料をアイドルにブっ込んでるくせに旦那はないがしろとか・・・
そういう方多そうですが。

いくら旦那がポンコツだとしても稼ぎを他所の男に貢がれるのは気の毒。
貢ぐなら自分の稼ぎでブッ込まないとね。。

すご~~く気軽に読めて楽しいので笑いが欲しい方におススメ。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック