アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年05月25日 (水) | 編集 |

2回戦は長崎の一星学園。
今大会初の“十傑対決”ってことで。
まだまだ長くなりそうです。

今回も厳しそうだな(><)

これまでのざっくり感想はこちら。

DAYS(16)

DAYS(16)
著者:安田剛士
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

全国高校サッカー選手権、2回戦。
相手は"十傑"相庭未蘭を擁する一星学園!! 
君下・風間のダブルオフェンシブで攻め立てる聖蹟に対し、
一星は変化自在なコンビネーションでゴールを急襲。
膠着する戦局を動かしたのは、ある男の進化だった──!!

監督同士が先輩と後輩だったとは。
サッカーってあんまり上下関係とか厳しくないのかもだけど、それにしても
自分が後輩だったか先輩だったか忘れるようなことってある??

単にバカなの?

相庭は中学時代、九州選抜で、君下&大柴の都選抜と戦ったことがある
ようで。
でも、歴代上位の出来と言われた年だったにもかかわらず、都選抜は
九州選抜に手も足も出ないまま大差で負けたのだとか。

その時の借りを返そうって感じの二人ですが、相庭は顔すら覚えてない
様子。

序盤から両チーム攻撃をガンガン仕掛けていってます。

でも、両チームとも守備も固くてなかなか点に繋がらず。
水城はあれこれといろんなシュートを打ちまくってますが、無回転だの
ドライブだのブレ球だの・・・

どれも本人が狙って打ってるわけではないってのがなんとも・・・(^^;

一星のコンビネーションの多様さに比べ、聖蹟は攻撃のバリエーションが
少なくて

風間くんはこのままではいずれ行き詰るってことでいろいろと増やそうと
してるようですが・・・

監督、わかってるならそこはアンタが何とかするところじゃないのかね?

まだ、あまり得点には絡んでないけど、やっぱり風間くんの髪は綺麗
ですv

動きに合わせて跳ねるところがいい♪
この髪の動きをアニメで再現してくれますように

神村は聖蹟の要になっているのが大柴だと気付くと自らがマークに。
これで真ん中は手詰まりかと思いきや、大柴がなんと4人抜きをして
そのままゴールを決めると言う・・・!

すげぇ~~っと思ってたのにすぐ相庭が5人抜き。
ああ・・・これはやられたね。。

ってとこだったけど、ゴールはならず。
臼井くんが影で活躍。

さすがですv

その後も相庭を止めてこれはいい感じだったはずなのに、なんと臼井くん
かれてしまって、相庭にゴールを決められることに。

うわぁ・・・そんな隙間みたいなとこから入れてくるのか(><)

気になるのはこの時、臼井くんが珍しく尻持ちを突いたことと引きあげた
水城くんが何かを感じたっぽいところ。

臼井くんの手が震えてたのは手首とか怪我をしたってことなのか?
でも、そんな風でもなかったし・・・ 

次巻は臼井くんがなんかヤバそう。
抜かれたことが相当メンタルに響いてるってことなのか??

その程度で動揺するタイプではないだろうから、もっと他の理由があるって
ことなのか??

怪我でなければいいのですが。。

つくしは試合中も彼なりの進化を遂げてるとはいえ、スタメンに選ばれたと
いうのにまだまだ活躍の場はありませんでしたね。

監督からは気持ちでチームを引っ張っていけという指示がつくしに出てるから
きっと後半どこかで活躍する場があるハズ。

風間くん同様、期待しておきたいと思います。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック