アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年05月25日 (水) | 編集 |

「ダブルジョーカー」は前編後編まとめて感想あげたいと思います。 

ということで1週間遅れの「ケルベロス」
いや~今回もやかでした。

っていうか、スパイが上下白のスーツに白のハットスタイルってのは些か
目立ち過ぎじゃないでしょうかね?

むしろ、豪華客船の乗客だからセレブばかりってことでお洒落じゃないと
逆に目立つってことなのかしらん。

それにしても幼女お持ち帰りってどゆこと???
結城中佐にられたりしないのかしらん???
実は一時かりだけってこと???

絶対にCパートで解説くるぞと思ったのになかったし、ホントに甘利さん
エマちゃんを育てるつもりなんでしょうか???

ま、でも娘を男手一人で育ててたらそれはそれでいい隠れ蓑ではあります
よね。
まさか、スパイとは思うまいってな感じ?
結城中佐のコメントが欲しいところ。

アバンからいきなり船が爆破され、一体何が起きてるの??状態から
始まりました。

「情報通り指示書は手に入れた。いかなる証拠も残すな」

どうやら“指示書”を運んでいたイギリスの船をドイツ軍が沈めたってこと
みたい。

今回は森川さんのターンってことでOPのナレが素敵でございます。

サンフランシスコからハワイを経由し、日本へ向かう豪華客船朱鷺丸が
舞台。
乗客はセレブばかりでしょう。

クロスワードパズルに興じてた甘利さんですが、何やら体調のすぐれない
ご婦人に声をかけ・・・
スマートだわ。

当時の日本人であんなに自然に西洋のご婦人に声をかけ警戒されずに
すむ男性がいたとしたらすごくしい。

そしてまさかのイルカ呼び!!
なんと女性へのスマートな声掛けだけでなくイルカまでってしまいました!

恐るべしD機関。
これで幼女懐柔。

子供が懐けば大人の警戒心は解きやすくなりますもんね。
スパイとしてはスキルとしてぜひ押さえておきたいところなのかも。

そうこうするうちにジェフリー・モーガンという男がクロスワードパズルに
興味を示し、内海と名乗ってる甘利と意気投合。

無駄なことはしないはずだから、今回はこのおじさんがキーパーソンなの
ねと思ったら、いきなり甘利は“エニグマ暗号文”について切り出して。

展開早いから助かりますv

エニグマ暗号機のコンビネーションは200兆通り以上って、もう私には
さっぱりの世界。

エニグマ暗号文の解読は不可能だろうという内海に対し、モーガンは
「人間が作る物である以上、理論上必ず解読可能」

内容が判明してる文章とそれと同じ内容のエニグマ暗号文を照合する
ことができれば解読の手掛かりは得られると。

そこまで言わせて甘利はモーガンが自分が探していたルイス・マクラウド
だと確信。
彼は英国の諜報機関の人間だったんですね。

「彼を日本に入国させない」というのが甘利の任務。

じぃさんだと思われたモーガンは甘利にナイフを向けますが、あっという間
に頸動脈を抑えられ・・・
やかでございます。
(/ω\*)

マクラウドは整形をしてたようですが、整形では変えられないところを見て
甘利は最初から彼がターゲットだと確信してたようです。

それは耳。
よくいわれますよね。
耳は固有のものだから認証にも使われるくらいだし。

簡単に見つけちゃった♪っと思ったらそこへイギリス海軍が。

喜んだマクラウドは最後に一杯っと思って油断したんでしょうね。
用意されていたワインを飲んだら死んじゃいました。

彼はずっと暗殺者“ケルベロス”を警戒してましたが甘利ではないし、他に
彼を狙う者がいたってことで。

でも、出会ったのはあの母娘だけ。
ってことは母親がそうなんでしょうね。
登場人物限られてるのですぐわかりますね。

ところで、なんでイギリス海軍はモーガンが拘束されているって情報を得た
んでしょう。
甘利にはバレたけど、他の人は正体を知らなかったんだし。

本人以外、誰にも連絡する必要性がないと思われますし、本人は甘利に
正体を見破られたところだったし。。
一体誰が通報?

甘利は乗客名簿で母親の名前を確認し、その名前から彼女がケルベロス
であると確信。
フラテの名前もついでにゲット。

これまた見事に手懐けてます。

彼女は旦那の葬儀でマクラウドが何をしたのかを知ってしまったんですね。
エニグマ暗号文を解くためにイギリス船を囮に使い、旦那さんはその犠牲
になっていたとは。。

それがアバンのアレだったんですね。

で、ガーディニング作戦とは「種を蒔き自ら刈り取る」からだったなんて。
い話だわ。

でも、独断で遂行されたものだから逆にマクラウドは反感を買い厄介払い
されたらしくて、それで整形して日本にやってきて新な立場を手にしようと
してたようで。

確かに結城中佐がマークするだけあって危険な男だわ。

でも、奥さんも娘を犠牲にしてまでスパイになる必要があったのかなと。
エマちゃんはこれからどうなるんでしょ。

イケメンと幼女の組み合わせは大いにだとは思いますが。
フラテ一匹くらいならなんとかなるとしても、さすがに子供一人育てると
なるとそれなりの覚悟がいりますよね。

もう少し、母親と甘利とのやり取りがあって時間が流れててこの船旅で
恋愛感情的なものが生まれてたとしたら、それはそれで納得もできるの
ですが。

う~~ん。
だけどこれくらいライトな方がしがらみなく、なんとかなっちゃうかもですね。

今回はとにかく結城中佐への報告状況が知りたかったです。

それにしてもD機関の面々、みんな期待に違わずかっこええわ(*≧∀≦*)

 


ダブル・ジョーカー

ダブル・ジョーカー
著者:柳広司
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック