アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年05月28日 (土) | 編集 |

今回はせりかちゃんの実験も成功したし、特に大きな事件もまだ起きて
ないしで割りと繋ぎの回って感じで心穏やかに読むことができましたv

これまでの感想はこちら

 

宇宙兄弟(28)

宇宙兄弟(28)
著者:小山宙哉
価格:616円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

せりかたちのALS実験が成功したという知らせに喜びを噛み
締めながら、ジョーカーズはシャロン月面天文台を建設する
ため月の裏側へ向かう。
予想外のトラブル、姿を消す仲間......。
六太は自らの足で人類未踏の闇へと踏み出していく。

いや~~とにかくせりかちゃんの実験成功のおかげで多くの人に明日も
生きようという希望
が与えられたことがしくて!
これでくだらない噂に振り回されていた人々も冷静になることでしょう。

後は噂の出元がかれて欲しいのだけど、それはないのかしらん。

ムッタの方もいよいよ“シャロン月面天文台”の建設開始。

月の裏側にも人類初で足を踏み入れました。
はぁ~現実には月に人類が到達するのはいつになるんでしょうね。

既に人類は月に行ってるってことになってはいますが、あれから何年経って
ます???
恐ろしい程に科学も進んできているというのに、次が続かないなんて・・・
やっぱりアレは・・・

っと私などは穿ってしまうわけですわ。
今ごろ火星に行っててもいいくらいなのにと。

ま、それはおいておいて、ムッタたちは月の裏側という前人未到の領域へ。
が、裏側のデータはほとんどないものだから、思うように作業は進まず。

それにしても宇宙飛行士のお仕事というのは確かに宇宙と直結してますし
夢のある仕事だとは思いますが、危険度は地球上の比ではないですよね。

ムッタも心地よい恐怖感などと表現してますが、万が一トラブルが発生したら
命取りってこともあるわけで。

しかも酸素がないとか、一人宇宙空間に取り残されるとか、想像しただけ
でも恐ろしい状況も。

地球にいても怖い目に遭うことはもちろんありますけど、私なんかはヘルメット
だけでもう閉所の怖さを感じて、まるで適応できずですわ。

だからこそ宇宙飛行士になるためには適性と過酷な訓練が必要なのですが
ホント凄い人たちだなっと。

ムッタたちはトラブルに見舞われながらも一つ一つをクリアし、天文台設置へ
と作業を進めていきます。

打ち込んだはずのパラソルアンテナが見つからないってのにドキッとしまし
たね。
もしや、月にかいるのかと本気で思ってしまいました(^^;

土を貫通してたり、埋もれてたりってことだったんですけど。

月に大きな横穴があるを発見するムッタ。
名前は・・・最初にカルロに入ってもらったためにカルロム洞窟と命名
されることに。

ムッタは“ム”だけ採用されるという
最初にムッタが入っていればムッタカ洞窟になってたかもなのにねw

洞窟の中にあると思われるパラソルアンテナを探しに入ったブギーが
音信不通に。
トラブルに見舞われ動けないのだろうってことでムッタとカルロが捜索に。

このブギーが人間臭くていい味出してくれてるんですよね。
ムッタの良き相棒ですわww

無事アンテナと共にブギーも回収。
てっきり、このあたりで何かムッタらもトラブルに巻き込まれるのかと若干
ビビってたのですが、何事もなく良かったです。

ブギーのトラブルの時の様子から洞窟にはがあったんじゃないかという
考えるムッタ。
月に水があるのかもってちょっとワクワクする発見に繋がりそうな予感。

でも、やっぱり次巻予告では「不穏な“波”がムッタたちの頭上に渦巻い
てた」
ってことなので、何やらヤバいことが起きそうです(><)

うわぁ~~~今回は平和だと思ったら次で事件くるのか。

そうそう、せりかがやっとムッタが「見せたかったもの」がバルタン星人
ではなくハートだったことに気づいたようです!!
絵名ちゃんのさり気ない誘導に拍手!!

せりかちゃんにムッタの気持ちが届いたかな??
こちらは楽しみです♪

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック