アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年06月03日 (金) | 編集 |

メランコリアって私が憂鬱だわさ。(ー_ー;)

記憶喪失ってなんか姑息な手法だよなぁ~~
関係を再確認できるってことでは有効なんだけど、そういうことなしで
鈴には自分の状況にちゃんと向き合って欲しかったわ。

ただ、津軽にはいい薬になってるようで。

っていうか、これまで確かに傲慢だったから津軽母じゃないけど
ざぁまぁねーや

ですな。

とはいえ、これで鈴が春時を選ぶわけではないだろうから、つかの間の
春時の幸せが却って彼には残酷になりはしないかとヒヤヒヤ。

明治メランコリア(7)

明治メランコリア(7)
著者:リカチ
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

すべての記憶を失い、津軽、春時の顔も覚えていない鈴。
一方、2年ぶりに鈴と再会した津軽は、鈴であり、鈴でない彼女に
焦りを感じ、彼女を傷つける行動に出てしまう。
以後、鈴は津軽を避け、傍にいてくれる春時に心を寄せるように
なり...。

津軽はすぐに手を出すし、ま、自分に鈴の気があるとわかってるからって
こともあるだろうけど。

逆に春時はもう少し押してもいいだろうにと思ってもなかなか行動には移さ
なくて・・・

もう、鈴も津軽も好きにしてたらいいけど、春時だけは幸せになって欲しい。

今回、記憶喪失ってことで自分の本心「たった一人の好きな娘だから」
と鈴に伝えたわけですが、我に返って赤面する春時がおしい。

自分を名前呼びする鈴に照れるとか最高じゃないか!!!

鈴は好きな人がいるのに平賀と婚約をしていたことを知りショック。
うん、普通はだものね。
ややこしいにも程があるけど平賀にとってはさほど鈴が記憶喪失だろうが
興味がないというかどうでもよさ気。

そしてまたも、こんな状況で愛染が絡んで来て・・・
頑張るな、この人も。

それにしても相変わらず鈴は一人で勝手に行動する子だなぁ。
利口な子だしそれでこそって感じなんだけど、振り回される佐之次が気の毒。

また何か問題ごとに巻き込まれたり怪我でもしたらホント佐之次の身が
持ちません。。

でも、今回は記憶がないせいで祖父の秋山と偏見なしで向かいあうことは
できそうですね。
あの頑固じいさんも鈴の下心のない積極的なアプローチで和らいでいき
そうだし。

こういうのは記憶がなくてゆったりと対応できる今の状況の方がいいんだ
ろうね。
実は結構ちょろそう。

ただ、秋山の家に行ったことは春時にしたら心配で堪らず。
津軽は目の前で鈴が自分から言い出したことだし、止めても無駄だろうな
ってことで納得してるだろうけど、春時はその場にいなかったから。

特に今は記憶の無い状態だし、鈴を一人で秋山の元へやったらもう二度と
戻らない
かもしれない可能性もあるし。

秋山は早く鈴を結婚させて跡取りが欲しいみたいだけど、どうしても鈴に
子供を産ませたいのなら、好きでもない相手をあてがうんじゃなくて
自分に対して利益が入らない者であっても鈴が選んだ人と結婚させれば
いいのにね。

そしたらいずれはひ孫の顔が見れるというもの。
自分の寿命を考えて早くして欲しいのかもだけど。

取りあえず、春時でいかがでしょうか?

なんて思ってる時にまた愛染とひなが出てきて・・・(`^´*)
あんたらいい加減にしておくれよ。

ひなもちょっかい出すのは津軽だけにしといて!!
きぃいいいい
目ざわりな娘です。
ひなにはひなの道理があるんだろうけどね。

でも、春時には手を出すな!!!
むっきぃいいいいい

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック