薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

ジョーカー・ゲーム 第10話「追跡」感想

ホンマ、外れがないわ。
今回も唸りましたよ・・・

面白かったです!

最初に出て来た青年がD機関の誰の顔でも声でもないし、でもD機関の
モットーとしてる「死ぬな、殺すな」を口にしてるから考えられるのは
結城中佐の若い頃だろうと思ったらやっぱりで。

声は日野さんだったんですね。
ナイフを持っていたにもかかわらず、砂を使って眼つぶし、これは喧嘩と
いうか実戦では金的と同様、有効な攻撃だと思われるのですが陸軍では
精神が卑怯ってことで退学させられたんですね。

ナイフを使わなかったのは喧嘩相手を死なせないためってのもさすが。
この時から死人を出すのはかな行いだと考えていたようです。

結城中佐の身辺を探っていたのは英国諜報機関のアーロン・プライス。
彼は記者ということで情報を得ていたようですが。

陸軍幼年学校の卒業生の中に結城の名前を見つけられなかったものの
D機関という呼称を入手。

そして陸軍幼年学校で成績優秀でありながら素行不良で退学させられた
有崎晃が結城ではないかと推測。

確かに有崎は“ゆうき”と読めるけど、ってことは結城中佐は偽名ってこと?
しかもどこでまた陸軍に??

有崎晃を調査するため当時、有崎邸の執事だった里村に話を聴くと・・・
里村は晃について語ってくれましたが・・・

この優秀さは明らかに結城中佐の子供時代だわね!
陸軍幼年学校を卒業後は英国留学し、英国で出世し公爵と呼ばれるように
ってこれはビックリ!!

何をしたらそこまで???
侯爵じゃなくてデュークだから公爵ですよね。

D機関の“D”はなんだろうと思っていたらこのDだったってことでしょうか。

でも、ホントかな。

英国での晃の後見人は英国秘密諜報部を諜報機関として独立させた男
マンスフィールド・カミング海軍大佐。

彼はMI6の生みの親であり英国の伝説的スパイマスター。
結城が彼から師事を受けていたとすれば、自分の兄弟子となると考える
アーロン・プライス。

そして現スパイマスターのあのマークス中佐ですら結城中佐より後だった
ってことね。

ほぉ~~~~
結城中佐は彼も出し抜いてましたよね。

結城中佐の正体を見破ったとばかりにほくそ笑み早速お仕事してたら
憲兵が屋敷に突入!?

何で憲兵ごときに(スマン)スパイとバレたか不思議に思っていたら・・・
D機関が絡んでるのでなければ10年もバレなかったものが今更って
感じですもんね。

取り調べを受けるも・・・
頑張るアーロン。
口を割らないからいよいよ奥さんにまで手が及ぶかってところで完落。

が、ここで田崎が入ってきたwwww
もう、たかぴろは一言でバレちゃうよww
あんたがスパイ向きじゃないよww

釈放されたのはもうスパイとしては使えない状態だからってことですね。
10年間のデータを隠した指輪は田崎によってこっそり抜き取られていた
とは。
さすが手品師w

なぜ自分が釈放されたのが釈然としないアーロンは再び里村の元へ。
そして有崎晃と対面することに。

なんと彼は20年以上前から寝たきりの状態だった!?

そして、里村が語って聞かせた晃の過去こそ、結城中佐のねつ造だった
ようで

うわぁ~~~~~全てがひっくり返ったわ。

結城中佐は捏造した自分の過去をにして敵のスパイを炙り出す手段と
していたんですね。
しかも、D機関が憲兵に潜り込んでいたんじゃなくて憲兵たちこそがD機関の
人間だったとは。

一人顔出ししてた憲兵はD機関じゃなかったように思うんですけどね。
それに憲兵に扮装するのに丸刈りにしてたらその後の任務に支障があり
そうなんですけど。

波多野と田崎は髪を撫でつけてるだけだったけど、う~~ん。
ここはよくわかりません。

が、D機関でなければ殺さず釈放ってことはないでしょうね。

命は助かったものの積み上げてきたもの全てを失い意気消沈するアーロンの
前に奥さんが現れて・・・

よかった!
エレンは最初から拘束されたりはしてなかったってことですよね。
下手に騒がれてはせっかく手にいれた協力者の情報が使えなくなるかもしれ
ませんしね。
何事も無さ気にしておかなくては。

全てを失ったと思ったけれど、エレンがいたってことでアーロンはスパイから
引退。
どうせ正体もバレちゃったわけですから、もうスパイとしては役に立ちませんし。

それにしても、なんて円満解決なの~!!

今回もやかでしたわ。
今回が一番、凄いって思いましたね。

アーロンの捜査にD機関が絡んでる当たりは想定内って感じでしたが、最後
本物の晃らしき者が出てきてからはすっかりやられた感。

結局、結城中佐の過去というか正体は分からず終いってことですよね。

里村の前に現れた男が左腕に怪我をし、杖を突いていたってことすら、もしか
したら教えられた内容の一部だったりしてとか、どこまでが本当でどこまでが
虚構なのか・・・

見事としかいいようがありません。

残り僅かになってしまって寂しいです。

ぜひ2期を続けられる構成でありますように。

パラダイス・ロスト

パラダイス・ロスト
著者:柳広司
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

『ジョーカー・ゲーム』の謎

『ジョーカー・ゲーム』の謎
著者:KADOKAWA
価格:702円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する