アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年07月11日 (月) | 編集 |

一応一通り見てみようかな~っという作品は目を通しました。
まだ「バッテリー」だけは見てませんが、今のところ視聴してみようかなと
思っているのは

DAYS、アルスラーン戦記、91Days、不機嫌なモノノケ庵、かな~
モノノケ庵は見るだけで他はざっくり感想を書いてみようかなと今のところ
思っております。

ということで91Daysの1話を見た感想を。

いきなり雨からのスタートで湿度高そうです。
雰囲気は湿っぽく、色調も暗くて大変好みです。
洋画みたいな始まりなのはかっこいいですが、クレジット横文字なのはちと
わかりにくい(^^;

アヴィリオに届いた手紙の差出人はなんでしょう?

復讐相手からではないと思われますし、幼馴染だったコルテオでもないよう
ですし。

幼き日の家に飾られていた写真と同じ物が同封されているということは・・・
親族?
もしくは弟が生きていたとか?
一緒に復讐しようとかって持ちかけてきてるとか・・・

狂気を含んだ嗤いの意味は何なんでしょう。

アヴィリオは両親と弟をヴァネッティファミリーに殺されてますが、母親も犯人
であるヴィンセントを知ってるようなので父親もファミリーの者で彼女もそれを
知ってるってことのようです。

パパの身のこなしから堅気の人ではないことは確かですもんね。

事件から7年間潜伏の後、誰からかわからない手紙によってアヴィリオの
復讐が始まったようです。

アヴィリオはコルテオが密造酒を作ってることとか知ってたんですかね?
それを知ってて利用しようってのか?

津田さんのファンゴが非常に個性的でいい味出してます。
近藤さんのアヴィリオもなんか新鮮

ネロはコルテオの作った酒に火をつけてアルコール度数を確認。
度数が高ければいいってことじゃないんだろうけど、まずは度数ってこと
ですかね。

蝋燭から即興で爆破物を合成するとかコルテオは機転が利くようです。
このパラフィンってのは最初の火消しのところで興味を持って、それから
彼はいろいろお勉強して今日に至ってるってことかしらん。

ファンゴはネロ・ヴァネッティを探していたようですが、まさか一緒にいた
酒を売りつけにきた男だったとは・・・。

わざわざ変装して酒を売りつけていたのは理由がありそうです。

なんか仲間みたいになってますが、このネロもアヴィリオのターゲット
一人ですよね。

あの場にいたし。

これは面白そうな展開です。


大人な雰囲気も好きだけど、演出やセリフ回しもいい感じですし、背景とかの
作画も素晴らしい。
ジョーカー・ゲームの岸本さんの脚本ってことですしこれは期待できそうです。

声優さんらも渋い演技で。

これでアヴィリオのヴィジュアルがもう少し私好みのイケメンだったら堪らん
かったことでしょう。

最初はイタリアが舞台かと思ったけどアメリカですかね?

この後、アヴィリオが復讐相手と共にどうやっていくのか楽しみです。

 


91Days VOL.1 【Blu-ray】 [ 近藤隆 ]
価格:5508円(税込、送料無料)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック