アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年09月29日 (木) | 編集 |
すっかり遅くなりましたが、やっぱり面白いですわ!!!
「ハリガネサービス」11巻!
なるほどね、キャラでせてくれるわけですか。

正統派のバレーボールってわけじゃなくてテニヌの感じ?
コミックスならではです。

これまでの感想はこちら




圧倒的な雲類鷲のスパイクに一歩も引かない猫田。
スパイカーの助走やトスの長短、目線や体の向きからコースを
先読みに突っ込んで拾うようです。
レシーブ上手い人はコースを読むのが上手いですからね。

猫田は雲類鷲のように生まれ持った体格や才能でやってるやつ
には絶対負けたくないようです。
持たざるものでも頑張れば才能あるやつに勝つこともある
と証明したいよう。

うん、それすごくわかるよ!!
私も身長なくてアタッカーにはなれなかったクチだから。

猫田は緩い球でも正面に入って丁寧に返球。
確実に次につなげるために。

正確にボールを繋いでくれる猫田だから信頼も厚く、彼の言葉には
咄嗟のときにもみんなが躊躇なく動けるのだとか。
ジャッジは大事ですからね。

ほぉ~~~
体が小さい分、守備範囲を広げるために前で取ることも練習して
きてたんですね。
前で取るのはいのに。

何度もスパイクを上げられて、雲類鷲はわざと猫田をって打つ
ことに。
ホント嫌な奴

豊瀬は1セット目を長引かせて王葉工業の脚を疲労させる作戦
だったようですが、猫田もボロボロ。

山縣監督自ら猫田のマッサージ。
良い人だなぁ・・・

2セット目も雲類鷲は猫田に集中攻撃。
しかも脚を温存してたのは豊瀬だけではなかったようで。
王葉工業も全然本気じゃなかったとは・・・

なんだよそれ~~~(><)
って感じですよね。

さすがに猫田も力尽きて交替。
金田に「俺の代わりに出るんだから半端なプレーをするな」と。

これでやっと「あげればいいんでしょ♪」ってな感じで適当に
レシーブしてた1年リベロの金田もちゃんと正面で受けるように
なりました。
猫田の言葉はいわ。

が、王葉の14番上屋は実は雲類鷲と匹敵するくらいすごい選手
だったようで、彼のブロックに捕まってしまう豊瀬。
仕方なく、間白はまだ隠しておくつもりだったマイナステンポ
攻撃を使うことに。

あの「ハイキュー!!」の超人速攻ですね。
セッターがトスをあげるより先にアタッカーが踏み切ってしまう
という。

まだ練習でもあまり上手くは行ってなかったようですが、ここで
使わなくちゃ先がないってことで。

間白のマイナステンポの攻撃に驚く王葉。
でも、王葉の監督はすぐに対処法を指示。
デディケートシフトであらかじめサイドにブロックを寄せて早い
テンポの攻撃に備えるのだとか。

そうなると今度はセッター松方は逆サイドに下平のワンレッグ
使い早い速攻。

他にもわざとブロックの上から打ってくる雲類鷲をからかうように
ブロック真裏にレシーバーを固めたり、次にブロックを外してくる
と読んでそちらにレシーバーを寄せたりと雲類鷲を翻弄。

間白と下平を囮に使ってドフリーになった野々原を真ん中から打た
せるとか!
これでやっと流れがきたわ!!

ってとこなのに山縣監督は野々原のフェイントでタイムを。
ありゃ??
虚をついたフェイントだからOKだと思うのに強打したなかった
ことがあかんかったのかな???っと思ったらそうではなく、
監督は野々原の手を確認。

彼はわざとフェイントしたのではなくて指を骨折してて
打てなかったんですね(><)
そうだったのか。

それでいい流れをわざわざ切ってまで監督がタイムをとったんだ。

野々原の骨折はなんと雲類鷲との握手のせい。
あのバカが腕力に任せて怪我させていたとは
監督は野々原を交代させ医務室へいかせることに。

雲類鷲は「ようやく面白くなってきたのにつまらん」と。
それを聞いた下平は・・・
なんかスイッチ入ちゃったようです。

サーブが回ってきた下平は1本目は空調の確認のため捨てることに。
1セット目と逆になった空調がどれだけ影響するか確かめたかった
んですね。

雲類鷲からサービスエースをとっても、曲がりが少なかったことに
「なんだこれだけか」と不気味な集中をみせる下平。
謝らない雲類鷲に「もっと酷いことになれ」と超ロングサーブ。

逆風に真正面から打ち込み空気抵抗はMAX。
どう変化するか予想できないサーブがまたも雲類鷲へ。
2連続サービスエース!!

雲類鷲が狙われてるとわかると王葉は雲類鷲をネット際へ。
が、完全無回転ボールネットインさせ雲類鷲を逃がさない下平。

彼のサービスを邪魔するハリガネ「邪魔するな」って引きちぎった
描写が・・・

なんかキャラが変わってる!!いいぞ!!

3連続失点の張本人雲類鷲に「どんな気分ですか?」

あんなにバレーを楽しんでいた人を怪我させてバレーできなくさせて
自分だけ楽しい楽しいは通らないだろ
さっきはあれだけ猫田先輩を集中狙いしたんだ
今度はアナタが集中狙いされても文句ないですよね

おおおお~~~下平だ!!!
この子、こんなキャラしてたんだ!!!

またもネットインさせて雲類鷲から4連続サービスエース。

いやもう、すっげぇ面白い!!
雲類鷲ザマー!!気分いいわ。

が、さすがに下平の様子がなことにチームメイトも気がついて
きたようで。

5連続サービスエースに類鷲は「俺が取る!」とレシーブに参加。

ところが下平は
何フツーにバレーを楽しもうとしてるんですか?
野々原先輩をしたくせに

なんで野々原先輩がコートを去って人を傷つけてそのことに
気づいてもない人がコートに残るんだ


っちゃってます、下平の目。
フザけんな!!!
雲類鷲をった禍々しいサーブを上屋がかろうじてフォローして
カット。
無理して打とうとした雲類鷲を167cmの間白がブロック!

よっしゃ!! d(≧∀≦*)ok!

ついに同点
ところが雲類鷲は「こんなギリギリの戦いこそ待っていた」と笑み。

それを見た下平は「まだ笑えるんだ」
もっと心をらないと
完全下平発動!!!

この状況に王葉の監督も「これ以上は深手になる」とタイムを
取ろうと立ち上がり・・・
が、先にタイムを取ったのはなんと豊瀬の山縣監督。

こ、これって下平をめようとしてるってことですか!?
サーブで崩すのはありだけど下平発動はダメとか???

それとも最終兵器だから隠しておけってことかしらん??
うわぁ・・・どうなるんでしょ。

私としては下平が発動されてからすっごくワクワクしてるんです
けど!!!!
大興奮なんですけど!!!!
この子、こんな変化キャラだと思わなかった!!!

地味で目立たなくて主人公として大丈夫なんかなと思ってたのに
隠し球がデカすぎるwwww

来月の12巻が非常に楽しみです。
今度こそ早く感想書きたい!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック