薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

「ましろのおと」16巻感想

あらららら・・・
面白くなってきたけど、若菜ちゃんと雪が真逆の方向へ!?
雪が梅子の思い通りになるのは嫌だけど、若菜ちゃんがそう
なるのだってヤだよ!!

せっかく雪がいい感じになってきたのに。
梅子ってホント何なん!?
まさかこういう展開になってくるとは想定外やったわ・・・

前巻の感想はこちら




新章突入! 雪、アーティストデビューへ。
ライバルは梅子&若菜!?
弘前津軽三味線全国大会での優勝から3か月。
雪は“竹の華”常連の金城から音楽事務所へと誘われる。
一方、青森、金木の大会を制し「もう一人の日本一」と
なった雪の兄・若菜の周囲も俄かに騒がしくなり…。
表舞台に立たずにこの世を去った名人・澤村松吾郎。
今、その血をひく二人の孫が世に出る時が来たーー!!


若菜ちゃんが梅子のプロデュースで売れるようになるのは構わない
し、むしろ若菜ちゃんには有名になって欲しい。
でも、若菜ちゃんの良さを潰してるのなら話は

雪は総一のCDは聴いていて気持ちよかったけれど、若菜ちゃんの
CDは気持ち悪いと感じたようで。
エフェクトかかりすぎて若菜ちゃんの音が雪には雑音や音割れに
聴こえちゃうようです。

ほぉ~~~
私にはよくわからないけど純粋な音で育っているとそういうもの
なのかしらん。

でも梅子プロデュースは時代に乗ってて売れているらしい。
津軽三味線の音を知ってる人ではなくて聞きかじった人や素人受け
する仕上がりになってるってことなんでしょうね。

梅子も本来は津軽三味線の音で勝負したいところだろうけど、まず
聴こうとしない層に“聴かせる”ところから切り込んだってことだと
思うんですけどね。

雪が云うこときかないから梅子は若菜ちゃん拉致って無理やり曲を
作らせ収録させて、なんなんだろうね、この親は。
やり方がいつも強引というか無茶苦茶。

7年だけ若菜ちゃんを自分に預けたらあとは若菜ちゃんにも雪にも
手を出さないって約束してますが・・・

梅子としてはどんな手を使ってでも松吾郎を世に知らしめたい
でしょうね。
松吾郎が埋もれたまま終わってしまったことがどうにも梅子には
納得いかないのはわかるけどやり方がおかしい。

あれだけの資本を動かせるのならやりようなんていくらでもあり
そうなのに親子関係が破綻してるからねwwww
そのくせ利用することだけはするという。

雪がダメなら同じように松吾郎の音で育った若菜ちゃんを使えば
いいと考えたようですが若菜ちゃんもそれでいいんかな。

梅子の思惑通り、若菜ちゃんの本来の良さはまるで出せてないけど
いろんな有名人とのタイアップやアレンジによって津軽三味線に
してはしいほどCDは売れてるようです。
このまま若菜ちゃんは売れっ子になっていきそうない。

梅子は目標が達成できれば7年経たなくても若菜ちゃんを解放する
つもりのようです。
梅子の目標ってのは松吾郎を世間が認知することだと思われ、それ
ができたらもういいってことのようですね。
若菜ちゃんの夢は松吾郎の「春暁」を弾くことのようですが、これ
って雪もそうだし、ぶつかったりするのかしらん?
それともいずれ二人で?

あ、でも雪は松吾郎のように自分の即興曲を作りたいって思いが
あるからちょっと違うのかな。

一方、雪にもCDデビューの話が。
こちらは弱小事務所でとてもレコード会社と契約できるような力は
ないため宅録で自作CDを5百枚作るところからスタート。

でも、雪は自分のやりたいことをやれる方がいいと事務所の大きさ
はどうでもいい様子。

だよね~~~
雪は自分の納得いくようにしかできないタイプ。
自分の思う津軽三味線の太棹の良さが伝えられないなら雪としては
やる意味がないんだし。

ただ雪が売れていくのは嬉しいのですが、ユニットでってのは
気に入らないんですけどね。
やるなら雪一人でいいのにと。

取り敢えず音の相乗効果が期待できるってことで梶と荒川と舞を
入れてのユニットでデビューするようです。
確かに迫力はでますよね。
実力差もはっきりするかもですけど。

まさか兄弟対決の展開になるとは思ってもみませんでしたが
これはこれで面白いかも。

私としては若菜ちゃんは梅子プロデュースでデビューしたものの
本当の自分と乖離しすぎててダメになっちゃうんじゃないかなと。
若菜ちゃんが悩むことになりそう。

そりゃ収録くらいは平気でも売れれば環境が変わってくるわけで。
ああ見えて若菜ちゃんは若いから芸能界でちやほやされて初めは
楽しいかもだけど、そのうちしんどくなるだろうな。

それに梅子のやり方では自分の意見なんて却下されるだろうし
雁字搦めで何してるかわからなくなるのは目に見えてる。

雪の売れ方をみていずれ本来の若菜ちゃんに戻るんじゃないかな。
あんな形では本来の松吾郎を若菜ちゃんが伝えられるかも疑わしい
し。

梅子の希望した通りの形ではないけど最終的には雪と若菜ちゃんで
松吾郎を世に知らしめることにはなると思われるのでそれまでまた
しばらく我慢の時かな。

とはいえ、雪が悶々と自分の音を探してる間はなんか陰気臭くなっ
ちゃったなぁ~~って興味が薄れてましたが、大会にでたりして
やっとストーリーに動きが出てきたし、今回また新章突入したこと
でより面白くなってきました。

雪はユニットデビューなのでその中でのいざこざも出てきそうです
よね。
舞も何かやらかしそうだし。

笑いのある明るさも欲しいところ。
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2016/11/25 14:19 ] 少年向けコミックス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する