アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2016年12月04日 (日) | 編集 |
つくしの放ったシュートはまたも枠・・・
嫌われてます。

うん、惜しいけど入れて欲しいよね。
観客が説明してくれてます。

京王河原は丸岡、甲斐の二人だけでカウンター。
こっちはきっちりゴールに入りそうなところを猪原が止めました。
やっぱりシュートは枠の中にお願いしたいよね。

コーナーからの京王の猛攻をぐ聖蹟。
ひとり足りないとは言え、強豪校と言われている聖蹟ですからね。
選手層はぽっと出校よりは当然い。

積み上げた伝統も先人達の遺産もないし聖蹟が背負うプレッシャーも
知らないし例え負けても失うものもないけれど、京王には0から作る
難しさや面白さがある
ってことで一歩も引かない甲斐。

が、負けられない理由があろうと俺がいる限りゴールは割らせないと
猪原。
聖蹟の守りいですv

前半終了で京王の控え室。
股間をひたすら冷やす丸岡。
冷やし過ぎはよくないよwwwww

丸岡と甲斐の二人で点を取るって京王ですが「お前ら二人だけで絶対
点取れよな!」
なんてちょっとチームワーク良く無さ気?
古株から二人を鼓舞するつもりだったのかもだけど一体感感じない
よね。
が、本音のところ。

聖蹟は後半もメンバーチェンジ無し。
またも京王二人の猛攻を臼井が防ぐ形。

自分たちがずっと引っ張っていると思っていた丸岡だけど実は自分
たちがディフェンス陣にえられていたことに気づき・・・
ここでかぁ
って感じですよね。

もうちょっと早くにいい感じでまとまっていれば京王はもっと力を
発揮出来たと思うんですが、そこまでの必要に迫られる試合がそれ
までなかったってことでしょうね。

負けても失うものがないと思っていたことを訂正。
聖蹟ほどではなくても自分たちが積み上げてきたものがある。
京王同点。

同点ごときで騒ぐなタワケが!
って君下が平常運行。
タワケってなかなかうちの出身地以外で使うことってないと思うん
だけど君下くんの両親の出身地が知りたいwww

同点になって俄然動きが良くなったってことですが、作画は止め絵
多用であまり動かずwww
でも、この省エネ具合が結構好き。
サッカーあまり知らないから私はストレスにはならない。

焦りと不安が聖蹟に蔓延すれば追われる側の立場としてもかなり
やばくなってくるぞ~~~って犬童でしたが、水樹は変わらず。
聞き流してる感じwww

臼井と猪原が奮闘しても聖蹟にはりが見られてて・・・
そこで臼井はみんなに目を閉じろと。
え!?試合中にありっすか???
ってとこなんだけど君下を落ち着かせ
「俺たちは聖蹟だ!俺たちは俺たちらしく戦えばいい」って臼井の
一言で聖蹟は冷静に。

一番強い奴がキャプテン、一番賢い奴が副キャプテン
監督は最初、キャプテンは臼井で副キャプテンに灰原か猪原を考えて
いたところ、臼井の一言でキャプテンは水樹に。

誰が影で聖蹟を仕切ってるんだよって話ですwwww
「冷静ってより傲慢では」とこれまた的を得た生方の一言。

水樹より臼井の方がよっぽどキャプテンに向いてることなんて水樹
本人が一番よくわかってる。

センターバックの臼井が先頭切ってドリブルで上がっていってみんな
びっくり。
味方ですら慌てておりますwww
普段はそんなこと臼井がしなくても水樹がいるし、信頼できるFWが
いるからね~~

でも、今は自らキャプテンとしてチームを引っ張る時で。
あの時、逃げたつけを今ここで支払うためにも。
本当はキャプテンという重圧と責任から逃れたくて水樹を推した臼井。
自分の覚悟の無さを水樹に見抜かれていたと思ってるようで。

だけど水樹にそこまでの頭があるかは不明。
単に臼井なら任せられるってことで託しただけだとも思われ・・・。
臼井の考えすぎってやつですねw

全員が上がってしまっている聖蹟は臼井がボールを取られたら一気に
カウンター喰らうぞ・・・!?
ってところでキマシタヨつくしがwww

あなたが育てたつくしが助けてくれましたv
な~~~んにもできなかったつくしですがなんとまたも倒され
ゴール正面のFKGet♪

またもつくし絡みのFKですね。
観客がたくさん説明してくれてます。

君下が蹴るってことで臼井は下がっていきます。
もう俺のここでの仕事終了って感じ。

「あとは任せた」
君下への絶対信頼ですね。

自分には他の有名どころの選手に比べ劣るところがあるのを認めてる
君下。
でも聖蹟の「10番」を背負う以上、キックの精度では絶対に負けない
という自負が。

絶対に決めてやる

壁が一斉に飛び上がるその足元を君下のシュートが走って・・・!
おお~~~これって誰かひとりが飛んでなかったらやばかったんでは?
って思うけど、こういう状況なら普通はみんな飛ぶものなん??
上を狙ってくるのが当然ってことで。

2本目のゴールが決まりました。
君下は風間くんにVサイン

でもこれ、勝利のVじゃなくて2本目ってことなんだよねwww
風間くんはV返ししてるけどwwww
君下がそんなキザったことをするわけがなくて(^^;

でも風間くんのV決まってたな♪
イケメンだよぉおおお

では次回も楽しみにしてます。

ここらあたりは8巻の内容です。
9巻感想はネタバレになりますので注意してね~~









スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック