薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

ミュージカル「黒執事」~NOAH’S ARK CIRCUS~取り敢えず感想

みなさま、お疲れ様でした!!
やっと私もミュージカル「黒執事」~NOAH’S ARK CIRCUS~
観劇してまいりました!
尼崎までひっさびさに行ってきましたよwwww

豪華でしたわ!
サーカス編をあれだけの時間にギュッと詰め込んでちゃんと成立
させていることに感動!

今日は昼と夜の2回みたんですが、兵庫公演の最終日だったからか
特に夜はよかったですわ。

って単に1回目では消化しきれなくて???だったところもあった
ので2回目でやっと理解したってことなのかもですが。

取り敢えず今日は初見の感想を書いておきたいと思います。
2回目はかなり感想が変わってきますので、それはまた後日。

とにかく、初見ではあれもこれもそれもギュ~~~~~っと詰まって
いるので話を追いかけるのでいっぱいいっぱいでした。

お席もほぼセンターではありましたが1回後方席でほとんどキャストの
表情は見えないという安定のお席。
以前の会場よりは音響がよかったかなと思いましたが、それでもセリフ
が聞き取れないことや歌もグワングワンとデカイなと感じることも。

それと今作は最後まで一曲も頭に残りませんでした・・・
前作は旋律の繰り返しが多かったり、割と曲自体はわかりやすかった
ので何曲かは耳に残ったんですけどね。
今回は全く・・・

もうちょっと回を重ねたら覚えられるのかもですが、次回は来週で
大楽ですから。
多分、今作では私が曲を口ずさむことは不可能と思われ・・・

では、取り敢えずの初見感想をざっくりと。

まずはとにかく舞台セットが素晴らしかったです。
クルクル回る舞台が場面展開を短縮したり効果的に空間を作り出し
たりと活かされていました。

舞台が始まる前にアバハンの二人が客席を回り温めてくれる演出
が楽しかったです。
舞台前にを披露されたりと今回も大活躍。
本編の中の笑いもよかったです!!
この二人はもう生執事には欠かせないですね。

契約シーンはこれまでに比べてタイトだったように感じましたが
それは本編がぎっしりなので仕方ないと思われます。

で、坊ちゃんが小さい!
あ・・・ホントに坊ちゃんそこにいる!!
誰か助けてあげてよぉおおお!!っと立ち上がって叫びたくなる
くらい坊ちゃんでした。

悪魔初登場の「嗚呼・・・」はキタキタ(゚∀゚)古川スチャン♪って
ねっとり感ありました。
このじめっとした感じがいいですよね。

それなのに契約が成立するやいなやなんか興奮してて最後は雄叫び
のように叫んでるという悪魔らしさ。
これが噂の咆哮かとv

よかったですよ!!
まだ冷静沈着の執事になりきれていない悪魔の名残を感じました。

その後お約束のお屋敷場面で坊ちゃんおはよう&お茶タイムになる
んですが、ベッドが若干豪華になってましたwwww
まだまだファントムハイヴ邸のベッドにしてはシングルサイズが
過ぎると思うんですが、ま、ここだけデカくてもね(^^;

今回も燕尾のテールがぴょんぴょん跳ねていい感じでしたv

使用人も明るく登場でしたがいつもより短くさくっと進行でした。
そして今回はソーマとアグニが♪
二人が出てくると一気に舞台が明るくなってサーカス編では癒しの
存在ですね。
いやいや、この二人のキャラの再現率も素晴らしかった。

葬儀屋さんのシーンは少なかったのですが、重みのあるセリフが
多かったのでみを感じましたわ。
存在感が圧倒的。
顔見せもちらっとあったようですが残念ながら私の席からは・・・

いつもの笑いをおねだりするところではアバハンが絡んできてこれも
笑えました。
セバスと坊ちゃんまで笑わせてましたね。
ここもキャストさんの表情がしっかり見られないのが残念でした。

そしてサーカスの場面。
ここは見ごたえありました。
サーカス団のメンバーの再現率には驚きました。

特にジョーカーは立ち振る舞いも完璧でしたが歌も素晴らしかったです。
うわぁ~~これはすごいわ!!っと引き込まれていたのですが・・・
ベティ!!!
ベティ!!!

どうしてサーカス団のみんなの衣装があれだけの仕上がりなのに
あんただけ布被ったような体なのよぉおおおお

ベティにもベティにももう少し予算を回してあげてぇええええ!!!
っと私の悲痛なびです。
セバスの客席からの登場とか甘噛みとか良かったんですけど、脚は
アレだし・・・

もうちょっとだけでいいからぬいぐるみみたいなふっくらと動物感が
出せないものかしらんと・・・
サーカス団すげぇ!!!って思っていたのが全部ベティに持ってかれ
ました・・・

そうそう今回も娘同伴だったんですが、娘はスネークの脚に首ったけ
だったようです。
ダンスシーンで目をわれてからはずっとスネークの脚ばかりを
追っていたそうです。

腐の方向へは進みませんでしたが立派な変態に成長してしまいました。
「スネークのダンスヤバイ!!脚ヤバイ」をうわ言のように繰り返
しておりました。

スネークの蛇ちゃんたちの声の使い分けは見事だと思いましたが
脚までは私にはよくわかりませんでしたわ。
スネークのダンスシーンもそうでしたが、前半は契約シーンにも赤の
照明を使うことはなくてほとんど青とか紫とかが多かったようで。

娘は演劇部なので照明の使い方とか場面展開の見せ方など演出面にも
関心をみせてましたね。

サーカス編ではグレルが出てこないのでその分ウィルがギャグ担当。
ド派手な「スーツ」で登場した時には笑わせていただきましたw

空中ブランコはなかなか演出が面白かったです。
そりゃ本当にはできませんもんね。

ただ原作でも重要な「手当たり次第に・・・」の場面はもう少し
ねっとり悪魔と死神らしさを出してもよかったのではと。
赤の照明は後半に持ってきてましたが、前半、あの場面だけ悪魔
いうことを強調しておくためにもスポットで赤を使うと印象的になっ
たのではないかなと。

サーカス団の中に悪魔が入り混んでるって緊張感も出せますしね。

ビースト姐さんとの甘い悪魔の誘惑のシーンはどう持ってくるん
だろうとワクワク!!!してたのですが、なるほど、そうですよね。
さすがにばっこんばっこんってわけにはいきませんよね。

声のみの「もう浅い仲というわけでもありませんし」でした。
でも十分何をしてるかはわかるwwwww
ビーストの声がめかしくて。

誘惑のシーンのダンスもセバスがんでる感がよかったですv
ただやっぱり表情が見えないのが辛いのよ。
タオルきぃいいいい~~~~の気分でした。

そうそう、坊ちゃんを甘やかすシーンでもセバスの表情があまり
わからなくてきぃいいいい~~~~でしたね。
ただ、あそこは坊ちゃんのナイティを拝めたので♪
あんな格好してたら本当に坊ちゃん可愛いんですよ!!!!

後半はもう一言「お父様に尽きる」
「ヤッター!!!」の一言でお父様が現存することを認識。
こっちも「ヤッター!!!!」ですよ!?

原作では両手を突き上げてるわけじゃないんですが、ケルヴィンの
無邪気さと狂気を端的に表現されてたと思います。
ケルヴィン乗り移ってますよね??

演じてるの枠を超えてそのものでしたわ。
素晴らしい!!
お父様に会いにいくだけでも価値有りです。

次々にアレを披露していくシーンはもう少しグロく血を表現しても
いいのではと思いましたけど。
とにかくお父様の狂気っぷりが見事です。

お父様の「いやだーーー!!」とか陶器の肌に憧れるダンスとか
よくぞここまで再現してくださいましたとしか言えません。
お父様を狂わせた張本人魔性のパパンの甘いお声も今回も
ありがとうございますv

あの日の再現のシーンでは、前回のリコリスが結構ドバっと血が飛び
散った演出が多かっただけにサーカス編は控えめだなと思いました。

前半の契約シーンで青や紫の照明を使ったところを今度は同じ場面で
赤を使うと面白かったのではと。

でも坊ちゃんがケルヴィンの話を遮りパン!!って撃ったところや
坊ちゃんに襲いかかるジョーカーを斬りつけるセバさんの素早い動き
よかったですね!!

客席ビームの暗転からのお屋敷への場面展開もよかった!!
ここからの使用人の活躍は必見!
フィニの異常なまでの強さやスナイパーとしてのメイリンのかっこよさ
がよく表現されていたなと。

バルドはガトリング銃だよね?
連射だからメイリンのライフル銃と同じスポットではなくフラッシュ
とか使うと迫力出たのではと。

ま、とにかく使用人ズの見せ場はかっこよかったですv
セバさんと坊ちゃんが絶対的に彼らを信頼してるのもよく伝わってき
ましたね。

その分、サーカス団のメンバーがやられてしまうのは切ないのですが。
ジョーカーもそうだけど追い詰められてどうしようもない状況で生きて
いた者たちが死に往く場面は涙ですよね。

「さぁ私の名前を呼んで」
のセリフはねちっこさが売りの古川スチャンなのでねっとりと色気
全開でもったいぶって
いうのかなと思ったら意外に力強くて・・・

坊ちゃんの眼帯を解き突き上げる手はいやらしくて非常によかった
です。
ここは一番の見せ場だと私は思っているので(勝手に)もうちょっと
坊ちゃんにセバ、セバって溜めをたくさん入れていただけるとより
Hな場面になったのではと。

ええ、Hにする必要な全くないのですけどね。
個人的にです。
あくまで個人的な展望です。

とにかく今作では坊ちゃんが可愛らしいので本編中でも姫抱っこが
たくさん見られてもう可愛いったらありゃしない。

サーカス編は孤児院に出かけるところまであって完結するわけですが
今更ながら奥が深いなと思いましたね。
「これが人間なんだよセバスチャン」
「だから人間って面白いんですよね」

この場面で二人が歌うのすごく盛り上がるんですが、残念なことに
歌詞は聞き取れても私の耳がポンコツ過ぎて音を耳に残せない。
大変申し訳ない。

ジャワージャワージャワーって凄い情報量を一気に流されて気がつけば
エンディングでした・・・
ってのが初見の感想です(^^;

気がついたらキャスト紹介で手を叩いてました・・・って感じ??
ホント内容が濃いからこれしっかり消化するには1回では無理があり
ますよね???

原作既読でこれだから、未読の人は大丈夫なんだろうか?
って心配してしまうのですが、作品としてはしっかり最初から最後
まで一貫してますし、よくやってくれたなぁって感心します。

初見感想はだいたいこんなとこなのですが、これが2回目を観た後
だとまた変わるんですよね~~~~

夜公演の感想はまた後日。
これは見れば見るほど理解が深まって感動が増す作品ですわ。

まずはざっくりの感想ですが今後、愛知公演を経て感想はますます
長くなっていくと思われます。




スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ・コミック

[ 2016/12/12 02:31 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する