アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年01月20日 (金) | 編集 |
ついに完結の6巻!!
いや~~そうですか、そうですよね。
って感じでしたね。

アニメからの方は最終話まで視聴してから原作読むことをオススメ
いたします。
でも、原作既読でも結構ややこしいので、あの時のアレはあの人
だったのねと​確認作業​はあった方がわかりやすいかも。
原作既読組もアニメでおさらいです♪

これまでの感想はこちら




まぁ一番のびっくりはやはりアーベントが髪を​​めていたこと
でしょうか。
ええ、課長がしいことはわかってたんですよ。

でも、アーベントは見事な白髪だというのに課長は見事な金髪
でしたからね。
これで除外してしまったんですよね、私。
怪しいなと思いつつも・・・
やられましたわ。

雰囲気的にもかなり変わってますもん。
あのシュッとしたカッコイイ系があんなにほんわか系になって
なっていたなんて。

アーベントの雰囲気としてはグロッシュラーが一番ぴったり
すると思うのですが、髪の色も近いですし。
だけど年齢が合わないんですよね。

予想の範疇とは言え見事にやられましたわ。

はぁ・・・
全ては枢機院長の筋書きだったことにもビックリ・・・
始めから全部そうだったなんて。
裏に枢機院長がいることは予想してましたが全てはドーワー王家
存続のため
で、その邪魔になるリーリウム家の排除が目的だった
ことまでは読めませんでした・・・!

てっきりジーンを時期国王にするためのクーデター計画だと思っ
たんですけどね。
まさかあのボンをそのまま認めるつもりだったとは。

元々ジーンの母であるシュネー王女は公にはされていないけど
王家から除籍されてるのでジーンには王位継承権はなかったん
ですよね。
ここは私、勘違いしてました。
枢機院長らにとって最初からジーンの選択は有り得なかったん
ですよね。

ただ、公には第2王女は事故死だからその息子や娘が存在する
わけはないのだけど、もしいるとなればみんなは王女が除籍され
ていることを知らないから当然王位継承権を持ってると考える
でしょうし、バカ王子よりはましって期待しちゃいますよね。

ジーン自身は全く王位に関心がなくても国の平和のためには継承
させられることになるだろうと思っていたので枢機院長や国王らが
バカ王子に継がせるつもりだとわかってまたびっくり

王子の即位を前に憂いとなるリーリウム家の計略を一掃するため
オータス兄妹は利用されたなんて・・・
クヴァルム枢機院長ろしや。

とはいえシュネー姫が王家を離れるとき枢機院長がアーベントに
国王への報告と共に姫の家族をずっと見守り陰ながら支えることを
頼んでいたのではないかと。

アーベントは私財を投じマンションを建て大家となり姫の一家が
安心して暮らせるよう計らっていたんですね。
ああ・・・課長さん(*/-\*)

ロッタを食事に連れていったり一緒にお茶するのはどんな気持ち
だったんでしょう。

自分が愛し生涯を見守り続けようとした姫の娘。
成長するごとにどんどん姫に似てきて・・・
嬉しいし楽しいに決まってるだろうけど。

ああ・・・切ないよ (ノД`)

姫が残した子供達を見守ることは彼の幸せでしょうが・・・
本当生涯​かけてますよね。
かっこいいです (/ω\*)

アーベント=課長さん 最高!!!d(≧∀≦*)ok!

それにしてもリーリウム家がラストで出し抜かれたのは痛快
他の長官もグロッシュラーからリーリウム家のことやジーンの
計画を聞かされたでしょうに上手いこと惚けてましたよね。

ジーンは本部長から自分の出自を聞かされたときから今後どう
するのかの「作戦」を立ててたようですが、やっぱり只者では
なかったです。

自分が王位に就くことなくACCAの存続を手にしました。
本部長の働きもあってのこととはいえクールにキメましたねv

フラワウはドーワー王国から抜けましたが希望すればまた戻って
くることが可能というのは素敵です。
さすがグロッシュラー、大人な対応ですわ。

プラネッタ区から資源が発掘されたのにも驚きでしたwwww
貧しい区なのに夢を追いかけてて大丈夫かと思ってましたが
よかった、よかった♪

フラワウが抜けたらドーワー王国の資源は行き詰まるだろう
ってことでフラワウは強気だったと思うのですが、その問題も
しっかりクリアしちゃいましたv

私はグロッシュラーに指示を与えていた人物がリーリウムの他
にもいると思っていたんですが、電話の相手は全部リーリウム
だったんですよね?

てっきり別の人物がまだ裏にいてグロッシュラーがリーリウムを
最後にくことになると思ったんですが、ギリギリまで彼に従う
つもりだったようなのでこの線はなかったですね。

式典はジーンとモーブ本部長の考えでしたし私の予想は外れて
ました(^^;

クーデターの件でACCA存続が約束されただけでなく、ロータス
兄妹が公に王族だと発表されなかったまでも城への出入りが可能
に。

二人が国王と直に会えるようになったためにニーノの報告は必要
なくなり​お役ご免​。
これからは自由の身ってことでニーノは好きに生きるようですが
きっとこれまでと何も変わらないのでしょうね。

もしかしたらロッタの初恋は叶うのかしらん?
でも年齢差がかなりありますからね。
それにジーンは失恋したところだし、二人仲良く独り者でいて
欲しいわと私の願望ww

レイルいいやつだからロッタに振り向いてもらえるといいなとは
思いますが恋に発展するかは不明ですねwww

課長さんは正体を明かさないままこれまでと同じように二人を
見守っていくようです。
ニーノもそのことについてはもう触れないでしょうね。

ロッタのピンチを救ったカフェのおじさんも実は見守り関係者
だったようで。
課長共々いいタイミングで現れたわけですわ。

そうそうノットくんの奥さんも帰ってきてくれてよかったです!
全てめでたし、めでたしwww

期待通りの平和的解決でしたね。
いや~~~いろいろ楽しめて面白かったですわ (〃∇〃v)

さすがオノ・ナツメさんv
見事なまとめに大満足!

これをまたアニメで見せていただけるなんてありがたい♪
いいタイミングのアニメ化に感謝です。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック