アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年01月21日 (土) | 編集 |

明日からってもう今日からですね。
劇場版公開。
私もぜひと思っているのですが、いつ行けるかな。

では今月も遅くなりましたがGF感想を。
先月号の感想はこちら






今月号も表紙美麗です!!
黒執事の世界で一番のお耽美顔は葬儀屋さんってことです
からね~
睫毛バッサバサでしい
れますよね(/∀\*)

一緒にいるのはシエルの方でしょうね・・・

もう、ああ・・あ・・・​ああぁああああ・・・!!
って感じです・・・
いよいよ近いのでしょうか。

では本編感想です。

扉絵は生でお馴染みのアバーライン警部。
原作の警部は生とは全然いますww

前回の写真でスフィア・ミュージックホールから逮捕者が出た
ようです。
配られていた純金のブレスレットも大量に質屋に流れている
ようで。

その頃、ファントムハイヴ邸ではピットが坊ちゃんやソーマと
一緒にお茶してます。
昔撮ったファントムハイヴ家の家族写真をピットがソーマに
見せようとすると・・・

坊ちゃんは慌ててピットから写真をい取って・・・!
これは昔の写真が恥ずかしいからではなく、家族写真にある
重大な
事実​がされているからですよね。

ピットは昔からファントムハイヴ邸に出入りしてたようですし
ニノさんと同じように裏稼業のことも知ってるんでしょうかね。
ただの写真屋さんだけど例のスクープを撮るために利用された
だけだったんでしょうか。

家族構成を周りに知られたくない坊っちゃんとしては彼の元に
ある乾板を全て処分したいでしょうから近いうちにセバさんを
使うことになるでしょう。
セバさんも心得てる感じでしたしね。

今回の事件について聞きにきたアバーラインに坊ちゃんは裏事情
を教えてあげます。
あのミュージックホールで客を奪った目的は圧倒的に少ない
シリウスの人数をさらに減らしシリウスから死者を出すこと。

確かにあんなに盛況でも失血死を出してたんですもんね。
それ以上に供給源が減れば死者がもっと出るのは確実
それであの現場を押さえれば証拠写真が手に入るって踏んだん
ですね。

はぁ・・・アバーラインに説明する坊っちゃんのお顔が素敵
セバさんもいい表情ですわv

スフィアのパトロンたちはキラキラが取り戻せるってことで
お布施をしてたようです。
つまりは輸血目当てか。

血をもらうと元気になるかしらん。
貧血気味の人には効くのかな??

ま、ちょっと輸血して元気になった気になってもらってたって
ことですかね。

そして全ては蒼き星のためにあるってことですが、この一等星
ってのはシエルのことですよね。

「だからもう終わりなんだよ」ってブラバットは言ってますが
これはどういうこと???

いよいよシエルが完全復活するってことでしょうか??
新鮮な血液をビザール・ドールに与えることでこれまでよりも
進化した形にできるようになったとか?

ただレコードを繋ぎ合わせるだけでは魂を欲してダメでしたが
素材がよかったというアガレス先生は通常の人間と同じように
動いてましたよね。

それよりもっと​生きた人間に近い状態​にできるようになったって
ことでしょうか。

うう・・・来月号はちょっと恐ろしいかも。
ついにシエルが姿を現すことになりそうで・・・(><)

衝撃​のご対面となるのかしらん。

でも、もしシエルが現れたとしても坊っちゃんの目的は自分たち
を貶めた者への復讐
だから、葬儀屋さんの目的はまだわからない
けど相反するものではないのでは??

協力して復讐するってのも有り??

ただ葬儀屋さんとしては悪魔​の存在は​邪魔だと考えてるよう
なので彼も坊ちゃんの​をってるとか?

シエルの魂は既に犠牲として悪魔に支払われたのだとしたら
魂のなくなったシエルの体に坊ちゃんの魂を入れようと葬儀屋
さんが考えるのもわかるけど、なんでシエルなの?
坊ちゃんではダメなの??

死者でなければならないとしたらそれはシエルのシネマティック
レコードに別の人間の素材を繋いでシエルでもない者を作り出そう
としてるとか?
それは彼が​した人を生き返らせるってことに関係してる??

はぁ・・・核心部分に近くなってるようで。
次号、ドキドキですわ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック