アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年01月28日 (土) | 編集 |
何とか時間を見つけやっと乗船してきましたよ!

が、仕事が立て込んで若干体調が悪い中での船出でしたので岐路は
疲れがどっと出て帰宅するなり寝込んでしまったという・・・
非常に残念な私でした。

こんな状況でしたので初見のみではまともな感想が書けないと
思われますが、取りあえず覚え書き程度を残しておこうかと。

ネタバレしかないような感想なのでご注意ください。

劇場版ってことでスクリーンの大きさを活かして迫力あるアップが
たくさん入ると思っていたのですが、割りと引きが多かった?

もちろん美麗なアップもたくさんありますが、もっと欲しかった
とか贅沢を言ってみたり。
これって好みの問題かもですが。

作画はとてもよかったです。
ヌルヌル動くCGは仕方ないとして。
あ、でもカンパニア号がどれだけデカくて豪華なのかは十分理解
できました!
豪華客船って、すげぇもの作るんだな・・・っと。
まさにセレブなお貴族さまの世界です。

そして海の波の描写が凄かった。
眼鏡を持っていかなかったんですが、CG?実写?と思うほど。
もしかして実写でした???

それにしてもよくあれだけの内容を劇場版という尺の中に納めた
ものだと思いました。
話の流れは​ほぼ​原作通りで劇場版用に再構成されたりはしてなかった
と思います。

最初から劇場版を意識した構成​でやな先生が描かれてたってことでは
ありましたが、それってかなり凄いことでは?
船もキャストも豪華でそりゃ​​濃厚​な内容にになるわさ。

始まりは人身売買の噂から。
久しぶりに劉と藍猫を拝見し懐かしかったです。
この人たち今どうしてるんだろう。

人体実験をしてる可能性があると言われる病院にセバさんが潜入し
戻ってきますが・・・
おいおい!!
​から帰ってこないのかよ!?
っていうのが最初の衝撃。(゜ロ゜)

私、この豪華客船編でのセバさんの見所は太股パッツン濡れた髪
だと思っていたのですが、遠くからの報告のみで・・・

あの窓から帰ってくるコマは最重要​コマだと思っていたのですが
どうやらスタッフと私とで認識のズレが(^^;
無念。

そんなこんなで船に乗って出港。
ミッドフォード侯の手厚い歓迎を受けた坊っちゃん。
いいよぉ譲二さんwwww

すっかり忘れてましたがフランシスおばさまの前ではセバスは髪を
しっかりと撫でつけてないと叱られるんでしたね。
ジェレミーさんを思い出してしまいました。

学会潜入時の坊っちゃんの金髪変装が思っていた以上に可愛らしく
しい!!

嗚呼・・・やはり色がつくと格別!!

今思うとセバスの変装は大して変装になってませんよね。
ついでにセバスも金髪でよかったんじゃないのかと思ってみたり。
黒髪以外は執事の美学に反するとか自己規定があるのかしらん。
でも、金髪だと子爵と被っちゃうから絵的にバツかなwww

アニメの子爵は久しぶりでしたが、やはりたっつん​元祖​www
素晴らしい​wwww。゚(゚^∀^゚)゚。
私の脳内の子爵は随分変態チックになっているので(舞台の影響?)
なんだからまともな子爵に思えてしまいましたが、振り幅としては
丁度イイ具合だったのではないかと。
ウザさも​可愛らしい​程度でww

完全救済後のゾンビの​​​の撒き散らし方が大変豪華でした。
うわ、これはパニックになるわと。

ロナルドとセバスのバトルも景気よく、芝刈りデスサイズが軽快に
動いてました!
ここはやはり劇場版!
アクションがどのシーンも​クオリティ高い!!
そうそう今回はセバさんの「え!?」って可愛い表情がたくさん
あるんですよね!
必見!!​(/ω\*)

私セバさんの作画は可愛い方がきです。
ちょっと馬面っぽいのは苦手で(^^;
今回は美人さんで嬉しかったです。
ところどころ長い時もありましたけどね。

ま、何人もの方で描かれるわけですし人の好みは様々ですので
全く問題ないですが。

順調に船底でゾンビたちが復活し動き回って坊っちゃんピンチ!
ってとこでセバさん到着。
スマートさに欠けますがといいながら効率よく頭をしにかかる
わけですが、これもまぁアクションとして見ごたえ​十分!!

舞い散る鮮血と舞い踊る悪魔
あの悪魔​発動のシーンですね。
いや~~~~セバさん動く動く。
ゾンビの頭がパンパンパン吹っ飛ぶ。

ゾクゾクさせていただきました (*≧∀≦*)v

坊っちゃんのあの台詞はカットでしたが​の海の中で微笑む悪魔
最高にござりました (*/-\*)
水浸しならぬ​​浸し。

その後、坊ちゃんの指示でセバさんは侯爵夫妻の元へ行きゾンビは
頭部の破壊が必須であることを伝えます。
っと、聞いた途端の侯爵家3人の見事な剣さばき!

かっこええ!!O(≧∇≦)O
このお三方、特にご夫妻、負ける気しないですwww

そしてあの子は必ず婚約者を守り抜く」ってフランシスおばさま
の一言。
これはリジーのことだったんですよね。
本誌読んでる当時はまだわかっていなかった私。

順調に氷山にぶつかるカンパニア号。
ここでグレル登場!
うわ~~アニメグレルも久しぶり!
やっぱいいわぁwww
俄然、やぎますねwwww

いや、笑いが起こるといいましょうか(^^;
グレルがグレルでヤッホーですv
セバさんの濡れ髪も拝めましたしね。

そうそう、劇場版で驚いたのは坊っちゃんがリジーの服を​​く所
かなり乱暴に引き裂いてますよね。
ちょっとびっくりしました。 (゜ロ゜)

あんな力が坊っちゃんにあったのかと。
あれじゃコルセットごといてリジーが半裸になってしまうのでは
と思うほどwww

リジーを命をかけて守る坊っちゃん凛々しかったですよね!
が、ゾンビに囲まれ弾も切れて絶体絶命になったその時!

リジーの「女王の番犬の妻」発動!!!

嗚呼・・・素晴らしかった! (*>ω<*)ノ
ギリギリまで可愛い女の子でいようとしたリジーですが、大事な
シエルの命がかかってるとあってはここで力を出さないわけには
いかず。

を取りました!
その​​いこと​​いこと。
ドレスの裾を翻し、って下着の裾ですが(^^;

このリジーの戦いをみるためだけに何度でも足を運べそうです。
鳥肌立つくらいカッコ良かです!! d(≧∀≦*)ok!

クルクル回るところからティーカップ、回想へと移る演出もよかった
ですわ。
リジーはホントに可愛らしくて守られるべき存在って女の子なんです
けどその実、幼い頃から女王の番犬の妻となるべくフランシスに育て
られてきてたんですよね。

剣の腕はまさに天才と誰もが認めるほど。
お母様がお母様ですからね。

でも、以前シエルに強いお嫁さんは怖いと言われ、自分を否定される
ことを恐れて・・・
それ以来、本当の自分を隠して気に入られる存在であろうとしてたん
ですよね。
好きな子に好かれたと思う乙女心 いじらしい。

が、シエルの命が危険にある今、​全てを晒して守る覚悟​を!
ここは沢山の人に見てもらいたいシーンです!!
リジーにマジれるから!! カッコ。゚+.(≧∇≦)゚+.゚エエ!!!!

はぁ・・・見所が多くてあそこもここもってなりますが、​絶対​に
リジーと葬儀屋さんだけは外せない!!

長くなりましたので分割。

その2に続きます。








スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック