アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年02月09日 (木) | 編集 |
いや~今回も面白かった!
上手くまとめちゃってくれますよねv
アングルとかも変化があって嬉しいです。

今回やはりマギーのバードン出張からでしたね。
うん、うん♪
役に立たなかった部下の代わりに重要任務だということでマギー
自らバードンへロッタの調査に。

王子付きだというのに王子に断りもなく出かけてしまう辺り最高
そして、マギーとしては王子は意中のロッタのことが知りたいから
調査させてると思っててw
有能に見えて案外そうでもないとかね。

そして早速ロッタを追跡するも、マギーはバードンの食パンという
か、トーストに夢中になってしまってwww
あんみつの子と変わらないww

しかもレイルに最近ロッタのストーカーをしてる奴の仲間だと服装で
バレて追及されるという。
って、レイルも大概www
ロッタのストーカーしてなきゃ気づかないことだもんね。
さすが先輩ストーカーです。

で、マギーがあまりにもトーストに感動してるものだからレイルは
食パンの美味しい例の店を紹介してあげるというwww
いつの間にか、ロッタを挟んで仲良しにwww

基本、いい奴なんですよね、二人とも。
この後もこの二人のみに注目ですv

ロッタとも顔見知りになっちゃうマギー。
王子にドーワーで食パン専門店を開くこと進言してるしwww
マギーはすっかり王子がロッタのことを好きなんだと思ってますね。
でも、王子が気にしてるのはのことで・・・
両親について質問。

っとマギーはレイルに聞いてるしw
食パン仲間ってことで。
いつの間にか電話番号まで聞きだしてたんですよね。
抜かりないマギー。

リーリウムはまたジーンに接近してきましたね。
グロッシュラーについて探りを入れてるようですが・・・
ジーンは自分の勘ではグロッシュラーはクーデターに関与してない
気がするといいますが・・・
それに対してリーリウムはクロウのことを話しちゃってます。

ACCAの内部調査の者であること、その目にジーンはれてしまって
いることまで。

どういうつもりなんでしょうね。
リーリウムの行動、言動にも要注意です。

次の視察はビッラ区。
っと、ホテルに入る前にジーンが振返りました。
その先にはニーノ。

ああ・・・ついにジーンが気づいちゃいました。
ってあの距離ですよ。
しかも、ニーノはもう30年ジーンを見てたのにこれまでは全く
気付かなかったのに、突然気づくという・・・

ジーンってやっぱりなんか敏感というか、いわ。
ジーンが自分の視線に気づいたことにニーノはきを隠せず。
かなり動揺してますよね。

ニーノは上司にジーンが知ったことを報告。
上司からは「話すべきことは話していい」と。
でも、バレたからといって「役目」が終わった訳ではないと。

もしジーンがニーノを受入れなくなったとしても、ニーノが自ら
ジーンと離れたとしても友人としての立場から形を変えて続けて
いくだけだと。

うわ~~~~って感じですよね。
ニーノとしてはこれで友人としての関係が終わってしまうだろう
とショック受けてます。
当然自分のことをジーンに追求されると思ったでしょうし。

まぁ大体この辺りでニーノはジーンが生まれた時から見ていて
それはある特別な任務であるってことからジーンの出生に関わる
ことなのだろうって察しがつきますよね。

ジーンたちが両親から受け継いだ管理人の仕事もニーノの上司が
大家のマンションですし。
かなりの大物がジーンたち兄妹を見守っているってことは確実。

てっきり電話の相手のセリフはここでも無しでいくのかなと
思ったんですがちゃんと上司と会話してましたね。

ビッラ区でもジーンはタバコをもらいました。
それぞれの区は平和であるけれど他の区との力関係とかいろいろ
考えてることがわかりますね。

ジーンはたぶんニーノがどこかで監視してて声をかけてくるだろう
ってことで外出。

スイツ区でジーンを助けてくれたのがニーノだとわかった時から
これまでも何度も誰かに助けられていたことから、たぶん監視は
ニーノだろうって察してたんですね。

「その目に慣れてしまっている」って言葉もヒントになりましたし。

ジーンはニーノにACCAの人間なのかを確認。
ニーノは肯定。
でも、ニーノがジーンを見ているのはACCAの務めじゃないことを
伝えます。

ここが肝心
ニーノにはACCAの任務より優先されるべきことがあるんですよね。
っていうかACCAの任務は元々の任務をしやすくするためのもので
しかないのかも。

ジーンはニーノの予想に反してニーノを追求せず。
ニーノが話せないってことならそれ相応の理由があるのだろうって
全面的にニーノに信頼を寄せているのが分かります。

ニーノもジーンは昔からそうだったなと・・・
一度は不安になったものの、ジーンが変わってないことにホッと
安堵ってとこですね。

が、ジーンはそういえば・・・
っとお酒を飲むときはいつもニーノがやけに進めてくることを
思い出します。
探りを入れられてたことにも気づきましたねwww

ジーンがニーノに話してることはといえば・・・
本部長のことでしたwww

監視がバレてもお互いの関係が変わらないのすごくいいです。

でも、次のロックス区の視察にはニーノに同行できないように
しちゃいました。
世間は休暇だからロッタへの配慮なんですけどね。

ロックス区はグロッシュラー長官の出身区ってことで、どこも
かしこも似たような長髪男子がごろごろ。
偽物ばかりかと思ったら・・・本物もいるという。

ジーンがグロッシュラーと直接話をすることに。
さぁこの二人はを語るんでしょうか。

ロッタがジーンが列車に乗っていることを知って一瞬顔を曇らせまし
たよね。
すぐそれに気付いたニーノは心配いらないと声をかけてますが・・・

これには訳があるんです。
次回、判明かな。

そしてエイダーはここでやってきました。
すっかりジーンのことが気になってるようですが・・・
落ち込む?エイダーをグルスがなだめることにwww
ふふふ、彼女にも注目です!!






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック