アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年02月13日 (月) | 編集 |
怒涛の展開から今回はちと落ち着いた感じでしたがついに・・・
たどり着きましたね。

諫山センセもやっと思い描いてたシーンに辿りついたとコメント
されてました。

先月号の感想はこちら





グリシャの日記に書かれていた情報はヒストリアの一言で一般に
公表されることに。
「100年前、レイス王が民から奪った記憶を100年後の民にお返し
するだけ」

信じる者もいれば信じない者もいるようで。

そりゃ人類を脅かす人喰い巨人の正体は実は人間で自分たちと同じ
祖先を持つ「ユミルの民」だったとか、

王が巨人の力で民衆の記憶を改竄し壁の外の人類は滅亡したと思い
込ませたけれど本当は人類は滅んでいなくて、逆に「ユミルの民」を
悪魔の民族と呼んでいるとか・・・

今まで信じてたことがひっくり返るようなものだからしっかり
考えて生きてる人間以外は疑問と辻褄が合ったなんて思わない
だろうし、ただただビックリですわな。

フロックはヒッチにマルロの最期について話しますが、その後
報告書を読んだ者はみんなどうして団長ではなくアルミンが選ば
れたのか疑念を抱いていると言い出して。

エレンとミカサとリヴァイが私情に流され注射を私物化し合理性
に欠ける判断をした
のだというフロック。

エレンたちは大事なものを捨てることができなかったのだと言い
ますが、これって以前アルミンが「何かを変えることのできる人間
がいるとすれば、その人はきっと大事なものを捨てることができる
人だ」
ってエルヴィンのことを言ってたのとの対峙ですよね。

だからエルヴィンのような者こそが状況を変えられる者であり、
生き延びるべきだったと言うアルミン。

でも、エレンを始め前線にいて実際巨人と戦って来た者にしか
アルミンのさはわからないですよね。

リヴァイですらわかってなかったけど、いつもピンチを救って
きたのはアルミンの機転
で、アルミンがいなかったらとっくに
調査兵団は壊滅してたと思われ。

だからエレンの選択は私情だけに捕らわれているわけではないと
私は思うのですよ。
でも、アルミンはどうだろう?

自分の価値をエルヴィン以上だとは思っていないから、エルヴィンの
死を無駄にしないためにも自分にエルヴィンのような「大事なものを
捨てる」
ことを課す日が来るじゃないかなと。

アルミンにとっての大事なものはエレンであり、ミカサだからいずれ
この二人を切り捨てる覚悟を迫られることになるのでは。
うわ・・・なんか今後も大変そうだわ(><)

ヒストリアから調査兵団に勲章が贈られるようですが、あのループ
タイは勲章だったんですね。
ただのおじさまのオシャレなのかと思ってましたわwww

みんながヒストリアの甲にキスをしていきますが間接キスの嵐w

エレンはヒストリアに触れたことでまたグリシャの記憶が流れて
きたようですが・・・
あのレイス一家をった日の記憶ですね。
フリーダはグリシャにを言ったんでしょうね。

王の力を使わないってことだとは思うのですが。
グリシャはこの後、逆上してますから。

エレンはフリーダの言葉に何か強い衝撃を受け動揺してるようなん
ですけど。
彼女の言葉が気になるところです。

そしてそれから約1年後、調査兵団はウォール・マリア外へ6年ぶりの
壁外調査を行うことに。
そっか、今までは壁の中に現れた巨人と戦ってたんですもんね。

巨人はほとんどウォール・マリア内に入ってきていたようで、ほぼ
壁内の人類によって淘汰されたみたいです。

壁外に巨人の姿はみえない様子。
1年後のみんなの姿はあまり変わっていませんが、エレンだけ髪が
伸びてるようです。

調査兵団は南へ進み、エレンの記憶にある同胞が巨人にされ落と
されてた壁までやってきました。
その先に広がるものは・・・

アルミンがずっと見たがっていた・・・!
ハンジは早速ナマコを手掴みしてるようですwww
チャレンジャーですわ。

リヴァイは毒があるかもしれないと慎重。
海にすら入りません。
さすが潔癖症。

アルミンは巻貝を見つけ、嬉しそう。
「僕が言ったこと・・・間違ってなかっただろ?」
アルミンの言ってたことが正しかったと証明されましたね。

でも、エレンはアルミンの持ってる貝には目をやらず・・・

「壁の向こうには海があって、海の向こうには自由があるとずっと
信じていたけれどった

海の向こうにいるのは敵だ

何もかもがグリシャの記憶で見たものと同じということは海の
向こうにいる者も同じ。

「向こうにいる敵・・・全部殺せば・・・オレ達中自由になれる
のか?」

うわ・・・
これはまたきな臭いセリフです。

エレンの言葉は新な戦闘の始まりなんでしょうか。

マーレ人はまず自分たちが戦わず、エルディア人同士を戦わせる
でしょうから巨人同士の戦闘になると思われますが、でも「始祖
の巨人力」
を持ってる壁内の方が圧倒的に有利なはず。

マーレ側の巨人も従わせることができるのですから。
そうなるとマーレ側に勝目はあるんでしょうかね。

友好的に解決できるとは今のところ思えませんが、東洋の国とか
隣国とかが今後の鍵になるんでしょうか。

エレンはヒストリアを犠牲にする覚悟はないと言ってますが、
捕食しなくても接触するだけで力は発動するのでは??

ほとんど無垢の巨人はいなくなったようなので、あのダイナも
いなくなったってことで、残る王家の人間はジークとヒストリア
だけですかね。

ジークの獣の巨人の能力は誰かに受け継がせることはできても
血までは無理だろうから今のところこの二人のみだと思うの
ですが、ジークもしかしてもう子供作ってる???

そうなるとまたややこしいですよね。

壁外には巨人がいなかったってことはジークたちはもうマーレ
に引き上げてるってことですかね。
それか、どこかに潜伏??

無垢の巨人はいないってことは新たにエルディア人が巨人にされ
てないってことで、それはいつから止まってたんでしょう。

クルーガーがグリシャたちを巨人にしたのが最後だったのか?
どうなんでしょうね。

グリシャのマーレ情報はかなり昔のものになるはずなので現在の
マーレ状況はわからないってことですよね。

取り敢えず「夢見るだけの輝ける時間は終わった」ってことなので
この先も気の抜けない残酷な世界が待っていそうです(><)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック