アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年02月26日 (日) | 編集 |
あっら~~モルさんとアリババが結婚することに!?
モルジアナの気持ちを思うとそうなったらいいのになぁ~
って期待してましたが、アリババくんしっかり決めましたね。

前巻の感想はこちら




シンドバッドと袂を分かったアラジン達は、暗黒大陸で修行を
した後、元の世界を目指す。
一方、『ソロモンの知恵』の力を狙うアルバは、大峡谷で守り人
・ユナンと激突し…!?
そして遂に、アラジンとアリババは、運命の再会へ!!
さらに、アリババは胸に秘めていた思いを語る。それは、
モルジアナへのプロポーズ!!
様々な人間模様が折り重なる至高の魔導冒険譚、最新32巻!!

ユナンは強そうだったんですが、アルバがあまりにも強すぎて敵い
ませんでしたね。
もうちょっとアルバに痛手を与えてくれるとすっきりしたんですが
何しろアルバが不死だったのでどうすることもできず。

それにしてもモルジアナがくなっててびっくり。
元々強かったけどファナリスを背負って立てるくらいに。
アルバがアルマトラン最強戦士でいられたのもファナリスと戦った
ことがなかったから
と言い切っちゃうとこかっこいいです。

でも、魔法を使われたらさすがに勝てませんよね。
四つの極大魔法をぶつけてくるアルバでしたが、なんとアラジンは
指先一つで回避

「力魔法」を習得してましたv
どんな魔法で攻撃してきても物理法則を操るアラジンの前では無効化
されてしまうんですね。
これはもう無敵だわ。

いつの間にかアラジンは最強になってたようです。
錬金魔法も使えるようで、白瑛の体を一旦別のものに置き換えて
アルバが操れなくしたようです。

いや~~~なんだよ、これ。
チートじゃないかwww
アラジンがものすごい数の魔法を習得してるところは少年漫画の
見せ場なのにばっさりカットとしてくるとは。
描きたいものはそこではないってことでしょうね。

アルバは自分が産んだ子しか操れないけど、まだ白龍がいるって
ことで体を乗っ取ろうとしたら、白龍の体は左腕と両足を移植した
ことで紅炎のルフが混ざって純粋な体ではなくなってて無理

あっらぁ~~~ざまぁ~ですねv
これでアルバは動けなくなるのかなと思ったらまだダビデに何か
頼んだようで。
まだこのおばさん頑張るようですわ┐(-。-;)┌o

白瑛は子供を産んでるかと思ったんですがそれはなさそう?

アラジンとアリババは無事再会を果たし、アリババはモルジアナ
プロポーズ
平和になったら家族が欲しいなと思ったアリババが真っ先に思った
のはモルジアナだったようで。

モルジアナはもうずっと前からアラジンのことが好きでしたからね。
よかった、よかった!

奴隷だったモルジアナは王族だったアラジンとではとても釣り合わ
ないと思ってたときもありましたが、今ではファナリスであること
自信に溢れてていいですよね。

相変わらずのモルジアナの太もも&ふくらはぎには惚れ惚れです。
見事な筋肉wwww
そしてアラジンもしい足になってますよね!!!

すごく親近感wwww
我が家は私以外ファナリスのような体型してますからね。
旦那のご先祖は戦闘民族だったのではと思わせる遺伝子の強さw

モルジアナには幸せになって欲しいです。
アリババとなら喧嘩をしつつも仲良く明るい家庭を築くでしょう。

白龍は失恋ですが、アラジンが言うように良い人見つかるといい
ですね。
アラジンはどうなるのかな~~~
もしかして紅玉のことが好きだったりするのかしらん。

紅玉もまたくなりましたね!
意志をしっかり持って王として立派になりましたわ。
同盟を離脱するつもりのようですが、レームは元々入る気はない
ようですし、常任理事だった鬼倭国王はどうするんでしょ。

シンドバッドが理事長を務める国際同盟はシンドバッドが思い
描く様とはってきてるようです。
彼はアリババとは上手く調子を合わせてますが、本心では野望
隠したままですからね。

元々は平和を望む思いから始まってるシンドバッドですが、彼の
やり方にはアラジンはずっと否定的。
アラジンもニコニコしてますけど警戒を解いてるわけではない
でしょうね。

シンドバッドはダビデ王の声が聞こえなくなってるようですが
それはアルバの件と関連してるんでしょうか。

さぁこれからシンドバッドと正面切って対立することになると
思われますが、誰かが統制した平和自らで選んだ平和か・・・
どちらが選ばれるのか。

って結果は予想通りでしょうが、あと少し、そこへ辿り着くまで
の経過を楽しみたいと思いますv
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック