アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2017年03月29日 (水) | 編集 |
やっとひな退場。
でも、最後になってひななりの理由みたいなのが出てきて・・・
なんだかなぁ・・・な感じです。
最後まで嫌な女でいて欲しかった。

これまでの感想はこちら





津軽の記憶とともに、ひなの呪いの言葉を思い出した鈴。
胸をえぐる記憶に涙するが、ひなとの決着をつけるため
対峙する。物語は最終局面へ。
想いの果てに見つけたそれぞれの愛の形とはーー?


春時が兵役と偽って鈴から離れていた3年間で自分を変えようと
してたってのはよかったなぁと思うんですよ。
身内を殺めてしまった彼の贖罪。

何より自分自身を許すことができるかどうかとか苦しんだでしょうね。
鈴に対しても。

が、津軽は罪の意識を感じる必要はないとさらり。
確かに正論だけど、津軽には心がないというひなの言葉にも納得。

だね~~津軽はいろんなことよくわかってるし見えてるし優しいと
思うけど、津軽こそもっと深く人と関わるべきだわ。

鈴はけがをしてるのに春時をひっぱたいて、ひなをひっぱたいて
アドレナリン出まくりでしたね。
「あなたが自分の手を汚すべきなんだ」ってひなに啖呵を切るところは
すっきりしましたわ。

ひなにしろ、春時にしろ、津軽にしろ、みんな達観してるけど結局
問題に向き合わずげてるだけのような。

津軽もひなの嘘を否定しないのはひなのためと言っても一番自分に
とって大切な存在が鈴なのだったら鈴を優先すればいいのにね。

ひなが傷つくことは防いでも鈴が傷つくことは構わないの?
違うだろうに。
そこらへんの優先順位がしっかりしてないからややこしいんだよね。

ひなも鈴を愛染から守ったけど、これまで何度も直接ではなくても
間接的に鈴が死ぬ可能性のあることしでかしてきたのだからいくら
理由があったといえどもチャラになんてならないのでは?

死にたくない、幸せになりたかったってのが本音だったらそうなる
ように生きなきゃなれんわな。

他人を傷つけ、他人を陥れようとする生き方の先に幸福が待ってる
とは思えない。
ということで、かわいそうなところはあっても共感はできない娘
でしたね。

愛染もやっぱりシブトク生きてましたけど、とってつけたような
役回りのおっさんでした。
ひなを愛してたのなら二人で幸せになる道はあったでしょうに。

ややこしく絡んでくるからこんなことになってしまって。
もう少し大人で魅力ある人として描かれていたら別の面白味が
出たと思うんですが、子供じみたとこばかりで残念でした。

対比としてはわかりやすいヒールではありますけどね。

春時はついに自分は本当はどうしたいのかを考え結論を出したよう
です。
誰にも奪われない絆ってことで兄妹であることを選びました。
って、まぁそうなるわな。

あとは手瑠璃にすことにしましょう。
春時の心を彼女が癒やしてくれますように。
手瑠璃も賢いし、明るい子ですからね。

春時が幸せになれることを本当に私、祈ってます!!
鈴とかは放っておいても幸せになるだろうからいいんですけど
春時だけはホント、お願い。
幸せになって!!

津軽は・・・
ひなのことにしても鈴のことにしても結局 津軽自身がきちんと
自分の気持ちに向き合ってないから面倒なことになったんですよね。

鈴に言われて初めてひなに対しどう思っていたかに気づくとかね。
人のことはよくわかるのに自分のことはわからない。
みんなそんなもんなんでしょうが(^^;

ともあれ、落ち着くところに落ち着くことができたようです。

遊郭に売られたまだ禿前の女の子を身請けしてどんな話になって
いくんだろうと思いましたが、鈴もすっかり成長し津軽にとって
なくてはならない存在​になったようです。

最初からかなり津軽にとって鈴は​重要な存在​だったと思うんですが
津軽が認めてませんでしたからね。
鈴に対する自分の想いに正直になった津軽がこれからどうなるのか
楽しみですわ。

春時が呆れるくらい​デレ​たら面白いと思います。

ただ、こんな大事を起こさなくても(不幸な人間を生産しなくても)
前作の流れからここまでもってこれたとも思うんですけど(^^;
少女漫画では​劇的な事件​が起きるのはお約束ってやつかしらん。

次巻で完結のようなので楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック