イブニング連載の作品ですが、これがまぁなんともインパクトな作品
なのですわ。
娘が気に入っててずっと購入してますが、なかなか感想を書くところまで
行かなかったというか、書けなかったというか・・・

とにかく読んでみて!としか言えない強烈な作品!

今回映画化されるってことなのでこれを機会にちらっと紹介しておこうと
思います。
娘は映画は合わないんじゃ無いかと言ってますけどね。
相当演技力の有る子でないと無理だと。

舞台ならなんとかなりそうですが、面白い作品なので実写で転けないで
欲しいと思います。

Webで無料で数話読めますのでイブニング公式からどうぞ→ 試し読み

今だけなら1巻無料の試し読みもあります→コミックシーモア

ぜひ読んでみて欲しいなと思います。




およそこの世のものとは思えぬ醜悪な容姿を持つ少女・累(かさね)。
彼女はその容姿ゆえ、周りの者から苛烈なイジメを受けていた。
そんな彼女に、亡き母が遺した一本の口紅。
その口紅が累の運命を大きく変えていく——。
イブニング新人賞出身の新しき才能が『美醜』をテーマに描く衝撃作!! 


いや~~~もうとにかくホントに衝撃的なのですわ。
醜いというか、本気で気の毒になるくらいの顔に生まれてきてしまった累が
美を手にして変わっていく話なんですが、人の死が関わってきてしまうので
単に幸せな結末を迎えられるとも思えなくて・・・

なんとも読んでいてザワザワするのです。

累ちゃんは元々はとても優しくて心根の美しい子だとは思うのですが、見た目
のせいで周りからはまともに取り合ってもらえなくて・・・
こんな状況では、他人を妬み羨み憎しみを抱いてしまうのは致し方ないというか
それ以外にどう生きろと?

呆けてしまうかしないととてもまともにはやっていけないですよ。

っていうか、私としては周りにいる人間がこんなにも見た目で判断して心の醜さ
を晒していることを悲しく思うのですが、それが現実なのでしょうかね。
そう思うとまたい。

美醜がテーマってことですが、とにかくってきますよ、とても軽く読める内容
ではないです。

累ちゃんが美しい顔を手にしてどんどんと才能を発揮し、女優として輝いていく
のは嬉しいのですが、それに伴い彼女が悪に手を染めていくのを見るのは偲び
ないです。

顔を交換した相手の人生を犠牲にして自分が幸福を手にしているのだとしたら
その幸福が長く続くとは思えなくて、毎回毎回ドキドキハラハラなのですわ。

累ちゃんには幸せになって欲しいのですが、そんな単純な話ではないという。

口紅にどんな謎があろうとも、物理的に顔が入れ替わるなんてことはあり得ない
ので、その点はもう難しく捉えないでおくべきだと思うんですが、それにしても
永久交換ができるのだとしたらどういう方法なのかは興味があります。

最終的にどこに着地するのかとても気になる作品です。
今のままだと累ちゃんが本当の顔で舞台に立ちそうなんですが・・・
どうなるんでしょ。

うう・・・累ちゃんにはホント幸せになって欲しいのだけど・・・
最終的にはあの顔のままで生きていく選択をするのでしょうか。

永久交換だとしたら顔を取られた側もまた気の毒ですもんね。
死人との交換だったらどうなるんでしょ。
ダメなのかなぁ。

はぁ・・・何とかしてよ、高須の克ちゃん!!
スポンサーサイト

週刊少年ジャンプ2017 49号一言感想

「アシガール」9巻感想です(///∇///)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)