FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
2018年05月19日 (土) | 編集 |
​ふあぁああああって感じですよね・・・
いよいよ葬儀屋さんが前面に出てきましたよ。

先月号の感想はこちら




扉絵は炎の中のセバスと坊ちゃん。
悪魔の獲物。少年の手駒。

今日からお前は僕の下僕(いぬ)だ。
と宣言する坊ちゃんに「かしこまりました。ご主人様」と悪魔。

坊ちゃんは屋敷を燃やすよう命令。
サーカス編でいう「あの時と同じ」ってのがまさにこの時なわけですね。
屋敷を燃やすことも同じだったとは。

“証拠”を隠滅してしまえば、つまりはシエルを燃やしてしまえば、​嘘は
より完璧に近づく​
とゲスい表情の悪魔。
口調は丁寧になっても顔はまだ作れていないようです。

を自在に操る悪魔がしい。

坊ちゃんは一人残したシエルを“僕”だと自分に言い聞かせたようで。
弱虫で泣き虫の“おまけの一人”を起き去っていくことで自分と決別し
シエルになろうとしたんですね。

悪魔の手を叩き、シエルとして生きる覚悟を決めた坊ちゃん。

ああ・・・・
なのに・・・

今、目の前に本物のシエルが・・・!?

過去は終わり、ついにシエルと対峙。
ひぃいいいいいいいいい!!!

でも、シエルは坊ちゃんが自分に成り代わっていたことを責める
つもりはないようで・・・

え?

じゃ、なんでロンドンの屋敷でソーマとアグニをったの???
あんな残忍なことを意味なくしたとは思えないんですけど???

葬儀屋さんから屋敷にいる者は敵だとか言われたの???
壁にあんな狂気めいたメッセージの残し方をしてるし、悪意がある
としか思えないんですけど・・・

シエルにとっては自分よりも親しくしていた者たちの存在が許せない
とかそういうことでしょうか??
これから明かされますかね・・・

シエルは坊ちゃんが嘘をついていたことに対して叱るつもりはないし
むしろ、一人でよく頑張ったと褒めてます。
でも、もう本物が戻ってきたから嘘を重ねる必要はないと。

とはいえ、シエルの魂は完全に悪魔召喚の渡り賃になってますよね。
ってことは・・・

やはり人体模型が・・・

じゃなくて、葬儀屋さんが関わってました。
ま、当然ですが。
ってなんで人体模型持ってるのw

このシリアスな展開で笑いがw
この時代にも理科室の彼がいたんですねw

シエルについて問う坊ちゃんに情報の提供には対価が必要と葬儀屋。
この状況で、まだ笑い???
っと狼狽える私でしたが、先払いしてたことにしてくれました。

今回の葬儀屋さんは寛容ですw

炎の中からシエルを連れ出したのは葬儀屋さん。
でしょうね。
だけど、あのフードの人は顔に傷なかったですよね。
ってことは後から駆けつけたって感じでしょうか。

いろいろと邪魔が入って苦労したってことですから、悪魔以外にも
何かあったのかもです。

シエルを復活させようとした理由を訊くセバスに対し葬儀屋さんは
「君にはわかりゃしないさ」

つまりは人の心を持ち合わせない悪魔には理解できないってことのよう
です。

悪魔にはわからない感情が関わってるってことですよね。
たぶん、クローディア関連ってことで。

「ただ 我慢がならなくなったんだよ
これ以上 ファントムハイヴを失うのは

葬儀屋の言葉から察するに、これまでもファントムハイヴ家の人間が
消されていたってことがうかがえます。
寿命で亡くなっているのなら「我慢がならない」って表現はしないで
しょうから。

きっと、ヴィンセントだけではなくクローディアも、もしかしたら
もっと以前からかも・・・

アオリにも「葬儀屋と伯爵家との因縁」とありますし。
少なくともクローディア、もしくはもっと以前から関わりがあったと
思われます。

この感じだと、葬儀屋さんはファントムハイヴの人間を守ろうとして
ますよね。
ってことは坊ちゃんも守りたいはず。

坊ちゃんを守るって点では悪魔に任せておけば安心でしょうが、何れ
このままでは坊ちゃんのは悪魔に奪われてしまうのだから葬儀屋に
とっては悪魔も倒すべき敵なわけですね。

ところで本気の悪魔はどれくらいの力があるんでしょう。
人の形に拘らなければ悪魔のがそうなんですが・・・
あのデスサイズは厄介ですから。

葬儀屋の目的が坊ちゃんと同じであるのなら、共通の敵すまでは
坊ちゃんとシエル、悪魔と葬儀屋の利害は一致するので共闘する可能性
もありそうですよね。

うう・・・
でもそうなると坊ちゃんの魂は悪魔のモノになってしまうし、共通の敵
を倒した直後にまたバトルってことになりそう・・・

取りあえず、次号で因縁が明かされるのか楽しみにしたいと思います。
ドキドキですよん。

そしてタナカさんがどう関わってくるか、他の使用人たちも事実を知る
ことになりそうですし、どうなっていくのか気になります。

アグニを殺されたソーマのこともありますし・・・

はぁ・・・心臓が持ちませんわ。​
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック