FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2018年09月21日 (金) | 編集 |
3点先取されてからの逆転。
マンガじゃないとあり得ないと思うけど、でも実際にもこういう
ことってあるから不思議。

これまでの感想は​こちら​。



「微力を尽くす、それ以外ない」。
後半A・T(アディショナルタイム)、風間のゴールで逆転に
成功した聖蹟。
最後の望みを懸けて猛攻に出る梁山。
そして、闘う者と観る者、その全ての想いを断ち切るように
笛の音は響く。
勝者と敗者、それぞれ何を想い、何を語るのか──。
聖蹟対梁山、涙の完全決着!!


まぁ本当に長い試合でした。
っていうか、苛酷な試合でしたわ。

王者相手にボロボロになりながらも全力出し尽くしての勝利。
だけど、こういう試合の後が難しいんですよね。
このままの勢いでいける場合もあれば、全力出しすぎて体調崩したり
いつものペースを作れなかったり。

次回は君下くんの見せ場になりそうですね。

それにしても加藤くんはい。
色々凄いけど、負けた後で勝ったチームの控え室行ってしまうところが
凄い。
天然なのか、恐ろしい。

聖蹟を賞賛するつもりで覗いたんでしょうが、いってw
こんなの彼以外されないことでしょうw
聖蹟がビビるのも仕方ない。

で、良介くんも良かったですね。
負けてしまったのは残念だし、これで秋子先生も辞めてしまうよう。
引き留めて欲しいと思ってましたが、秋子先生自身が留まることを
望まないようですね。

もっともっとサッカーについて勉強してからでないと監督は出来ない
と実感したようです。
確かに梁山のようなチームだと多少監督が力及ばずでも選手が勝手に
動いて勝てそうですもんね。

でも、本当に監督の采配が必要な時、それでは役に立たない。
今回、秋子先生はそれを痛感したんでしょう。
必ず戻ってくるって言ってますし、良介くんとしては今は引き留める
べきではないと判断したようです。

監督親娘をイギリスに招待してやるって良介が格好良すぎる!
もうプロポーズでもいいんじゃね?って思いますが、なんと言っても
まだ高校生ですしwそれに、秋子先生だってまだまだ娘レベル。

いずれ・・・ってことで楽しみにしたいと思います。
そんなところまでは描かれないでしょうが(^^;
私の脳内では決定事項ってことでw

生方も戻ってきて一安心。
両親も彼女の“今”をみて納得できたようですね。
娘が倒れたとあっては問い詰めたくもなるってものですが、あんな笑顔
見せられたら引くしかないでしょう。

現場での司令塔は君下くんだろうけど、今では生方は聖蹟になくては
ならない存在ですからね。
彼女はもはやマネージャーの枠には収ってなくて、情報収集から作戦
までと監督以上の働きしてますからね。
むしろ、彼女がいなくてはこの先勝てないくらいに重要!

そして、風間妹ちゃん!
彼女は聖蹟を目指すようです。

うん、うんよろしくむよ!!
心強いです。
彼女もまたスペックいですからね!!
聖蹟に入ってきたら強力な助っ人になることでしょう。
今から楽しみです。

さぁ次は音羽戦。
またまた超高校級のGK登場で苦戦しそうです(><)

なんでこう次から次へと高校生らしからぬ風貌の輩が現れるのかw
いやいやこれは昔からスタンダードかw
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック