FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2018年10月22日 (月) | 編集 |

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​やっと感想書いてます!!
ホントここのところずっと忙しくてじっくり若君を堪能する時間

が取れなかったんですよね。

はぁ・・・若君 しゅき (/ω\*)

これまでの感想はこちら



若君と別れ、現代に戻った唯は失意の日々を送っていた。
弟の尊は、姉の圧を感じながら新しいタイムマシンの発明を急いでいる。
そんな折、唯のもとに羽木九八郎忠清の墓が見つかったと知らせがはいる。
それは、若君が戦国で唯と別れて3か月後に建てられていて──?


前回、涙の別れだったわけですが、絶対尊が何とかしてくれるとはずと予想
してたらやっぱり未来の尊が何とかしてくれた!

さすが尊!!\(^o^)/
そうだよね!!!尊は天才!!!
いよ!!
ありがとう、尊 
本当にありがとう!! d(≧∀≦*)ok!

一方、若君はというと・・・
織田家の武将・相賀一成の与りになってて。
なんかいいように使われてるんですけど

でも本来なら命のないところをこの一成が取りなしてくれたってことだから
逆らうことも出来ず・・・
若君を助けた功績は認めますが、若君に縁談話を持ちかけてくるとは

そりゃ若君いい男だし、頭は切れるし、こんな婿を迎えたら相賀は安泰だろう
ってのはわかるけど・・・
ダメ、​絶対!!​
唯はともかく、他の女が若君に寄りつくなど言語道断!!​(`^´*)​​

はぁ・・・若君の全てを諦めてる表情が辛すぎます(ノД`)
自分さえ堪え忍べば羽木の者たちは救われるってことでもう覚悟しちゃってる
んですね・・・

待ってて若君!すぐ唯がいくから!!

戦国へ戻る唯は伸びた前髪を自分で切ったようですが・・・
もう、なんて不器用なの ∵ゞ(≧ε≦; )

高笑いしつつ、唯が到着したのは緑合を目指す羽木家ご一行の前。

じいが唯の姿を見た途端に元気になったのには笑えますv
うん、うん、わかるわかる!!

若君の婚礼の話を聞いて憤慨する唯に若君救出を委ねる面々。
唯の存在が暗く沈んでいた羽木家の者たちを元気づけました!
若君の嫁としては残念だけど、最も信頼できる者としてすっかり羽木家
に受け入れられてます。
何より嬉しいのがじいの​完全復活!!​

“ちょっと目を離すと必ず他の女にわれる“って唯の考察は正しい。
ホントにどこにいてもすぐに狙われちゃう若君。


策があるとか言ってた唯ですが当然そんなものはなくて、ほらどうすんのよ?
って思ったら、なんとあやめさんが!!
この即興の若君奪還作戦がまた笑えます。

一座に唯を入れ一芝居打つのですが、唯らしき姿に気づいたときの若君の
驚いた顔が・・・好き!! (/ω\*)

完全に唯のことも自分のことも諦めてただろう若君の前に再び現れた唯は
「夫を迎えにきた月の姫」になってるしw
ハハハハなるほど!
鬘を被って姫っぽくなってる唯が可愛い。

涙の再会かと思ったら、呆気にとられる若君w
いつも突然、わけの分からない状況で現れてますよねw

73戦の扉絵の若君がまたいい!!(*≧∀≦*)
これカラーだったのかな。
唯に問い詰められてたじろぐ若君・・・食べてしまいたい(*´д`)ハァハァ

他の女との婚礼中に嫁に乗り込まれた若君。
「・・・す すまぬ」って顔も 堪らんO(≧∇≦)O

あ・・・もうね、こういう表情とか、もう全てだけど好きなんですよ!
梢子センセのイケメンのこういう表情​最高!! ​d(≧∀≦*)ok!​

即興かはわかりませんが「月光舞」に合わせ若君を拉致っていく一座。
これは痛快w o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

若君のほっぺむにゅがしゅてき (*/-\*)
何度“今生の別れ”と思ってきたかしれないのに、いつも必ず唯が助けに
現れて・・・

今回ももう婚礼寸前だったのにさすが我が妻と言ったところでしょうか。
「月の姫君 よう参られた」ってふっと笑うとか・・・

あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ” たまらん (*≧∀≦*)

唯とまた会えて喜ぶのも束の間、自分はやはり逃げるわけにはいかないと
諦めてるところに唯から助かる道を示されて・・・
ああ・・・この表情もう・・・無理・・・​萌死​

唯と共に生きることを尊が可能にしてくれたのだと気づいた時の若君の顔も
泣ける・・・

羽木家の人々も無事緑合へ向かってると知り腹を決めた若君はアグレッシブ。
お姫さま抱っこの上、演出もばっちり。

「妻が迎えに参ったゆえ、月へ行かねばならぬ」
ちゃんとそれっぽい言葉も残して消えてみせるとか最高かよ!!
もう二度と離さないでとぎゅうってする唯にちゅうしてますよねv

ここはもう泣くしかないでしょ!!

追ってきた相賀の者たちの目の前で消えた二人!!
現代人でもびっくりだけど、戦国の人たちにとって目の前で人が消えるなんて
そりゃ神か月の使いかと思っちゃいますよねw

これはいい逃げ方でしたわ!
これ以上はもう追ってこないでしょう。

さすがに月へ上ったとは言うわけにはいかないから忠清は病死ってことにした
んですね。
だから奇念は若君は黒羽城で亡くなったとしてお墓を建てたんでしょうね。

現代に戻って来た若君と唯。
同じ場所に二人がいるのを初めて見る家族は涙

そりゃ、娘がタイムマシンで消えて、戻って来たと思ったら戦国の話をし出し

入れ替わりで若君が実際にやってきてたら信じないわけにはいかなかったで

しょうけど、本当に我が娘がイケメン若君を射止めたなんてなかなか信じられ

なかったところだと思うのですよ。

二人一緒のとこを見てやっとホントに娘が若君を射止め、尚且つかっさらって
きた上に、二人とも無事に戻ってきたんだから、泣くしかない

そっか唯にとっても自分の家に若君がいて家族が対応してるのを見るのは初めて
なんですよね。
Tシャツ姿の若君なんて新鮮過ぎて鼻血もんですよね。

もう離れて過ごすのは嫌だという唯に「うん」って答える若君。
うぉおおおおおお なんか可愛いんですけど!!(≧∇≦)


「うむ」じゃなくて「うん」なんて・・・!
あかんてこれ!!
慎ちゃんにちた時と同じだよ!!!
はぁ・・・

唯を見つめる目といい、肩のラインといい・・・しい (/ω\*)

唯はイケメン彼氏が出来たってことで友達に見せびらかしたり、ありと
あらゆるところに若君を連れ回しデート三昧で羨ましい限り。

現代のじいや唯の両親は若君が現代で暮らせるように思案中。

でも、実は唯は二人で戦国に戻るつもりだったんですね。
家族と離ればなれになるのは辛いだろうけど、唯にとってはもう若君が
一番で、若君が幸せになる道が唯の幸せになる道なんですね。
泣ける

親としては辛いけど・・・
娘が幸せであることがまた親の幸せだもの。

現代と戦国を時空に歪みを生まずに行き来できるといいのだけれど・・・
さすがにそこまでは難しいのかな・・・
未来の尊・・・お願いだよぉお


次巻、二人は戦国へ帰っていくのでしょうね(><)
もうもめ事は解決してるでしょうから後は羽木家の面々がどうやって
いくのかを見守るだけだといいのですが。

緑合に記録が残ってないってことですし、まだ波乱がありそう??
私は若君と唯が離れなければ大抵のことは大丈夫ですけどねv

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック