FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2019年03月23日 (土) | 編集 |
いっつもみんな死にかけてる(><)
本誌でも毎週、毎週私もドキドキハラハラで死にかけてる。

これまでの感想はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム 53 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]
価格:583円(税込、送料無料) (2019/2/12時点)

楽天で購入


やっと揚端和のところも決着が着きました!
自らを囮にしボロッボロになって戦ってきた揚端和たちですが、
フィゴ王やメラ族・キタリが来て窮地を抜け出しました。

やれやれですよ・・・

カタリの仇であるブネンを目の前にしたキタリ。
いやいやいじゃないですか!!
ブネン相手に圧倒的

カタリはキタリよりももっと強かったって言うんだから、ホント
メラ族は貴重な族長を亡くしてしまったんですね ( p_q) 
バジオウと共にいい男は生き残ってて欲しかったですけど残念。

そして、壁!
ずっと良いところ無しどころか、食料を失い全く邪魔にしかなって
なくて情けない限りだったのが、やりましたよ!

絶対、壁には無理だと思ったんですけどね。
犬戎王ロゾを壁がち取りました!!!

本人はもう意識がなかったようですが。
泡吹いてますし。

キタリも壁にを飛ばしてましたが、本当に壁がロゾを討てるとは
思ってなかったようで。

ですよね。
私もあり得ないと思ってましたわw
フィゴ王の助けがあったから出来たことですけど。

そして揚端和のいところはロゾを倒した後で、犬戎を山の民の元
に付けちゃったことですよね。
犬戎はロゾ王の圧政を望んではいなかったようで。

揚端和を王として選んだってことですね。

犬戎の城も奪われちゃったことですし、もはや戦う意味もなく。
そりゃ寝返った方が賢明というものです。

ということで趙軍も引き上げていきました。

よかった、よかった。
これで食料にもありつけましたしね。

一方、朱海平原の方は食料が尽きかけていて・・・
切り詰めて切り詰めてやっても残り二日分。

王煎は玉鳳隊や飛信隊のいる右翼へは援軍を出さないばかりか将の
交代も指示無し。

どうも王賁が王煎の本当の子ではないらしいから冷遇されているの
ではという噂があるようで。
信の耳にも入ってきますが・・・

う~~~ん、どうでしょうね。
王煎はそんなレベルの人間じゃないように思いますけど。

で、この状況を打破するためには玉鳳隊と飛信隊が共に「覚醒」する
必要ありという王賁。

そんな魔法みたいなことできるんだろうかと思いきや、信も王賁も共に
自分の隊の兵士に自分は大将軍になるを語り、協力を仰ぎました。

玉鳳隊はみんな臣下として王賁を支えたいという想いがあるし、飛信隊
もまた信を更なる高みに持ち上げたいという願いがあって。
どちらの隊も士気が爆発

もうみんな食料なくて大変なのにね。
気力だけで突撃!!

でも、この後もまだまだ死闘が続くのよ・・・(><)
はぁ・・・辛い (ノД`)
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック